恋愛小説家の母と、オタクで恋愛に興味のない娘が織りなす“トモダチ母娘のエキサイティング・ラブストーリー”『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が3月3日(水)に放送された。物語はいよいよ恋に家族に友情にと大きく広がりを持つ。中でも、ずっと変わらないと思われた水無瀬空(浜辺美波)と碧(菅野美穂)の絆だが、空と血の繋がる父親・一ノ瀬風雅(豊川悦司)の登場で事態は大きく変化する可能性をも含む。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意下さい

■空をめぐって火花を散らす男たち

 「おだや」を訪れた渉周一(東啓介)は流木を持っていた。渉の趣味であるスキューバダイビングをしている時に、偶然出会った男から買ったのだという。「おだや」に飾ることになったその流木を前に、碧、ゴンちゃん(沢村一樹)、小田俊一郎(中村雅俊)、伊藤沙織(福原遥)は渉と空の関係について話を聞くことに。空が本当の親探しで頭がいっぱいのとき、空にとって渉は頼れる存在になれずにいた。何も事情を聞かされていなかったことがわかった渉は、「これでも一応、彼氏のつもりなのに」と寂しそう。恋愛初心者の空は、自分の本当の気持ちが誰に向いているのかわかっていないのではと沙織は指摘した。

 後日、空と渉は会うことに。空は渉に、これまで本当の親のことで頭がいっぱいで渉に対して冷たく接してしまったことをわびる。そこで渉は、これまで空を支え続けてきたのが入野光(岡田健史)だったことを知ってしまった。「恋とか愛とかじゃないです」と、入野がただの友達であることを強調する空だが、渉にとってはなかなか受け入れられない。このあと渉は、入野を呼び出し「おだや」で空との関係を聞き出すことに。そこで入野は渉に「大体、恋愛って二人のことでしょ? 第三者はそこには入れない」と話しており、二人の関係は二人で決めろと一蹴する。渉の前では余裕そうに振る舞った入野だが、内心、複雑であった事は間違いない。空を巡り静かなる火花を散らす入野と渉の対決にSNSでは「渉先生にも光にも幸せになってほしい」、「渉先生とバチバチの入野、かっこいい」などの声が溢れた。

■空、父と初対面!

 渉は空に対して彼氏として寄り添っていきたいと思っていた。空の話を聞き、父親に会いたいと思っていることも知る。そして空から父親だった男だと、一ノ瀬の写真を見せられるがここで衝撃の事実が。渉が「おだや」に飾った流木を買った男は一ノ瀬本人だったのだ。これを機に、空は一ノ瀬と会うことに成功する。

 碧と共に一ノ瀬のもとを訪れた空。一ノ瀬は碧のことも、空の生みの親である星野鈴(矢田亜希子)のことも覚えていないような素振りを見せる。しかし都会で育った空にとって、一ノ瀬のような価値観や暮らしを持つ人物との出会いは大きな刺激となった。真の父親と釣りをすること、キャンプのようにテントを張って、マシュマロを焼いて食べること。全てが新鮮に映り、嬉しさのあまり入野に電話で話して聞かせるのであった。もはや空の心は入野のもとにあるだろう。渉に対する態度と入野に対する態度では信頼度が違うのだが、当の空はそれに全く気付けずにいる。そんな空を沙織は友人として暖かく見守り、背中を押すのであった。

■第8話で明かされたそれぞれの“本音”

 また、第8話にして、やっとそれぞれの恋の“本音”が明かされることに。ゴンちゃんがふと漏らす碧に対する「結婚すればよかった」という言葉。漱石と沙織が静かにお互いの関係にピリオドを打つシーン。これまで白黒つけずにきた気持ちが初めて本人たちの口から明かされた瞬間だった。さらに“本音”は恋だけではない。

 「かーちゃん、空はしばらく旅に出ることにした フーガとな」、そう書き置きを残した空は、碧が起きる前に一ノ瀬の家を出て行ってしまったのだ。碧もまた、空が一ノ瀬に心惹かれている様子に「とられた」と悲痛な声を漏らし、子離れできない苦しみと対峙する。母娘のラブストーリーとしてそれぞれの恋を描いていたかのような本作は、実は子の自立と母の子離れが繊細に描かれ、仲が良くお互いを一番に想い合う母子の姿の、さらに先にある関係に向けて走り出す。

■SNSから渉に応援の声!

 今回、かなり重要な役割を果たしたのは渉だろう。空に告白されデートを重ねていたにも関わらず、いつの間にか立場は逆転し、空から興味を持たれなくなりつつある渉。これまでなら仕事に打ち込み深追いしなかったであろう渉も、今回ばかりは入野と直接話をするなど空との関係のために努力する姿を見せた。しかしコミュニケーション能力の高い入野にほとんど煙に巻かれてしまう。渉にとってはあまりスッキリしない展開だったかもしれないが、この勇気が密かに入野の心を焦らせたことは確かだろう。

 さらに今回、空たちを一ノ瀬のもとへと導いたのは渉である。空との恋は前途多難だが、渉は水無瀬家において偉大な功績を残したのだ。渉の活躍にSNS上には「渉先生のおかげだ、渉先生最高!」、「空ちゃんに向き合おうとする渉先生本当優しいし誠実だと思う」など渉を応援する声も多数寄せられている。今期ドラマの恋の2番手キャラの中でも、特にピュアで心優しいキャラクターだろう。

 これまでお互いがお互いの想いを明かさずに、どこか探り合いの空気さえ流れていた碧を取り巻く関係は徐々に本音が吐露され始める。さらに空が自身の本心に気付かないせいで混乱を極める男性陣も、空を振り向かせようと今まで以上に積極的な兆しを見せることだろう。『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』はここから“家族”と“恋”を描いた壮大な物語となりそうだ。