おとぎ話の舞台みたいなベルギーの村 シント・マルテンス・ラーテムへ

欧州「美しい村30選」に選ばれた
美しい村を自転車で散策


シント・マルテンス・ラーテムでは、おとぎの国のようなかわいい家々が緑の中に点在する。

 ベルギーとオランダでは自転車は人々の暮らしに欠かせない乗り物。テレビや雑誌などで自転車専用道をさっそうと走る人々の姿を見かけたことがあるかもしれない。

 でも、それは住民だけの特権ではない。実は、旅行者でも気軽に現地で自転車をレンタルしてサイクリングを楽しむことができるのだ。毎日少しずつ自転車に乗りながら、郊外の町を巡った。

 最初に訪ねたのは、ベルギーのフランダース地方にあるシント・マルテンス・ラーテム。「花の都市」と呼ばれるベルギー第3の町ゲントから南西に約10キロの場所にあり、19世紀後半〜20世紀初頭に多くの画家が移り住んで絵画を製作していた「芸術の村」として知られている。村内には、当時描かれた作品が展示された美術館もある。

 小さな村ながら、JATA(日本旅行業協会)が選んだ「ヨーロッパの美しい村30選」にも名を連ねるほど風光明媚な村だ。緑の中に、おとぎ話にでてきそうなほどかわいい家々が点在している。


自転車は小型のトラックでデリバリーされてきた。後ろの扉が自転車専用に工夫されている。

 あらかじめお願いしてあったレンタル自転車は、なんと、宿泊先のオーベルジュ近くまでデリバリーされるのだ。小型トラックから1台ずつ降りてくる自転車にはいささか感動した。サドルの高さを調整してもらって、いざ出発!


左:ガイドさんに先導してもらってサイクリング。
右:ここは、緑の中を抜ける自転車専用の小径。ことさら気持ちよく走ることができる。

 ここでは、ガイドさんも一緒に自転車に乗って先導してくれる。道路沿いに、歩道とは別に設けられた自転車専用道は快適そのもの。なかには、自転車専用道もある。おとぎの国に迷い込んだかのような小さくてかわいい家々の間を縫って、森林浴をしながらの楽しいサイクリングとなった。


自転車専用道を示す標識。


車道と平行している自転車専用道。車道との間には並木がある。

 シント・マルテンス・ラーテムには、産業革命以降、町の喧噪を逃れて多くの芸術家たちが移り住んだ。彼らが描く風景画は、シント・マルテンス・ラーテム派として評判を呼んだ。今でも、画家たちのアトリエやギャラリーが点在している。


池のほとりに赤い屋根の家。なんて絵になる風景だこと!


教会にも立ち寄った。気軽に停まることができるのは自転車ならではだ。

 画家のアトリエには、直射日光が入らない北側に窓が造られたことを教えてもらったり、教会に立ち寄ったり、ガイドさんに案内していただくとサイクリングがぐっと奥深いものになる。

 シント・マルテンス・ラーテムは、今では、彼らが描いた風景画の世界が富裕層の間で人気となり、移住したり別荘を建てたりする人が増えているという。

川のほとりでランチをいただき
フランダース地方随一の美城へ


「ガストホフ・ハリファクス」は、シント・マルテンス・ラーテムらしいかわいい一軒家レストラン。

 サイクリングをしてお腹が空いたので、自転車を返してランチをすることにした。


「ガストホフ・ハリファクス」の店内。レイエ川に面したテラスもある。


店内にはスタイリッシュなバーカウンターもある。

 レイエ川に臨む「ガストホフ・ハリファクス」は、炭火焼きで知られる一軒家レストラン。川に面したテラス席もある。暖炉のような大きな炭火グリルで焼き上げる肉料理がジューシーで美味しい。


暖炉のような形をした炭火グリル。


この日のメイン料理は岩塩とコショウが利いた牛肉。ジューシーに焼き上がっていて美味しかった!

 そして、ランチのコースにベルギー人がこよなく愛するポテトフライ「フリッツ」も。こうくるとベルギービールが飲みたくなるものの、今回はビール取材ではないのでぐっと我慢(笑)。ベルギービールについてはこちらの特集記事をどうぞ。


フリッツにはビールがよく合うけれど、この日は我慢(笑)。

Gasthof Halifax(ガストホフ・ハリファクス)
所在地 Emiel Clauslaan 143, 9800 Astene-Deinze
電話番号 09-282-31-02
http://www.gasthofhalifax.be/


門を入って5分ほど歩くとお堀に囲まれたオーイドンク城がある。

 ランチの後は同じレイエ川沿いのオーイドンク城へ。「レイエ川の真珠」と称される美しい城だ。1230年に建てられたが、現在の建物は16世紀に再建されたもので、ベルギーの伯爵家が所有し、城の一部を一般公開している。


左:映画に出てきそうな跳ね橋を渡って城内へ。
右:中庭の先にはシンメトリーに建てられた2棟の建物がある。

 門を入ると遠くに見える城までは、美しく整えられた庭を眺めながら5分ほど歩く。そして、跳ね橋を渡って城の中へ。フレミッシュ(フランダース)・ルネッサンス様式で建てられた城だ。


この建物の一部が一般公開されている。

 城内は撮影禁止なので写真ではお見せできないが、シント・マルテンス・ラーテム派の画家が描いた絵画や、精巧な細工が施された家具や調度品など、代々の城主がコレクションしてきた貴重な品々はため息がでるほど素晴らしい。シント・マルテンス・ラーテムに行ったら、ぜひ立ち寄りたい場所のひとつだ。

 城内の一般公開は4月〜9月15日までの日曜、祝日の午後に催されるガイドツアーのみなので、事前に確認をしてから訪れよう。

Kasteel Ooidonk(オーイドンク城)
所在地 Ooidonkdreef 9, 9800 Deinze
電話番号 09-282-26-38
http://ooidonk.be/

川沿いに4棟の建物が並ぶ
かわいいオーベルジュ


川に面した「オーベルジュ・ドゥ・ペシュール」の客室棟。煙突がかわいい。

「オーベルジュ・ドゥ・ペシュール」は、レイエ川沿いにある宿泊施設付きのレストラン。メイン棟と3棟の客室棟から成る。どの建物もシント・マルテンス・ラーテムらしい佇まいで、客室の造りがすべて異なることが特徴。古い建物を使いながらも、スタイリッシュなインテリアのセンスがすこぶるいい。


メイン棟から道路を隔てた上にある客室棟。それぞれに趣があってかわいい。


メイン棟とレストラン。2階には客室もある。

 客室数は32室のみというこぢんまりとした規模ながら、レストランが充実しているのがオーベルジュ。夕食は館内のレストランでいただくことに。広いテラス席もあったけれど、モダンなインテリアの屋内のテーブルを選んだ。

 ここでは、2007年からこのレストランで腕をふるってきたシェフ、デニス・デ・レウ氏が、季節の食材を使った様々な料理を提供している。


左:夕食ではお待ちかねのベルギービールを。
右:小エビのコロッケ。コロッケの中に入っているだけでなく、付け合わせにも小エビがあしらわれていた。

 この日にいただいたのは、小海老のコロッケ、鶏とホワイト&グリーンアスパラガスの、グリンピースと小イモ添えトリュフソース。傍らにはもちろんベルギービール。

 そして、デザートはベルギーで人気のダム・ブランシュ。バニラアイスに温かいチョコレートをかけて仕上げる。


左:鶏とホワイト&グリーンアスパラガスの、グリンピースと小イモ添えトリュフソース。
右:チョコレートで知られるベルギーの名物デザート、ダム・ブランシュ。

 たらふく食べるときの安心感はオーベルジュならでは。幸せがたっぷり詰まったお腹をさすりながら(笑)、自分の客室に帰って心地よい眠りについたのだった。朝食もとびきり美味しかったことを付け加えておく。


建物の外観はクラシックだけれど、客室のインテリアはスタイリッシュ。


バスルームはバスタブもあって広々としている。

Auberge du Pécheur
(オーベルジュ・ドゥ・ペシュール)

所在地 Pontstraat 41, 9831 Deurle, Sint-Martens-Latem
電話番号 09-282-31-44
http://www.auberge-du-pecheur.be/

文・撮影=たかせ藍沙

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索