女優・モデルの矢作穂香が連続ドラマ単独初主演を務めるドラマ『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』が、テレビ東京にて7月15日より毎週水曜25時28分に放送されることが決まった。共演に富田望生、MEGUMIを迎える。

 本作は、2015〜16年にWEBマガジン「Yahoo!不動産おうちマガジン」暮らしとカルチャーを紹介する「ROOMIE」にて連載されていたかっぴーによる同名の人気WEB漫画を初ドラマ化。テレビ東京の新たな深夜ドラマ枠「水ドラ25」の第1作となる。

 主人公はおしゃれ一族“イエーガー家”の一人娘、イエーガー・おしゃ子(24歳)。おしゃれに関する英才教育を受けてきた“おしゃ家ソムリエ”のおしゃ子は、ある理由のため25歳の誕生日を迎えるまでに、おしゃ子が認める「おしゃ家(いえ)」に住む理想の男性を見つけなければいけない。しかしおしゃ子の理想は高く、男性の家にお持ち帰りされては、その毒舌で強烈なダメ出しを繰り返す。

 主人公おしゃ子役には、連続ドラマ単独初主演の矢作が決定。さらに、おしゃ子を取り巻く個性豊かな登場人物には、ドラマオリジナルのキャラクターで、おしゃ子の親友の金荷(きんに)くすき役に富田、おしゃ子の良き相談相手で、行きつけの「カフェ・ド・イキッケ」の店長・館壱(たちいち)めう江役にMEGUMIが決定した。

 主演の矢作は台本を読んで「おしゃ子がぶっ飛んでいて、とにかく面白かったです!インテリアについての指摘とかが、なるほど!と思えて、発見が多く読み応えのある台本で、撮影がとても楽しみになりました」と期待する。役どころについては「自分の信念をしっかり持っていて、インテリアに対する熱い気持ちだったり膨大な知識だったり、何かに長けているってすごいなと思いました」としている。

 富田が演じる金荷くすきは、理想の体を持つ男としか付き合えない筋肉ソムリエ。富田は「自分はあまり筋肉に重きを置いていないですが、でもそういう女性って絶対いるよな〜って思いました。おしゃ子とはジャンルは違えど、一つのことに対して重点的にいろいろ意見を出すってところにおいては、ベクトルが一緒で、だから仲良くカフェで喋れるんだろうなと思いました」と語る。

 MEGUMIは自身の役柄について「掴みどころのない風のような女の人で、今まで自分が演じたことのない役柄なので、自分の中ではチャレンジでした。でも監督と話しているとほぼほぼ話を盛っていて嘘ということなので、中身がないらしいです(笑)。その絶妙なバランスで表現できたらいいなと思っています」と話している。

 水ドラ25『おしゃ家ソムリエおしゃ子!』は、テレビ東京にて7月15日より毎週水曜25時28分放送。