EXOのカイが登壇! 「連続ドラマW 春が来た」試写会レポート

 EXO(エクソ)のカイが主演を務める「連続ドラマW 春が来た」。1月9日夜、東京・有楽町で行われた完成披露試写会では、主役のカイが来日して舞台挨拶を行った。初めての日本のドラマ、初めての日本語での演技。彼の努力の結晶は、観客から熱狂をもって迎えられた。


(C)2017WOWOW

「あたたかい春とカイが来ました(笑)」

 白いシャツに黒いスーツというシンプルなファッションに身を包み、舞台中央にどこか恥ずかしそうに佇む彼が、こう口にすると、観客席からは大歓声が巻き起こった――。

 1月9日夜、東京・有楽町の朝日ホール。満員の観客を前に行われた「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会では、主役のEXO(エクソ)のカイが来日して、共演陣、河合勇人監督とともに舞台挨拶を行った。

 アジアを中心にグローバルな人気を誇るボーイズグループ、EXOの中でも、情感溢れるダンスで人気を集めるカイ。その成熟した表現力で人々を魅了してきた。

 昨年、CREA2017年9月号「本と音楽とコーヒー。」特集に登場した際には、大ファンである東野圭吾の作品をはじめ、豊富な読書経験について語り、その表現力の源泉を明かしたが、今回のドラマではそれが演技に存分に発揮されることになった。

 原作は、鋭い観察眼と愛情あるまなざしで人間の機微を描き出す脚本家、向田邦子の傑作短編「春が来た」。時代を昭和から平成に置き換え、現代の家族問題を取り入れてアレンジした今回のドラマで、カイは、それぞれが秘密を抱える、ある家族の前に春風のように現れ、運命を変えていく韓国人フォトグラファー、ジウォンを演じている。

 ジウォンに心を奪われ、やがて想いを通わせるようになる“結婚適齢期”の長女を倉科カナ、勤務先を早期退職した父親を佐野史郎、生活にくたびれた母親を高畑淳子、平凡な姉を馬鹿にする陰のある高校生の次女を古畑星夏と、キャストには演技派が顔を揃える。

 舞台挨拶で父親役の佐野が「なぜ(原作にはない)韓国の写真家が出てくるのか、最初はわからなかったんですけど、今の時代に即したドラマなんじゃないかと思って、僕もその世界を楽しみました」と語ったが、カイ自身も、向田作品らしい典型的な日本家屋で展開される家族ドラマの中で、驚くほど居心地良さそうに芝居をしている。


(C)2017WOWOW

 今回の試写会で披露されたのは、1月13日(土)夜10時から放映される第1話。約1時間にわたる上映の後、感動に浸る観客からの歓声と拍手に迎えられ、カイ、倉科、高畑、佐野の出演陣と河合監督の5人が登壇した。

 今作はカイにとって初の主演作であり、初の日本でのドラマ、さらにWOWOWドラマ史上初の海外俳優の主演作という大役だ。オファーが来たときのことを、カイは「想像もできなかったことで驚いた」が、日本で初めての経験ができ、これまでの歌だけでなく、演技を通してもファンと触れ合えるということで「(撮影前から)本当にワクワクしていました」と語った。

 以前、撮影終盤の彼にインタビューした際には、自らの日本語での演技に不安を見せていたが、作品ができあがった現在は「このように素晴らしい作品を作ることができて嬉しく思っています。このドラマを(やることを)選択したことは本当に良かったと思います」と満足そうだ。

カイとの撮影エピソードや
共演者からの質問コーナーも


(C)2017WOWOW

 キャスト陣と監督からは、カイとのエピソードが次々に明かされた。

 好きなシーンを問われた佐野は、(佐野演じる父親の秘密を知った)ジウォンと二人、男同士で酒を飲みかわすシーンを、「一番忘れられないかな」と挙げ、河合監督も「非常にいいシーンですので、ぜひ観てもらいたいと思います」とアピール。

 一方、直子の母を演じた高畑は、撮影中のカイのエピソードを披露。「カイさんはいつも刺身を食べていた。隅田川の公園で(撮影をしていたときには)鉄棒があると、シュッ、シュッ、シュッと懸垂をしていた。とても明るくて、コロコロ笑っていた」とコミカルに説明すると、カイは「急いで身体を作らないといけなかったという事情がありましたので……」と神妙に告白。すかさず河合監督が「シャワーシーンがあったからね」と暴露すると、照れ笑いを浮かべた。

 驚くことに、今回の作品で、カイはほぼすべてのシーンを日本語で演技している。韓国から来日して数年のフォトグラファーという設定のため、流暢な日本語が要求されるわけではないが、ダンスで培ったであろう「絶妙の間(ま)の良さ」で、観客の爆笑を誘うコメディ演技さえこなしている。

 河合監督によれば、「当初はあまり長いセリフは覚えられないだろうという話だったので、韓国語によるモノローグを多く予定していたが、撮影を始めたらかなり話せたため、モノローグを全部やめようと。現場で急遽、セリフに変更することもあった」のだという。


(C)2017WOWOW

 続いて、共演者からカイへの質問コーナーへ。

 倉科から「好きな日本語のセリフは?」と問われると、カイは「借金していました」と回答。会場から笑いが起ると、「自分自身に借金があるということが良かったんですよね(笑)」と話し、倉科から「そのシーンを一生懸命練習してるのは見てました(笑)」というエピソードも。一方、苦労したセリフは「(倉科の役名である)直子」と言い、韓国で名前を呼ぶときとイントネーションが違う上に、何度も出てくる言葉のため、大変だったと明かした。

 佐野からの「日本の音楽で好きなものは?」という質問には、オフコースの名曲「言葉にできない」と回答。ライブ映像を観たときに涙が出るくらい感動したと話しつつ、「チェンベクシ(EXO-CBX)というユニットがあるんですけど(笑)」と、日本デビューしているEXOメンバーのユニットをPRするサービス精神も。

 最後に、河合監督からの「撮影期間中にも、EXOとして海外公演を行ったりと多忙を極めていたが、どのように切り替えているのか」という質問には、周囲への感謝の気持ちを込めてこう答えた。

「自分はプロなので、そういうこともきちんとできないといけないと、思っているんですけど、今回の現場はここにいる監督や共演者の皆さんたちのおかげで、自然とジウォンになれたと思います。皆さんに助けられて乗り越えることができたと思います」

締めくくりはバースデイサプライズ!


(C)2017WOWOW

 舞台挨拶の締めくくりには、1月14日に誕生日を迎えるカイのために、サプライズでお祝いが。

 倉科の「カイくんお誕生日おめでとう!」という号令で、会場から大きな拍手が沸き起こると、カイ本人は突然の出来事に驚きを隠せない様子。ケーキを模した特大のバルーンがステージに運ばれ、観客による「ハッピーバースデー」の大合唱が行われると、「すごく嬉しいです。驚いて慌ててしまいました」と笑顔を見せた。

 さらに、司会者からの「この喜びを表すダンスを」との無茶ぶりに応えて、映画『雨に唄えば』のような華麗なターンを披露。直後には、恥ずかしさのあまり、後ろの壁に顔をうずめていると、観客からあたたかい声援が送られた。


(C)2017WOWOW

「連続ドラマW 春が来た」第1話の初回放送は、WOWOWプライムにて1月13日(土)夜10時から(毎週土曜 夜10時放送 全5話/第1話は無料放送)放映される。

 第1話では、倉科演じる31歳の直子の地味な毎日が、カイ演じる5歳年下のジウォンとの出会いをとおして、たちまち華やいでいく様子が自然に描かれる。だが、物語は次第にあやしげな雰囲気を見せ始め……。

「そのときの私は、まだ何も知りませんでした。家族それぞれが抱える秘密のことを。そして、イ・ジウォンという人のことをまだ何も」

 エンディングでの直子のモノローグに、EXOによる主題歌「Lovin' You Mo'」がミステリアスに響く。


ドラマ「連続ドラマW 春が来た」
平凡な生活を送る家族の前に現れた一人の男(カイ)。彼の存在により、隠されていた家族の秘密が少しずつ明らかになっていく――。向田邦子の傑作短篇「春が来た」を原作に、崩壊しかかった家族の再生を描く、珠玉のヒューマンドラマ。
2018年1月13日(土)より、WOWOWプライムで毎週土曜夜10時から放送(全5話/第1話は無料放送)
http://www.wowow.co.jp/dramaw/harugakita

文=CREA編集部

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索