深夜枠ながらも春ドラマの話題をかっさらったテレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)。その人気に一役買ったのは、他でもない田中みな実さん演じる強烈キャラ・姫野礼香ではないでしょうか。ついつい田中みな実の怪演っぷりに圧倒されてしまいますが、なにせスタイルが良く、着るお洋服も今の時代に合ったファッショナブルさが伺えます。そこで今回は、7月4日(土)の最終回が待ち遠しい皆さまに、姫野礼香の上品ルックをご紹介いたします。(文・イラスト=角佑宇子)

■ニットワンピースがお好きな礼香様

 姫野礼香といえば、ニットワンピース。第1話〜第3話に至るまで、必ずといっていいほど上品なニットワンピースを着ていましたね。いずれもヌーディなベージュやモードライクな黒といった大人の女性に似合うスタイルです。

 なかでもぜひ目を留めていただきたいのが、第3話のマサに婚姻届を押し付けるシーンで着用していたニットワンピース。細身のリブデザインでボディラインにピタッとフィットするシルエットがとても美しい。 …けれど、バックスタイルは大胆に腰を見せるカッティング! さりげなく後ろを振り返った礼香様の腰チラに思わず息を飲んでしまいます。

■個性的なプリントトップスは黒でモードに

 同じく第3話のA-victory本社を訪れるアユを迎えにいくシーンで着用していた、プリントトップスにワイドパンツの着こなしもオシャレ。礼香様が着る柄物はおそらく90年代リバイバルを意識したものでしょうか。

 当時に流行していたような、でも今っぽさもあるレトロでポップな柄を大人っぽく取り入れていることがポイントです。そして主張の強い柄を取り入れる際は、黒やネイビーなどの暗い色でモードに引き締めているのも姫野礼香コーデのポイント。黒でまとめると柄の強さが程よく引き立って、大人な顔立ちの礼香様にも似合うスタイルになります。

■恐怖MAX! でも、服は可愛い第6話

 第6話では、もはや怖さを通り越して笑ってしまう「許さないvs許さない」のセリフで始まるドラム連打シーンが登場しました。狂気の沙汰じゃない顔をしている礼香様ですが、お洋服は本当にご本人の雰囲気に似合っていますよね。

 ブルーベースである田中みな実は、着用していたワンピースのようなブルーグレーのワンピースが非常にお似合いで、本ドラマ以外の撮影でもよく着用されています。白いエプロンとの重ね着で、まるで大人版の『不思議の国のアリス』といった印象を感じさせます。役が凄すぎてアリスとは程遠いのですけれどね…。

 大人の女性がレースアイテムを取り入れる際はこのような、くすみがかっているけれど柔らかい色合いがおすすめです。

■クセになる演技がもう一度観たくなる…!

 ワンクールで終わってしまうのが、もったないほど、見応えのあった『M 愛すべき人がいて』。これでもう姫野礼香が観られなくなってしまうのはなんとも寂しいですが、今後の田中みな実の女優活動にもぜひ注目をしていきたいところ。

 姫野礼香コーデは90年代ファッションというより、ほぼ今時の着こなしに近いので、ぜひこの夏は姫野礼香になりきったコーデを楽しんでみてくださいね!