お宝アウトドアグッズがぎっしり! 浦和「Rimba」で極楽ショッピング

 地方の老舗工場オリジナルのアイテムや作家によるオーダーメイド、海外からの買い付け品……。いま、全国に広がるアウトドアのセレクトショップの注目株を紹介。

普段使いできるアイテムも
充実しているからおすすめ

[埼玉県・さいたま]
◆Rimba (リンバ)


広さ40平米の店内にアイテムがぎっしり。宝探しをする感覚で、自分好みのアウトドアグッズを見つけたい。

 趣味で登山やキャンプ、自転車などを楽しんでいたオーナーが2008年に始めた店で、昨年、移転リニューアルオープン。


国内外ブランドのバックパックが揃う。


浦和駅と南浦和駅の中間ほどの場所に店を構える。

 友人の手を借りながら日本家屋をDIYでリノベーションした店内には、アウトドアのジャンルにかかわらず、普段でも使えるアイテムが揃う。


上:奈良県の老舗工場が作るNISHIGUCHI KUTSUSHITAの靴下。サラサラした素材感が心地よい。各1,200円
左下:縦にも横にも広がるRawLow Mountain WorksのTibitibi Tote。容量0.5〜2L W18cm×H12.5〜18cm×D2〜10cm 各6,156円
右下:クラフトビール製造元の依頼で作られたShine Craft Vesselのボトル。2重のパッキンで炭酸を保持。750mL 各4,600円

 ちなみに店名のRimbaはインドネシア語で森や森林の意味。商品で埋め尽くされた空間で、アウトドアグッズの森を探索するかのように買い物を楽しめる。


フタをロックできるMSRのアルパイン ストアウェイポットは、鍋にも容器にもなる優れもの。日常使いにも重宝する。

Rimba(リンバ)
所在地 埼玉県さいたま市南区大谷場2-2-38 
電話番号 048-708-8104
営業時間 12:00〜20:00、日曜 〜19:00
定休日 水曜
http://urawa.rimba.jp/

Text=Hiroya Ishikawa,Photographs=Kiichi Matsumoto

関連記事

CREA WEBの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索