アニメ『あたしンち』の公式YouTubeチャンネルが開設され、期間限定で約270本の過去作品や特別コンテンツが無料公開されることが決定した。

 『あたしンち』は、1994年より読売新聞日曜版で連載開始された、原作者のけらえいこ自らの家族をモデルに日常をつづった漫画作品。1996年に第42回文春漫画賞を受賞し、海外でも翻訳出版されている。2012年に18年間の連載を終了したが、2019年12月より雑誌「AERA」にて7年ぶりに再開し、現在も連載中だ。

 大雑把だけれども何事にも一生懸命な母、無口でマイペースな父、夢見がちな高校生のみかん、一見クールだけどナイーブなユズヒコの4人家族・タチバナ家。なかでも個性的な母の人気は高く、劇中でもたびたび歌われた「情熱の赤いバラ」は多くの人に強い印象を与えた。さらに台湾の「憧れの母親ランキング」(ネットトレンド分析サイト「DailyView 網路温度計」2014年調査)でも4位にランクインしている。

 公式YouTubeチャンネルでは、2002年〜2009年に放送された『あたしンち』、2015年〜2016年に放送された『新あたしンち』のエピソード約270本を期間限定で順次配信するほか、同チャンネル限定の「情熱の赤いバラ」まとめ集やアニメ名場面集など、多数のコンテンツを無料公開予定。

 原作者のけらえいこは「これまで配信の無かった、おまけやコラボ、特別映像などをUPしていただけるそうなので、すごく楽しみにしています。“公式がそれ出すか!”みたいな、お宝映像を期待しています。みなさんも、YouTubeチャンネルのコメント欄などで、どんどんリクエストしてください!」とコメントした。

 アニメ『あたしンち』公式YouTubeチャンネルでは、5月15日より2021年3月まで、過去のアニメ約270話や特別映像などを期間限定で順次公開(公開期間はエピソードによって異なる)。初月は平日18時より2話ずつ、2ヵ月目以降は毎週月・水・金曜日に2話ずつ公開予定。