ジブリの“過去から未来”を体感する展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」が、7月22日(水)から、愛知県美術館ギャラリーで、期間限定開催される。

■ジブリ美術館のネコバスも出張!

 本展覧会は、新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するために行われる“愛知限定”のジブリイベント。

 2020年冬に、NHK総合テレビで放送を控える長編アニメーション『アーヤと魔女』と、2年後に愛・地球博記念公園で開業する公園施設ジブリパークの未公開資料を、どこよりも先に展示する。

 宮崎駿が企画、宮崎吾朗が監督を務める『アーヤと魔女』は、イギリスの同名小説を、スタジオジブリが初めて全編3DCGで映像化する長編作品。本展では、主役の「アーヤ」をはじめ登場キャラクター人形がお披露目される。

 また、宮崎吾朗監督が総合プロデューサーを務めるジブリパークは、「青春の丘」、「ジブリの大倉庫」、「どんどこ森」、「もののけの里」、「魔女の谷」の5エリアで構成される施設。「青春の丘」、「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」が 2022年秋に第1期オープンとなり、残る2エリアは、約1年後の開業を目指している。そんな本施設からは、建築模型やスケッチなどが公開される。

 このほかには、ジブリのこれまでを振り返るコーナーなどを用意。夏の思い出づくりの記念写真コーナーでは、三鷹の森ジブリ美術館から「ネコバス」を展示。さらに『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』、『かぐや姫の物語』などの名場面を背景に撮影できるスポットも登場する。『千と千尋の神隠し』コーナーにある、巨大な湯婆婆と銭婆のおみくじも注目だ。

 なお、「ジブリの“大じゃない”博覧会」は、三密を避けるため、日時指定入場制で実施。入場券は、8月10日(月・祝)までの入場分を、7月4日(土)の10時00分から、8月12日(水)以降の入場分を、7月18日(土)の10時00分から、いずれもローソンチケットで発売する。

【「ジブリの“大じゃない”博覧会」概要】
日程:7月22日(水)〜9月3日(木)
場所:愛知県美術館ギャラリー A・B・H・I