美しい器や趣あるカフェに惹かれて 風情ある城下町・萩で時間旅行

 夏から秋へと移ろうこの時期、山口へ出かけてみませんか。自然からもらう癒しとパワー、萩で過ごすのどかな時間など、夏の余韻と秋らしい趣も楽しめる“心地よい”スポットがたくさん。次の旅計画に加えたくなる、山口をとことん楽しむプランを3回にわけてお届けします。

Vol.03_城下町・萩で“ひと目惚れ”を探して
【萩】

 今から400年前に、毛利輝元によって築き上げられた城下町・萩。長い年月を経た今も、昔ながらの武家屋敷と商人の住まいがそのまま残っていて、風情たっぷり。ぶらり気ままに歩いて目にとまったお店に入って。そんな時間旅行をさらにもりあげてくれる、趣のあるカフェや、萩の名産との一期一会を楽しめる、とっておきのスポットを紹介。

昔ながらの武家屋敷が残る
風情のある町並みをそぞろ歩き


重要文化財に指定されている菊屋家住宅。昼間なら内部見学も可能。


木戸孝允宅がある江戸屋横丁通りは、華やかな表通りとは異なり、侘びた雰囲気が美しい。

居心地のいいカフェで“萩時間”に浸る

 江戸時代の地図がそのまま使えると言われるほど、昔ながらの風情が残る萩。歴史的建造物のほか、武家屋敷や商人の住まいがそのまま残っている。ひと目見たらきっと虜になる、萩の趣。中に入ればタイムトラベル気分を味わえる、ふたつのカフェを紹介。ほっと一息つきながら、その風景を心に刻みたい。

庭園を眺めながら過ごす
コーヒーブレイクは、穏やかな贅沢

◆庭園カフェ 畔亭(ほとりてい)


屋敷内のどこからでも庭を望める。

 約800坪の広さを誇る、網元のお屋敷を改築したカフェ。現在の店主は二代目。都内でバリスタをしていた経験からコーヒーに関しては妥協ゼロ。ブラジル産最高ランクのスペシャルティコーヒーの豆のみを使用し、萩焼のカップでもてなしてくれる。

 おいしいものを提供するだけでなく、心地いい空間で食べて欲しいという思いから、広い日本庭園も丁寧に手入れされている。店内に展示している萩焼は購入可能だとか。ほとんどが一点ものなので、ピン! ときたら、迷わず手に入れて。


地元の人気洋菓子店で人気のスイーツメニューがオンリスト。萩産の米粉入りでしっとり噛みごたえある生地は、濃厚クリームと好相性。「赤米粉のロールケーキ」500円、コーヒー 500円(食事またはケーキとセットの場合は250円)。


長州の黒毛和牛ハンバーグと、萩のブランド豚であるむつみ豚との合い挽き肉で作られた、旨みたっぷりのハンバーグは必食。洋食屋を思わせる懐かしい味わいのソースが、店内の雰囲気にぴったり。ごはんは、萩のお米に雑穀を加えたもの。「長萩黒毛和牛のハンバーグプレート」1,500円。


部屋は全部で3タイプ。ほどよい緊張感がある奥座敷は、海外からの旅人に人気だとか。


庭園カフェ 畔亭
所在地 山口県萩市南片河町62
電話番号 0838-22-1755
営業時間 11:00〜16:30(L.O. 16:00)
http://www.hotoritei.com/

萩の“手仕事”があふれる
古民家カフェ

◆晦事(コトコト)


北欧の家具が古民家の設えとマッチ。

 人力車の俥宿を営む夫と、ギャラリーを切り盛りする妻が、人力車にのせる客向けの休憩所としてスタートさせたカフェ。

 萩の作家を中心に、夫婦が好きなアイテムが揃う店内は、まるで萩のセレクトショップ。そのどれもが、作り手のやさしさが伝わるものばかり。萩のエスプリを感じる作品にふれたら、坪庭が見えるカフェスペースで寛ぎのひとときを。


看板メニューは夏みかんを使ったスイーツ&ドリンク。「夏みかんゼリー」300円、「夏みかんスカッシュ」450円。


県内外でファンの多い、大屋窯の作品も多く取り扱う。生活に取り入れやすいデザインながら、表情はどれも個性的。“目”があったものをインスピレーションで選んで。


萩焼の窯元に生まれ、イタリア・フィレンツェでジュエリー制作を学んだ、濱中孝子さんが手がける焼きもののアクセサリー。シンプルでさりげないながらも、ぬくもりのある佇まいは、濱中さんの手作業がもたらすものかも。都内から買い付けがあるほど人気。「Hamanaka Takako」ピアス 16,000円、ネックレス 18,000円。


萩産の夏みかんと砂糖だけで作られた、ヘルシー&フレッシュな味わいが人気。「萩マルマレット」左から、ジンジャー、シナモン 各600円、プレーン540円。


晦事
所在地 山口県萩市呉服町2丁目32
電話番号 0838-26-7199
営業時間 10:00〜17:00(季節により変動)
定休日 第2・4火曜
http://www.haginet.ne.jp/users/kurumayado/co_top.html

 次ページでは、萩の海産物と地酒を満喫。

懐石料理の名店がてがける
究極のウニ丼を堪能

◆萩の和食 懐石料理あじろ

 萩グルメの大きな楽しみのひとつが、日本海でとれた新鮮なウニ料理。そこでぜひ賞味すべきなのが、こちらの懐石料理店が考案したウニ丼。小泉純一郎元総理が萩に立ち寄ったときに提供したことがきっかけで誕生、その味わいに感動した総理が「一味真御膳」と命名したとか。


ウニ丼、刺身、茶碗蒸し、小鉢が2品ついた「一味真御膳(いちみしんごぜん)」4,500円。

 生のウニをとじた玉子と合わせ、ウニがレア状態になることで、旨みと香りをひきたたせた。ごはんは白米ではなく、上品な出汁で炊かれたおこわ。料理人の手により、ひと味もふた味も違う品格が漂うウニ丼。萩を訪れたらぜひとも賞味したい。


萩の和食 懐石料理あじろ
所在地 山口県萩市南片河町67
電話番号 0838-22-0010
営業時間 11:30〜14:00、17:00〜21:00
定休日 水曜
http://ajiro.net/

“ひと口惚れ”もあるかも!?
角打ちスタイルで見つける、萩の銘酒

◆萩SAKAYA


有機栽培農法で作られているイセヒカリの米を使った「長門峡 イセヒカリ」1,730円、キンキンに冷やして飲みたい極甘口の「八千代 Bd-14」1,300円、明治時代より伝わる幻の米“穀良都”を使った「長州浪漫 特別純米酒」1,560円、2016年12月に山口県で行われた日露首脳会談の際にプーチン大統領も絶賛したという逸品「東洋美人 壱番纏」3,600円、酸味と甘みのバランスが絶妙な「長陽福娘 山田錦」1,790円。

 萩で唯一の、お酒のセレクトショップ。地酒から世界のワインまで幅広く扱うこのお店では、「角打ち」を楽しみながら、自分にあったお気に入りのお酒を選ぶことができる。「角打ち」とは、店の一角で升酒を立ち飲みする昔ながらのスタイル。


2階の“KAKUUCHI”スペース。毎月第1土曜日は、1,500円で飲み放題のイベントを開催。店主セレクトの地酒からワインまで豊富に登場する、お値打ち企画で人気。

 こちらでは、半合から飲み比べOK。2階の落ち着いたスペースで、知識豊富な店主と相談しながら、「角打ち」ならではの、お酒との一期一会を愉しんで。


萩の手ぬぐい専門店「岩川旗店」とコラボレートした限定セットはお土産に最適。「東洋美人 手ぬぐい包み」300ml×2本 2,160円。


お店の奥には、専門店顔負けのワインセラー“KURA”が。世界からセレクトされたワインのほか、広島産など、山口県近隣の日本ワインも取り揃える。

萩SAKAYA
所在地 山口県萩市土原522-1
電話番号 0838-22-8127
営業時間 10:00〜20:00
定休日 無休
http://www.0838sakaya.net/

 次ページでは、萩の土産におすすめしたい、萩焼の店と、ごま油専門店を紹介。

旅をより深いものへと導く
萩焼との出合い

◆Gallery JIBITA(ギャラリー ジビタ)


白い床と漆喰壁の、木と光にあふれる居心地のいい空間。

 萩焼に魅了された美術商の店主がオープンした、器のセレクトショップ。萩焼はもちろん、全国の産地を応援し、陶芸を盛り上げたいという気持ちで商品選びをしているという。店内には、萩焼を中心に全国から集められた、店主の審美眼にかなった若手作家の作品がセンス良く並ぶ。


マットな質感の平皿は、現代の暮らしにしっくりなじむ。色が変わらず食洗機の使用もOKと、今の生活スタイルにも合う、萩焼の一皿。「ピューター写し」5,000円。

 400年の歴史を持つ萩焼。その素晴らしさを再解釈し、その先の400年へつなげたいと、萩焼の窯元「服部天龍窯」とコラボレートしたブランド「N・400」をスタート。現代も色褪せない萩焼の美しさはそのままに、暮らしになじむデザインが施されたコレクションはすべて手作り。ぜひ、直接触れて、器との一期一会を体験して。


「N・400」を代表する作品「KIKUGAHAMA」5,000円。

 お店の近くにある菊ヶ浜をイメージした「KIKUGAHAMA」は、萩の美しい自然を知って欲しいという思いから創作された。透明からブルーへと変わる海の色を表現している。


カラーが美しいグラスは、高知県の植木栄造氏によるもの。各3,500円。


センスよくスタイリングされた展示は、器を飾る楽しさを教えてくれる。


Gallery JIBITA(ギャラリー ジビタ)
所在地 山口県萩市東浜崎町138-6
電話番号 0838-22-8725
営業時間 9:00〜18:00
定休日 金曜、第3日曜
http://jibita.com/

食べればきっと虜になる
風味豊かな大島の胡麻

◆胡麻衛門


萩の胡麻を100%使用した「白ごま油」3,000円(左)、職人が選び抜いた“金ごま”をお店がオリジナルでブレンドした「金ごま油」1,200円(右)。

 萩の離島にある大島で採れた胡麻を使った、胡麻食品の専門店。海風を浴びた胡麻は、本来の栄養価に加えミネラルも豊富。農家から直接仕入れた胡麻で作られた「ごま油」は、芳醇な香りと味が特徴で、料理の仕上げなどに大活躍。一度口にしたら、そのまっすぐな味わいに夢中になるはず。


胡麻の香り立つふりかけは隠れた人気商品。軽いのでお土産にも最適。「胡麻衛門のふりかけ」350円(奥)、「胡麻衛門のふりかけ(のどぐろ入り)」380円(手前)。


ごま油を搾った後の皮の残り“ごまから”と、ごま油をかけた「ごまアイス」は、食べればくせになるおいしさ。300円。


胡麻衛門
所在地 山口県萩市大字吉田町22
電話番号 0838-21-7410
営業時間 10:00〜17:00
定休日 不定休
http://gomaemon.jp/

文=吉村セイラ,撮影=佐藤 亘

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索