女優の桜庭ななみが主演を務めるオトナの土ドラ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の初回放送日が8月1日に決定。併せて主人公を取り巻く追加キャスト陣も解禁され、物語のカギを握る母親役で女優の板谷由夏が出演することが発表された。

 イギリスでブームを巻き起こしたBBCのドラマ『13 サーティーン/誘拐事件ファイル』のリメイクとなる本作。13歳から行方不明となり、過酷な人生を送ってきた主人公が13年ぶりに生還し、必死に家族と向き合い、そして自身のすべてを奪った男と対峙(たいじ)していく姿を描く。桜庭が、主人公で過酷な運命に立ち向かい闘っていく少女・相川百合亜を演じ、ドラマ『純情きらり』『デジタル・タトゥー』の浅野妙子が脚本を担当する。

 新型コロナウイルスの影響で撮影を休止した影響により、初回放送が延期されていた同作だが、この度8月1日からスタートすることが決定。さらに板谷をはじめ、青柳翔、神保悟志、遊井亮子、石川瑠華、井上祐貴といった、桜庭を取り巻くキャスト陣も解禁となった。

 板谷が演じるのは、百合亜の母・麻美役。行方不明となっていた百合亜を思い、やっきになるあまり、夫とは責任のなすりつけあいになり、もう一人の娘である千帆からは恨まれ、家族の中で孤立している。だが、百合亜が帰ってきたことをきっかけに、バラバラになった家族に「百合亜を安心させるため、13年前の家族を再現したい」と提案。百合亜の生還を一番に喜ぶが、心の底では複雑な思いを抱えていて、やがて自分が隠していた秘密に向き合わざるを得なくなることになるという、物語のカギを握る役どころだ。

 板谷は、「当たり前だった日々が送れなくなってしまって、色々なことを考えるこの時期。こんなときだからこそ、テレビドラマとはどうあるべきか。その姿勢が問われると思います。作品に携わる一俳優として、最後まで力を抜かず走りたいと思います」とコメント。

 そのほか、百合亜を担当する刑事・永井敏彦役を青柳、永井とタッグを組む先輩刑事・田辺佐緒里役を遊井、百合亜の父・宗一役を神保、百合亜の妹・千帆役を石川、失踪当時の百合亜のボーイフレンド・日置渉役を井上が演じる。

 オトナの土ドラ『13(サーティーン)』は、東海テレビ・フジテレビ系にて8月1日より毎週土曜23時40分放送(全4話)。