女優の水川あさみが主演を務め、俳優の浅香航大、寄川歌太が共演する映画『滑走路』の追加キャストとして、女優の坂井真紀、俳優の染谷将太らの出演が発表された。

 原作は、いじめや非正規雇用といった自らの経験を基に短歌を発表し続けた歌人・萩原慎一郎による『歌集 滑走路』。32歳の若さで命を絶ち、デビュー作にして遺作となった同歌集は、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を呼び、歌集において異例のベストセラーを記録した。

 本作は、この原作歌集をモチーフにしたオリジナルストーリー。水川演じる翠、浅香演じる若手官僚・鷹野、そして新人・寄川が演じる中学2年生の学級委員長という、それぞれ悩みを抱えて生きる3人の人生が、やがて一つの道へとつながっていく。監督は大庭功睦。

 厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務の中で仕事への理想も失い無力な自分に思い悩んでいた。ある日、陳情に来たNPO団体から非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを持ち込まれ追及を受けた鷹野は、そのリストの中から自分と同じ25歳で自死した青年に関心を抱き、その死の理由を調べ始めるが―。

 坂井は、シングルマザーとして学級委員長を育てる母・陽子役を演じる。「大庭監督の強くてあたたかい思いと、心強いスタッフと共に、一つの人生を一生懸命生きました。一生懸命生きることは、楽しくて辛くて、喜んだり悔やんだり、止まったり進んだり。観てくださった方の手の上にそっと手を重ねられるような、あたたかい作品となって届けられたら嬉しいです」とコメントしている。

 染谷は、鷹野が死の原因を探る青年の元同僚・明智役。「繊細で濃密な人間の闇と美しさを描ききった作品だと思っています。それを実現したのは大庭監督。監督は人としてとても繊細であり、そのうえ人を奥深くまで解釈しようとする器量がこの作品に現れていると思います」としている。

 このほか、高校の美術教師として働く翠の夫・拓己役に水橋研二、鷹野の同期・雨宮役に吉村界人、学級委員長のクラスメート・天野役に木下渓、幼なじみの裕翔役に池田優斗が決まった。

 映画『滑走路』は今秋全国公開。