一言に“クレンジング”といっても、実はクレンジングには大きく分けて4種類あります。種類によって特徴が違い、洗浄力も変わってきます。肌の状態に合わせて使い分けることで、肌のコンディションがコントロールしやすくなるんです! そこで今回は、クレンジングの種類と最適な肌のタイプを紹介します。(文:中花絵里香)

■クリームクレンジング

 チューブやジャータイプと容器は各社様々な仕様となっていますが、クリームクレンジングは、最も肌に優しいと言われているクレンジング剤です。

 洗浄力は高くありませんが、ウォータープルーフといった強力なもの以外はしっかり落とすことができ、乾いた状態の手でメイクを馴染ませ、馴染んだ後は少量の水で乳化させることで油性のメイクを浮かせてしっかり落としていきます。

 さらに、クリームタイプは油分を多く含むため、摩擦による肌ダメージが少なく、保湿しながらメイクを落とすことができます。ダブル洗顔をせずに、クリームクレンジングのみで洗い終えると、化粧水をつけた後のようなしっとりした仕上がりになりますよ!

オススメ肌タイプ:乾燥肌・混合肌・敏感肌

■ジェルクレンジング

 クリームクレンジングの次に肌に優しいタイプですが、クリームクレンジングより吸着性があり、汚れや皮脂をしっかり吸着させてから落とすため、さっぱりした仕上がりになります。

 使用方法はクリームタイプと変わらず、メイクを馴染ませた後に乳化させ、汚れを浮き上がらせて落とす方法です。

 また、ジェルタイプには常温タイプと発熱タイプがあり、特に発熱タイプはマッサージしながら馴染ませることで、血行促進の効果が高まり、弾力やトーンアップの効果にも期待が持てるほか、毛穴が開き中の汚れも吸着してくれます。

オススメ肌タイプ:混合肌・オイリー肌

■オイルクレンジング

 オイルクレンジングは、クレンジングの中で最も洗浄力が強いタイプで、ウォータープルーフといった強力なアイテムも一度のクレンジングで落とすことができます。また、クリームやジェルに比べて、伸びが良く馴染ませやすいため比較的手軽に使用することができます。

 しかし、洗浄力が高いがゆえに、肌本来の持っている保湿成分を必要以上に落としてしまいがちです。乾燥が気になる人は、メイクが濃い部分や濃いメイクの日など、限定的に使用することで乾燥から肌を守るようにしましょう。

オススメ肌タイプ:オイリー肌・ノーマル肌

■クレンジングウォーター

 クレンジングウォーターは、クリーム、ジェル、オイルといった他のクレンジング剤に比べて油分がとても少ないため、一番さっぱりとした使い心地です。ベタベタした使用感が苦手な人、またお疲れモードで手軽に済ませたいという時にオススメです。

 ほかのクレンジングと違い、コットンにクレンジングウォーターをしみ込ませ、拭き取っていきます。拭き取った後に洗顔はせず、拭き取るだけで完了! その後は化粧水、クリームといったいつものスキンケアで十分です。

 拭き取りタイプなので、強く擦ってしまうとしわやたるみの原因となってしまうため、拭き取る際はクレンジングウォーターをたっぷりとコットンにしみ込ませ、優しくコットンを肌の上で滑らせる様にすることがポイントです。

オススメ肌タイプ:ノーマル肌、オイリー肌、混合肌

 いかがでしたか? 意外と知られていないクレンジング4タイプの特徴と、オススメの肌タイプを紹介しました。肌タイプに合わせてクレンジング剤を選ぶことで、肌本来の持っている保湿成分の流出を最小限に抑えることができ、肌質のコントロールがしやすくなります。是非、参考にしてみてくださいね。