女優の深田恭子が主演を務める10月15日スタートのドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、女優の橋本環奈が出演することが発表された。名探偵一家に生まれ、Lの一族を追う「ホームズの娘」を演じる。

 本作は、2019年7月期に放送された同名ドラマの続編。前作は、代々「泥棒一家」“Lの一族”(Lは大泥棒ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田)と、代々「警察一家」の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描いた。原作は作家・横関大の同名小説(講談社文庫)。

 新キャストとして橋本が演じるのは、京都で代々続く「名探偵一家」の娘・北条美雲。亡くなった父は「平成のホームズ」、一緒に暮らす祖父・宗真は「昭和のホームズ」と呼ばれた名探偵で、彼女自身も「令和のホームズ」を目指して日々鍛錬を積んでいる。執事もいる裕福な北条家で「お嬢」と持てはやされ何不自由なく育ったが、ある事件に巻き込まれ、北条家は没落、美雲は膨大な借金を背負ってしまう。宗真が「自分に何かあれば“Lの一族”を追え」と語っていたことから、美雲は“Lの一族”が犯人に違いないとし、探し出し復讐(ふくしゅう)を果たすことを心に誓う。

 美雲は代々続く「名探偵一家」に生まれただけあって、洞察力・推理力にたけている上に頭の回転も速く、日常生活の中のささいなことにも名推理を披露するが、その一方でド天然な一面も。また、本音と建前を使い分けるなど、いわゆる京都人気質も持ち合わせている。第1話では中学生、第2話では高校生として登場し、第3話以降は社会人となって登場する。社会人になっても膨大な借金のため実家への仕送りに追われ、ボロボロのアパートで極貧生活を送っているが、「名家の娘」としてのプライドは非常に高く、お嬢様キャラをキープすることに腐心している。

 橋本は、回想シーンなどを除くと中学生を演じるのは今回が初、また方言(京都弁)を使って役柄を演じるのも初めて。

 橋本は役どころについて「真ん中に一本、芯がある女性だと思います。Lの一族に憎しみを抱いていて、どんな行動をしていても、その思いを根底に持っています。その思いがあるからこそ、美雲は成長していくので、そこは強く意識しています」とした上、「役作りという面では、初めて方言に挑戦しますが、逆に方言があることで美雲という役に入りやすいんだなとも感じています」とコメント。

 また、中学生役の制服について「上下、青いかわいいセーラー服で、今まで着たことのない制服なので楽しみです」と話している。

 このほかの新キャストとして、松尾諭が和馬の左遷先となる所轄の上司・蒲谷隆太役、我修院達也が北条家に代々仕える老執事・山本猿彦役、伊吹吾郎が美雲の祖父・宗真役をそれぞれ演じる。

 木曜劇場『ルパンの娘』は、フジテレビ系にて10月15日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。