世界でひとつのマイビール作りと食体験! 「常陸野ネストビール」のブルワリー

 夏本番、ビールのおいしい季節の到来です。都内のビアガーデンもいいけれど、少し足をのばして、クラフトビールのブルワリーを訪れるワンデイトリップへでかけませんか。出来たてのフレッシュなビールを味わえるのはもちろん、ビールに合う料理を楽しめるレストランを併設している、この夏絶対訪れたい人気銘柄のブルワリー3軒をセレクト。夏の昼下がり、最高の乾杯! を求める旅へ、いざ。

Vol.02_常陸野ネストビール(茨城県・那珂)

 レストラン併設のブルワリーを巡る、夏のワンデイトリップ。第2回は、ふくろうのロゴでおなじみ、茨城県・那珂「常陸野ネストビール」を訪問。手造りビール工房で自分だけのオリジナルビールを仕込んだり、地産の蕎麦とビールを楽しんだり、きき酒処で試飲をしたりと、過ごし方はさまざま。旅の締めは出来たばかりのビアカフェへ。

酒蔵を改築した風情ある趣の中で
ここだけの“ビール作り&食体験”を

 日本はもとより世界のコンテストで受賞、愛らしいふくろうのロゴとあいまって、多くの人に知られる「常陸野ネストビール」。手掛けるのは、1823年創業、酒造り190年超の老舗である木内酒造。1994年の酒税法の改正にともない、ビール作りをはじめたのが誕生のきっかけ。

 かつてビール麦の産地だった茨城。そのことにも後押しされて、茨城に根ざしたクラフトビール造りがはじまった。

 日本酒の製造で培った確かな技術と丁寧な手仕事をベースに、柔軟なアイデアが相乗され、個性派が集うクラフトビール業界においても、そのユニークさと実力であっという間にビールファンの心をキャッチした。


きき酒処横の直売所には、常陸野ネストビールのほとんどの種類のほか、シードルなども揃う。左より:「バレルエディション レッドライスエール」1,600円(750ml)、「セゾン ドゥ ジャポン」380円(330ml)、「常陸野シードル」800円(550ml)、「ニッポニア」750円(550ml)。

 それは、直売所に陳列されたラインナップを見れば一目瞭然。なかでも個性的な4種がこちら。

 上の写真の左より、古代米「朝紫」を使用、日本の伝統色のような淡い紅色がきれいな「レッドライスエール」。清酒酵母とビール酵母によって二段発酵、ゆず果汁がアクセントの「セゾン ドゥ ジャポン」。国産リンゴを使った「常陸野シードル」 。日本のビール麦の原種「金子ゴールデン」と、日本で育種されていたホップ「ソラチエース」という2つの日本オリジナル原料から醸造した「ニッポニア」。

 “カンバセーションビール”になりそうな個性的なラインナップは、パーティのおもたせやギフトにも最適!

 ブルワリーは、米蔵と酒蔵だった場所を、風情ある趣はそのままに改築。本格的なクラフトビール作りを体験できる「手造りビール工房」、手打ち蕎麦とビールを楽しめる食事処「蔵+蕎麦 な嘉屋」と、ここでしかできない体験が待っている。

 早速、「手造りビール工房」へ。

バリエーションは無限大!
世界でひとつのマイビールを作る

「手造りビール工房」は、こちらのブルワリーのハイライト。1回につき最小15リットル、約45本(330ミリリットル)からオリジナルビールを作ることができる。

 驚くべきはその自由度。味・香り・色はもちろん、アルコール度数、苦みまでも細かくオーダーできる。ビール作りの醍醐味である「仕込み」も自身の手で行える本格派。材料も、実際にネストビールで使われている原料を用いるので、本物さながらの仕上がりに。


「手造りビール工房」があるのは、木内酒造の酒蔵だった建物。情緒ある空間が気分をもりあげてくれる。


まずビールの主体となる、4つのベーススタイル(写真奥・左より:ペールエール、スイートスタウト、ホワイトエール、アンバーエール)を、試飲しながら選ぶ。アロマは9種のホップよりチョイス。工房のスタッフと相談して、好みやイメージに合わせたレシピを考えることも出来る。

 副原料は工房で用意しているなかから選べるほか、事前に相談すれば好きな材料を入れることも可能。農家の方が自分の田畑で採れた米でライスビールを作ったり、地産のレモンを入れたり。季節のフルーツや、シナモン、唐辛子、コショウなどスパイス系も人気だとか。今の季節なら、桃や柑橘系もよさそう!


副原料(モルトとホップ以外の原料)は、オレンジピール、ナツメグ、コリアンダーの3種を用意。


できたビールのレシピに沿って、計量したモルトをその場で破砕。工房内の釜を使い、麦芽の糖化、ろ過といった「仕込み」作業も行える。


ラベルも自由にデザインできる。テンプレートから選べるほか、後でデータを作成して送付することも可能。

 ビールを作りながら学べる。知ればもっとビールが好きになる。作っているときのワクワク、出来上がりを飲むときのドキドキ……。そんな世界にひとつだけのマイビール作り、ぜひトライしてみては。

 次ページでは、手打ち蕎麦 × ビールを堪能!

手打ち蕎麦とビールで一献!

 大正期の蔵を改築した店内で、手打ち蕎麦や地産の食材を使ったおつまみと一緒にビールを楽しめるのがこちらの「蔵+蕎麦 な嘉屋」。


雰囲気のある外観が旅気分を高める。

 ネストビールに使用する日本産のビール麦「金子ゴールデン」の裏作として蕎麦の栽培をはじめたのが、蕎麦屋をはじめたきっかけだとか。「な嘉屋」で提供するのは、茨城の名産「常陸秋そば」。外一と呼ばれるつなぎの少ない蕎麦で、しっかりとした香りと甘みが特徴。すべての料理には日本酒の「仕込み水」を使用する贅沢さ。蕎麦はもちろん、食材の旨みそのものが引き立つ料理は、シンプルながら奥深い味わい。

 続いて、ビールに合うおつまみと旬の蕎麦メニューをご紹介。


「奥久慈玉子のだし巻き」680円(手前)、「だいだいエール」650円(奥)。

 定番のおつまみ、玉子焼きには、夏らしい柑橘系のビールを合わせて。茨城県産の「福来みかん」とオレンジ風味のアロマホップで醸造した「だいだいエール」は、麦の旨みとフルーティな香りとのバランスが抜群。


「冷やしすだち蕎麦 ミニ天麩羅付き」1,280円。

 キンキンに冷やしただし汁に、徳島産の旬のすだちをたっぷり浮かべた涼しげな一品。喉越しにこだわり、蕎麦は細切りに。天麩羅は茨城県産のズッキーニ。同じく喉越し爽やかな「ホワイトエール」と合わせたい。9月中旬頃までの限定メニューなので、気になる方は急いで。

 そのほか、十割蕎麦、純米酒で練り込んだ酒蕎麦もここだけの味わいとしておすすめ。ビール作りとセットで定期的に足を運んでみては。


高い天井や木の階段など、至るところに蔵の名残があり趣を添えている。


日本酒を搾る酒槽(もろみを搾るときに使う長方形の木製の容器)を半分に切ったものをアレンジしたテーブル。

 次ページでは、和のムードから一転、2017年の6月、水戸にオープンしたビアカフェへ。


木内酒造
所在地 茨城県那珂市鴻巣1257(木内酒造内)
http://hitachino.cc/brewery/

●手造りビール工房
電話番号 029-270-7955
料金 1種類 330ml 45本コース(15リットル) 28,500円〜
※ビールの種類、本数により料金が異なります
※要予約
※一度に作れるビールは4種類まで

●蔵+蕎麦 な嘉屋
電話番号 029-298-0105
営業時間 11:30〜14:30、土日祝 11:30〜14:30/17:30〜20:00(L.O. 19:30)
定休日 不定休

やっぱりはずせないのは
ビールとハンバーガー!

 旅の最後に立ち寄りたいのが、今年の6月、水戸駅ビル内にリニューアルオープンしたビアカフェ「常陸野ブルーイング水戸」。ブルワリー直送のフレッシュなネストビールはもちろん、木内酒造の清酒菊盛や木内ワインもオンリスト。茨城産の食材を使ったカジュアルメニューと一緒に楽しめる。


タップカウンターが中心におかれた店内。樽生ビールは、グラス600円、パイント900円より。タップリストは1カ月に2〜3種類変わる。

 こちらの看板メニューは、茨城が誇る銘柄牛「常陸牛」を使ったハンバーガー。ジューシーなパテを受け止めるのは、新宿「峰屋」のバンズ。全粒粉ならではのしっかりしたボディが、常陸牛の強い味わいと相まって、噛むほどにおいしく、口福。


「常陸野バーガー」ビアセット 1,980円(500ml)、1,780円(320ml)、ソフトドリンクセット 1,680円。※1日限定20食

 味付けは、ユニークな自家製ソースで好みの味に仕上げて。


商品化の希望が絶えないという、自家製ソース。左より:和風に昆布だしを使ったトマトケチャップ、ペールエールを混ぜたマスタード、甘酒を使ったマヨネーズ。ユニークな顔ぶれは、全部試さずにはいられない!


ホワイトエール、ラガー、アンバーエールがセットになった「常陸野ネストビールのテイスティングセット A」900円(奥)、波崎いわしのカナッペ 680円(手前)。

 少しずつ多くの味を試したいなら、テイスティングセットを。スタンダードな定番ビールが中心の「セットA」はクラフトビールになじみのない方に、濃いビールも入った「セットB」はツウな人におすすめ。ふたりで訪れて6種をシェアしたり、豊富なアペメニューとのペアリングを楽しんだり、味わい方はさまざま。


常陸野ネストビールのオリジナル商品が並ぶ物販コーナーも。ビアグラスはお土産にも最適。


常陸野ブルーイング水戸
所在地 茨城県水戸市宮町1-7-31 水戸駅ビル エクセルみなみ 4F
電話番号 029-306-7575
営業時間 11:00〜22:00(L.O. 21:30)
定休日 館内定休日に準じる
http://truebrew.cc/

文=吉村セイラ,撮影=佐藤 亘

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索