俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第6週「ふたりの決意」(第30回)が 8日に放送され、窪田演じる裕一と二階堂ふみ演じる音がついに東京で新婚生活をスタート。第30回の放送から、幸せ感いっぱいの2人の姿をお届けします。

 川俣の教会で、音と幼なじみの鉄男(中村蒼)から音楽を続けるよう説得された裕一は、改めて音楽の道と家族のために権藤家を継ぐ道との間で思い悩んでいた。そんなとき、裕一は祖母・八重(三田和代)と茂兵衛(風間杜夫)の「あの子は跡取りさえつくってくれりゃいい」という会話を偶然聞いてしまい、音のいる東京へ行くことを決意。

 父・三郎に聞いた音の住所を頼りに、音と姉・吟(松井玲奈)の自宅を訪ねる。裕一の姿を見た音は裕一から事情も聞くこともなく、力強く裕一の胸に飛び込み涙し、「一緒に住む?」と聞くのだった。

 幸せいっぱいの2人だったが、吟に「絶対いかんからね。嫁入り前に若い男の人と床を共にするなんて」と同居を反対され、新居探しをすることに。街で見つけた喫茶店バンプーの店主・梶取保(野間口徹)と恵(仲里依紗)に紹介された店の裏の一軒家を新居に新婚生活をスタートさせる。

 これまで紆余曲折あった2人だったが今回、急速に話が進んで結婚、ハッピーオーラ全開に。新居は“少し予算オーバー”とのことだが、裕一が契約したコロンブスレコードの廿日市(古田新太)の「木枯とあいつ(裕一)どっちかは1年でクビだな」という不穏な言葉も飛び出しており、2人の新婚生活はどうなることか…来週からの展開も気になるところだ。