1956年に米国で発表され、ハリウッドSF映画にも多大な影響を与えたロバート・A・ハインラインのタイムトラベル小説『夏への扉』が、俳優・山崎賢人の主演で初実写映画化され、2021年に全国公開されることが決まった。

 本作では舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語を描く。主演の山崎が演じるのは、孤独な科学者・高倉宗一郎。だまされ奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しに行く。

 メガホンをとるのは、映画『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで知られる三木孝浩。映画長編デビュー作『ソラニン』から10年目の今年、世界中にファンを抱える伝説のSF小説に挑む。撮影は今年初旬に行われ、1995年時を描く撮影では、当時使われていた小道具をスタッフが集めたり新たに作り上げたりしながら詳細に再現した。

 もともとSF好きという主演の山崎は「SF小説の原点ともいえるような名作をもとにした作品に出演させて頂けたこと、そして三木監督と一緒にこの作品を作ることができたことをとてもうれしく思います」と喜びのコメント。

 また、本作について「SFという非現実的な世界観の中で、宗一郎や周りの登場人物が見せるあきらめの悪さを描いた人間臭い物語です」と説明。「1995年を舞台にしたレトロでチャーミングなセットや、SF要素全開のセット、90年代の衣装に近未来的な衣装…毎日ワクワクしながら現場を過ごしました」と撮影を振り返り、「各部署がこだわりぬいて作った世界がどのように映画として形になっているのか、僕も今から楽しみです」と期待する。

 三木監督は「思い返せば、幼き頃に観て心躍らせた80年代ハリウッドSF映画は、まさにこの原作のような、荒唐無稽だけどどこかファニーでドキドキするアトラクションのような作品ばかりでした。そんな原作を日本で実写化するチャレンジャーとして任命された事を本当に光栄に思います」とコメントしている。

 映画『夏への扉』は2021年全国公開。