麻婆豆腐や担々麺だけじゃない! 生まれ変わった「五指山」で魅惑の宴を

◆中国快餐店 (松陰神社前)

ビッグテーブルへと
続々と運ばれる圧巻の料理

 おっと、うっかり通り過ぎてしまったようだ。

 世田谷線を松陰神社前で下車し、てくてく。インドからやってきた娘婿が頑張っている焼き鳥店、うまいおでん種が揃うおがわ屋など、小さいながらいい店が並ぶ商店街……。そんなことを考えながら歩いていたら、目的の店を過ぎてしまった。Google Mapを頼りに戻ってみると、表札のない一軒家が。おそるおそる引き戸を開けてみる。

「夜は完全予約制の貸し切りのみなので、関係ない人が入ってこないように看板を出していないんです」というのはシェフの和田さん。そう、神田の人気四川料理店「五指山」が、松蔭神社前に移転……、ではなく、5年ぶりに古巣に戻ってきたのだ。しかも、「中国快餐店」と名前を変えて。


この日もてなされる客人だけが扉を開ければいいというわけだ。

 店内はテーブル4卓をくっつけて、ビッグテーブルのような状態。ここで今夜10名が宴を楽しむ。

 夜は3,000円からのお任せメニューとなっていて、予約は2名から。

 店内に置かれた印刷物には、

(1) 三種冷菜盛り合わせ
(2) 季節野菜の炒め
(3) 肉料理1品
(4) 海鮮料理1品
(5) 点心1品
(6) 麺飯1品
(7) 杏仁豆腐
3名〜4名(全8品)、5〜8名(全9品)、10名以上(全10品)

 と、書かれている。

 10名以上揃うとすばらしいものが出てくるらしい。さらに、ひとつ上の5,000円コース(予約は4名から)ならば、めったにお目にかかれない食材も供されるという。食の好奇心が旺盛な私たちは当然5,000円コース。ここに飲み放題2,000円を付け、1人7,000円。

 前菜が次々と運ばれてくる。

 色鮮やかな空豆の煮こごりと、ホタルイカの老酒漬け。


季節感のある品でまずは心をつかむ。

 クラゲ、牛ハツ、鴨砂肝。ニンニクの風味が利いたクラゲに、ビールが止まらない。


飲み放題コースにしておいてよかった。

 ピータンと布豆腐をサラダ仕立てで。


クリーミーなピータンに香菜がいい塩梅。

 牛アキレス腱と蝦子の煮こごり。


こりこりっとした中に、蝦子のうまみが広がる。

「五指山」の印象から、四川料理が前に出たものが来ると思いきや、上海の家常菜のニュアンス。というのも、ホールを担当する女性が上海出身だからだそうだ。和田さんとふたりで切り盛り。

 温かい料理も次々と。インゲンと海老ペーストの炒め。刻んだ唐辛子でピリ辛に。


しょっぱすぎない、辛過ぎない。ちょうどいい塩加減。

 長芋に塩卵(鹹蛋)をまとわせた揚げもの。


中がねっとり、外はサクサク。うまい!

魅惑のメインディッシュに
ざわめく、ときめく!

 大きなテーブルは、料理でどんどん埋まっていく。ざっくりとした盛り付けも大陸風だ。こうなったらかっこをつけている場合ではない。おいしいものを思うがままに味わおう。

 揚げもの盛り合わせは、老酒漬けにした豆腐、鮫、鶏のセセリ。えっ、鮫!? と驚いたのもつかの間。次にはさらなる衝撃が待っていた。


油がいいのか、揚げ方なのか、さっくりとした揚げ上がり。

 蓮根?……いえいえ、なんとブタの鼻! 上海風の醤油煮込み。山椒がふわりと香る。


コラーゲンたっぷり。なんと、1個は1頭分だそう。ありがたくいただきます。

 さらにレアな一品が運ばれてきた。骨付きの山羊のモモ肉だ。香辛料をふんだんに使って煮込まれており、噛めばほろほろと肉が外れる。


じっくり味わっていくと、奥からミルクの香りが。

 魚を丸揚げにし、トウチーやオイスターソースで仕上げたもの。


白身にからむソースのうまさよ。ごはんがほしくなる。

 もうかなり満腹であるが、たたみかけるようにメインディッシュが登場! 10名以上なら作ってくれるというそれは、八宝鴨。アヒルの腹にもち米、くるみ、ピーナツ、シイタケ、ソーセージなどを詰めて蒸したもの。


ホール担当が「お尻は食べちゃダメ!」と、カットしていかれた。面白い。

 口直しに、魚の浮き袋と白きくらげのスープ。


さっぱりと思いきや、こくがある。

 ここでもう終いと思っていたら、「麻婆豆腐と担々麺も出しますよ」と言うではないか。

 麻婆豆腐は、土鍋入りでアツアツ。下には白飯が隠れていて、ボリュームも満点。ほどよい痺れで大団円を迎えた。さすがはシグネチャーの一品だ。さすがに担々麺は遠慮して、次回のお楽しみにさせていただく。


このサイズが3つ運ばれてきた時には、どよめきが(笑)。

 シナモンのアイスでフィニッシュ。これも手作りだそう。


デザートまで盛りがいい。大陸スタイル万歳!

 神田時代は、麻婆豆腐や担々麺がSNSなどで注目されていたが、実はそればかりではないことを知らされたのが今回の訪問。思いがけない皿が出てくるたびに卓は盛り上がり、手間暇かけて作られたひと皿ひと皿を残してなるものかと、一丸となり食べまくったのであった。

中国快餐店(ちゅうごくかいさんてん)
所在地 東京都世田谷区若林3-17-5
電話番号 070-4063-2787(和田)
営業時間 ディナー 18:00〜22:00(L.O. 21:00)
定休日 水曜、その他不定休あり
料金 ディナー 3,000円〜
[2017年6月訪問]

文・撮影=Keiko Spice

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索