自粛疲れなどで気持ちがふさぎこんでいる人も多いのでは? そこで“視える占い師”として活躍中の占い師・流光七奈先生に、外出自粛期間の開運法について12星座別に占ってもらいました。先生のポジティブメッセージから元気をもらえるはず!


蟹座・外出自粛中の開運法


6月22日〜7月22日生まれ

「誰かのために役に立ちたい」という、優しく思いやりが深い蟹座さんにとって、周りからの感謝やリアクションは前向きな気持ちになれ、日々のモチベーションに繋がりますよね。

 人との交流が制限される今は、「私って本当は必要ない人なのかも……」と不安になってしまうこともあるかもしれませんね。

 ですが、もともと外に出かけるよりも、「お家大好き!」という人が多い蟹座さんは、外出自粛自体はそれほど苦になっていないどころか、「正々堂々と家にいても良い!」と、嬉しかったりもするのではないでしょうか?

 そんな蟹座さんにおすすめの今できる開運法は、「お家でできる社会貢献」です。

 家庭的で手先も器用な人が多い蟹座さんですから、たとえば今、日本全国どこでも入手が難しい「マスク」に着目し、布マスクを作ってお友達や家族に渡してみてはいかがでしょうか?

 マスクを喜んでもらえることで、きっととても前向きな気持ちになれるでしょう。

 きっかけはマスクかもしれませんが、蟹座さんにとって一番大切なことは温かい心の交流。

 蟹座さんの優しさは、蟹座さん自身だけでなく、周りの人たちも幸せにしてくれますよ。

蟹座・基本性質

6月22日〜7月22日生まれ

 家庭的で愛情豊かな蟹座さん。

 学生時代に「一番最初に結婚しそうな人」と言われる人が多いのも、この星座の特徴です。

 抜群の生活安定感があり、守るべきものはどんなことがあっても守る、母なる星の人です。

 同時に細やかな気配りもでき、相手の要望にも一生懸命に応えようとする姿勢は、周りからとても信頼されています。

 恋愛でも、自分が何かをしてもらうことはあまり期待せず、相手の喜ぶ顔を見ることで幸せと感じる、完全なる尽くし型です。

 慌ただしくきっちりしたスケジュールのお出かけデートよりも、ふたりでゆっくりくつろぐことを好みます。

 母性本能が高めなので、安定したおつきあいや結婚を望む人からモテます。

 ただ、ダメンズさんからも頼られやすいので、心を鬼にしないと優しさが悪い方に作用してしまい、共依存関係になってしまいます。

 けっして自分から前に出ず、聞き上手な性格は、誰かをサポートしたり、人と接したりする仕事に向いています。

 そうした献身的サポートを惜しみなく続けていくことで、さらなる信頼を得られます。

 人の話を聞くことに長けていますが、自分の内面を見られるのは苦手。

 土足で人の心に踏み込んでくる人とは距離をおいてしまいますが、無理をせず、心地よいと感じられる人を中心につきあうようにしても良いですよ。


流光七奈(りゅうこう なな)

物心ついたころから、見えない世界とつながる能力があり、相談者に対して、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた経験を経て、占い師として活動中。個人鑑定のほか、パワーストーン鑑定なども。
◎流光七奈 公式HP
https://nana-healing.com/

文=流光七奈
イラスト=IC4DESIGN