2月7日(金)に公開される映画『犬鳴村』の清水崇監督が監修した本格的なお化け屋敷が、1月18日(土)から、大阪・梅田にある商業施設E-MAで開催される。

■果たして、無事に戻ってこれるのか…?

 『呪怨』シリーズで知られる清水がメガホンを取った本作は、九州に実在する心霊スポット“旧犬鳴トンネル”を舞台にしたホラー。トンネルの先には日本政府の統治が及ばない“犬鳴村”があると言われており、映画内では、森田奏(三吉彩花)が謎を突き止めに現地へ向かう。

 今回その「犬鳴トンネル」が大阪・梅田のど真ん中に突如出現。実際の役者がお化けを演じるウォークスルー型のお化け屋敷で、ゲストは、犬鳴村にたどり着き、無事に戻ってくることを目指す。

 犬鳴トンネルの先に何があるかは自分の目で確かめてほしいそうだが、「決して一人では来ないで下さい」とのことだ。

【「映画公開記念お化け屋敷『犬鳴村』」概要】
日程:1月18日(土)〜2月24日(月・祝)
場所:E-MAビル B2F 特設会場
時間:平日16時00分〜21時00分/土・日・祝日14時00分〜21時00分
料金::900円(小学生以上)