7月28日にスタートするドラマ『竜の道 二つの顔の復讐(ふくしゅう)者』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)について、主演の玉木宏が作品や撮影現場に対する率直な思いを語った。

 本作は、養父母を死に追いやった運送会社社長への復讐(ふくしゅう)を誓った双子の兄弟を描いたサスペンス作品。復讐のために心を捨て、顔も名前も変え、裏社会に身を投じた主人公・竜一を玉木が演じ、竜一の双子の弟で、運送会社を監督する国土交通省のエリート官僚として権力を掌握していく竜二を、玉木とは初共演の高橋一生が演じる。

 撮影は新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月上旬から約2ヵ月にわたる休止を経て、6月から再開。放送の初回は、4月当初に予定されていた放送時間からさらに拡大し、2時間スペシャルとなった。

 これについて玉木は「当初予定していた第1話と第2話がドッキングし、さらにアレンジを加えた形ですが、竜一が過ごしてきた時間を心情と共に見せられるので、ただの足し算ではない魅力が増えたと思います」と、内容に自信をのぞかせた。

 また、これまで経験したことがない、撮影途中での約2ヵ月の休止については、「不思議な時間」と表現したが、久しぶりの撮影については「現場に入ってみれば自然と体は反応するもの」と、大きな影響はない様子。さらに、休止期間中に最終話まで台本が完成したことにも触れ、「全てそろって撮影することはなかなかないので、僕たちで面白い台本に肉付けをしながらゴールに向かえればいいなと思います」と語った。

 本番以外でのフェースガードの着用や一定時間ごとの消毒の徹底など、新しいスタイルでの撮影が続くことについては、「ある程度は窮屈ですが、これが今の普通なのだと思います」と理解を示した上、「放送が延期になって、『いつ放送されるのだろうか』と楽しみにしていた視聴者の方もいると思うので、最後まで健康に注意しながら責任をもって届けたいです」と、座長として残された撮影に対する意気込みを語った。

 さらに、「自粛期間中もエンターテインメント、テレビドラマはすごく必要なものだと僕自身思いましたし、やはり、僕らも皆さんにそれをお届けすることを止めたくないので、ちゃんと放送できる喜びを感じています」と明かしつつ、視聴者に向け、「本当に窮屈で大変な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃると思いますが、純粋にこの『竜の道』の世界観を楽しんでいただきたいと思います」と呼び掛けた。

 併せて、再開後に撮影された本編映像も使用したドラマの特別映像も解禁された。SEKAI NO OWARIが手掛けた主題歌「umbrella」と共に展開される、竜一と竜二をはじめとした個性豊かな出演者たちの情念あふれる表情の数々が映し出される。

 ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』は、カンテレ・フジテレビ系にて7月28日より毎週火曜21時放送(初回2時間スペシャル)。