東北6県の旬な食材を使ったグルメが並ぶ物産展「大東北展」が、11月10日(火)から、愛知・名古屋にあるジェイアール名古屋タカシマヤで開催される。

■その場で味わえるイートインメニュー

 今回で10回目を迎える「大東北展」は、東海地区初出店3店を含む全42店が、ラーメン、弁当、スイーツなど豊かな東北の食を販売するイベント。

 イートインで登場するのは、9時00分の開店と同時に満席になる名店「会津らぁ麺 うえんで」の「会津山塩と会津地鶏のらぁ麺」。会津地鶏を水だけで煮込み、希少な会津山塩で仕上げたスープが特徴のラーメンだ。

 また、現地の食材をふんだんに用いたスイーツも多数登場。大粒のシャインマスカットとピオーネをぜいたくに使用した「高橋フルーツランド」のパフェや、宮城・丸森町で育った牛のミルクを使った「ジェラテリア ラ フェスタ」のジェラートなどが味わえる。

■東北の味をお家でも

 そのほか、お家で楽しめるパンやスイーツ、お弁当も用意。青森県産りんごを詰めた見た目も可愛い「コマモシフォン」のアップルパイや、牡蠣、あわび、いくら、ほたて、カニが贅沢に入った「寿司・割烹 若大将」のお弁当が並び、名古屋で東北の旬な味覚を味わい尽くせる。

【「大東北展」概要】
日程:11月10日(火)〜11月16日(月)
場所:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催会場