SuperMと大韓航空がタッグを組んだ!! 世界のK-POPファンが興奮のコラボ

10月のデビュー早々に
米・ビルボード1位獲得!
そのグループが空の顔に


SuperM(スーパーエム)のメンバーたち。

 この秋、“K-POP界のアベンジャーズ” とも称されるスーパーK-POPグループSuperM(スーパーエム)と、韓国のフラッグキャリア・大韓航空とがコラボレーションすることに。

 このSuperMとは、K-POP業界を代表するSMエンタテイメントから誕生した、大型プロジェクトグループ。

 所属グループであるSHINeeやEXOなど、すでに絶大な人気を博す4つのグループから、世界市場をターゲットに選ばれたメンバーで構成されるなど、グループの成り立ちや展開、いずれも破格かつ豪華なプロジェクトといえる。

 2019年10月のデビューと同時にリリースされたミニアルバムは、アメリカ・ビルボードのメインチャート「ビルボード 200」でトップの座を獲得。

 この1位という記録は、アジアの歌手のデビューアルバムとしては史上初の快挙だとか。SuperMが世界市場を賑わせるスーパーグループだということは、すでに実証済みなのだ。


SuperMは、左から、テン(WayV)、ベクヒョン(EXO)、ルーカス(WayV)、テミン(SHINee)、テヨン(NCT127)、マーク(NCT127)、カイ(EXO)の7名で構成されている。

 大韓航空はこのSuperMとのコラボレーションの手始めに、全路線で流れる機内安全ビデオの主人公に彼らをキャスティングした。


 まるで、ミュージックビデオのようなSF風のスタイリッシュな約5分間の映像の中で、メンバーたちが、機内の安全ベルトや、酸素マスクの装着を促してくれるのがとてもユニークな試みだ。


 全編で流れるプロジェクトソング「Let’s go everywhere」とともに、見事なダンスシーンも盛り込まれており、ファンでなくてもつい最後まで見届けたくなるだろう。


 大韓航空のYouTube公式リンクから、機内安全ビデオを見ることができる。

ラッピング飛行機と
プロジェクトソング
SuperMコラボを続々展開


 さらにコラボレーションは続く。

 機内安全ビデオに次いで「SuperMが、大韓航空のグローバルアンバサダーに就任」、というニュースがもたらされた。

 グローバルアンバサダー就任と共に公開されたラッピング飛行機をバックにしてグループ名にもある「M」のハンドサインも誇らしげに、シックなブラックスーツに身を包んだメンバーたちの表情がとても凛々しい。


ラッピング飛行機をバックにしたSuperM。2020年2月まで続く、北米ツアーが開始したばかり。

 プロジェクトソング「Let's go everywhere」が2019年11月18日(月)から音源公開予定で、今後も世界に羽ばたく夢のコラボレーションは続くというから、ファンならずとも期待は高まるばかりだ。

大韓航空

https://www.koreanair.com/

大韓航空公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/koreanair

文=金川やすみ


関連記事

CREA WEBの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る