毎週、続々と登場するコンビニの新商品を紹介するレビュー企画。今週は、「ローソン」と人気アニメ『鬼滅の刃』が再びコラボした「『鬼滅の刃』炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」に注目してみました! 謎が深まる“漆黒炒飯風”の一品とは、果たしてどんな商品なのか…。さっそくチェックしてみましょう!(文・写真=稲垣恵美)

■漆黒!香り豊かな“炒飯おにぎり”

 以前にも、『鬼滅の刃』とのコラボレーション商品を販売していた「ローソン」。今回、待望の新商品として登場した「『鬼滅の刃』炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」は、主人公の竈門炭治郎が持つ黒色の日輪刀をイメージした“漆黒色のおにぎり”なんだとか。

 早速開封して商品を確認してみると、確かに漆黒…! おにぎりは、竹炭で色付けされているということで、黄金色の一般的な炒飯とは異なるビジュアルとなっています。

 どんな味なのかワクワクとしながら食べてみると、お米には醤油の味わいがしっかりと染み込んでいて、噛むたびに豊かな味わいが感じられます! さらに、炒飯らしい香味油とごま油の香りも相まって、病みつきになる香ばしさ。

 “炒飯風”という商品ですが、重すぎない上品な味付けなので、じっくりと風味を楽しめるのもポイント。また、中には、ゴロッと刻まれたチャーシューなどの具材も入っていて、しっかりとした食べ応えも楽しめます。

 今回食べた「『鬼滅の刃』炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」は、前回に引き続き、コラボ商品と侮れない、旨みあふれる商品でした。竹炭で再現された漆黒色も、作品の世界観を表していて最高! 鬼滅ファンはもちろん、“漆黒色のおにぎり”が気になる人も、ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。