雑誌CREAの大人気連載「岡本翔子の星占い」の2020年5月版を特別公開します。心理占星学研究家・岡本翔子さんによる星からのメッセージです。

 太古から、星や月は自然界や人間の心理に深い影響を与えてきました。天体のリズムに慣れ親しむと、自分にとって転機となるタイミングが自然にわかるようになるでしょう。


【今月の宙模様】


 夕暮れの空には、ひしゃくの形をした北斗七星が高く昇ります。

 気軽に旅行や会食ができなくなり、「#家で過ごそう」と行動自粛が求められていても、窓を開け夜空を眺めることは自由です。

 いつの時代も、月や星は運行を繰り返し、夜空を明るく照らしています。

 この季節ならではの北斗七星を眺めて深呼吸すれば、心が穏やかに静まるでしょう。


【牡羊座】

3月21日〜4月19日生まれ

There is more to life than increasing its speed.
「速度を上げるばかりが、人生ではない」


 何をやるにもスピード勝負なところがある牡羊座。

 このメッセージはインド建国の父、ガンジーが残した言葉です。若葉が萌える新緑の季節です。

 急行から普通電車に乗り換えるように、少しペースを落としてみると、今まで見えなかったものに気づけます。

 仕事はこの不安定な期間を鑑みて、「働けるだけでラッキー」と気持ちの切り替えを。

 不動産運があるので、独身、既婚を問わず物件情報をチェック。

 5月下旬、趣味の交流サイトなどで気の合う男性が現れる予感。

★起こすべきアクション

生活回りの基本的なことを身につけるよい機会です。たとえば革靴の磨き方、ワイシャツやブラウスのアイロンのかけ方、昆布や鰹節を使った出汁の取り方など。真面目に取り組むと生活が改善し、心が整います。

【牡牛座】

4月20日〜5月20日生まれ

Don't be afraid to lose.
「失うことを恐れるな」


 昨年から牡牛座に入った“自由と革命の星・天王星”を意識して過ごしたい期間。

 あなたの中にある「自由になりたい」「解放されたい」という気持ちを大切に。

 何かを失って初めて、新しいスタートを切れる人もいます。

 独立や起業の機運もあります。あなたの「好き」をお金にする機会は逃さずに。

 アドレナリンが出そうなことを、敢えてやってみると現実が大きく変わる予感。

 5月後半に舞い込む話には、思い切って乗ってみて。

 あなたが主導権を握れない恋は、前途多難。

★起こすべきアクション

5月は牡牛座の季節です。人は案外、外見であなたを判断するものです。見た目が変わると、人があなたに抱く印象も変化します。トレンドを取り入れたヘアスタイルやメイクで、「今」のあなたを表現してみて。

【双子座】

5月21日〜6月21日生まれ

What do I want to do next?
「じゃ、この次は何がしたい?(と自分に聞いてみよう)」


 双子座の季節が始まる5月下旬までは、再び羽ばたくための準備期間です。

 美しいものや心動かされる小説、映画などに触れると、心が活発に動き出します。

 折に触れ「次は何がしたい?」と自問自答。答えが出ない日もあるけど、「これだったんだ!」と、漠然とした思いが確信に変わる日が来ます。

 新月となる5月23日(土)は物事を始めるのに最適な日。また今後大切な人と会う約束をするのもおすすめです。

 6月は一度諦めたことに再挑戦するよい機会です。

 天秤座はラッキーパーソン。

★起こすべきアクション

美術鑑賞や博物館巡りは、この時期の運気を上げるアクション。新型コロナウイルスに負けまいと、最近では様々な美術館や博物館が貴重なコレクションをネットで公開しています。世界が誇る芸術品を観て、心に栄養を。

【蟹座】

6月22日〜7月22日生まれ

Focus on something for the future.
「未来のためになる何かに焦点を定めよう」


 先の読めない新型コロナウイルス禍で、普通にしていても心が沈みがち。

 こんなときこそ星は、もっと俯瞰の視点を持てと、あなたにメッセージを送っています。

 数年先の自分を思い描き、「今、これをやっておけばきっと役に立つ」というものを見つけましょう。ネットを通じて、目的を持ったグループとつながるのもいい。

 仕事では同期や元同僚があなたの助けになります。困ったときは心を開き、援助をお願いしましょう。

 金銭面では、なぜか当てが外れることが多い時期かも。

★起こすべきアクション

「#家で過ごそう」がお約束の昨今ですが、人の役に立つことを率先してやりたい時期。たとえば外出がままならない人にお買い物を買って出るとか。行動制限のあるなかで、ちょっとしたボランティアを実践して。

【獅子座】

7月23日〜8月22日生まれ

I am as cool as a cucumber!
「私は冷静ですっ!」


 5月は、何かと熱くなることが多い。

 仕事で大きな決断をせざるを得ない場面もありそうです。そこで感情的になると、失言をしやすい時期。

 これは自分へのおまじないの言葉。キュウリのように冷静に、とは笑えますが、キュウリを思い浮かべて心を落ち着けて。守るべき人や物がある人は、きっと強くなれます。

 月末は女友達と情報交換を。同性の友人は一生の宝です。

 恋人やパートナーに提案や𠮟咤激励は逆効果です。むしろ見守り、共感、聞き役を引き受けるのがよし。

★起こすべきアクション

仕事で野心を持つのはよいことです。会社員ならば上司、フリーランスなら仕事で影響のある人物と話をする機会を。今は「会食」という名の政治ができない時期ですが、電話やメールで会話をすることはできるはず。

【乙女座】

8月23日〜9月22日生まれ

Knowledge is power.
「知識は力なり」


 若さこそが最強の武器という価値観を捨てないと、先行きが不安になるばかり。

 長年、女性にかけられてきた呪いを解くには、豊かな知識で人として成熟することです。

 仕事に関する専門知識を増やしたり、外国語の勉強を始めたりするよい機会。自宅でできるオンライン学習を探してみては。

 5月後半は愛に打撃!? 「こんなはずではなかった」と思うような出来事が。

 また女性の上司を敵に回さないように。

 自粛ムードも長引くと健康にダメージが。まずは腸活を始めましょう。

★起こすべきアクション

世の成功者ほど、密かに「ゲン担ぎ」をする人が多いとか。勝負の前に必ず〇〇を食べるというように、あなたなりの成功体験をもとにした「ゲン担ぎ」を。縁起を担ぐことで、なぜか幸運を引き寄せられる時期です。

【天秤座】

9月23日〜10月23日生まれ

Sometimes the most powerful thing you can say is nothing at all.
「ときにどんな発言よりも『沈黙』こそが、最大の力となる」


 物言えば唇寒し…とは、芭蕉の句の一部ですが、人の悪口を言うと後味が悪く、寂しい気持ちがするということ。

 転じて、何事も余計なことを言うと災いを招くという意味に。

 このメッセージは「沈黙」を続けることで、アドバンテージを取るという戦略。

 組織のなかでも、どの派閥にも属さない態度があなたを守ります。

 また保険加入や、親の資産について家族で話し合いを持つのにもよい時期。

 月末が近づくとふと気が楽になる出来事も。迷いが吹っ切れるかもしれません。

★起こすべきアクション

人に見られる機会が減ると、お洒落や身だしなみにも手抜きになるのが天秤座。おうちライフが続いても、可愛いランジェリーで女子力を維持しましょう。くたびれた下着を処分し、通販で新しいセットアップを購入。

【蠍座】

10月24日〜11月22日生まれ

Patience is also a form of action.
「忍耐もまた行動の一形態である」


 何事もイニシアチブを取りにくい状況です。

 頭の中で、この場合はプランA、相手の出方によってはプランBと、シミュレーションしておくと役立ちます。

 これは立派な、忍耐という名のアクションです。

 事態は動かないように見えて、実はある方向に向かって動いているものです。

 また、一度自分の欲求を忘れて、人のために動いてみるのもいい。エゴを捨てると、幸運が近づいてきます。

 独身が長い人、恋愛というより家族をつくるという意味で、結婚を決めるよいチャンス。

★起こすべきアクション

新型コロナウイルスの脅威により、大切な人々と気軽に会えなくなりました。だからこそ定期的に連絡を入れ、お互いの絆を確認しましょう。人を励ますことが、実はあなた自身の精神状態を良好に保つ秘訣でもあります。

【射手座】

11月23日〜12月21日生まれ

Become more sensitive and intuitive to your surroundings
「あなたを取り巻く環境に対し、もっと繊細かつ直観的になろう」


 人は案外、自分の見たい世界だけを見ているものです。

 3月以降、企画が頓挫したり急な予定変更を余儀なくされた人もいるはずです。それでやる気をなくして、仕事の詰めが甘くなっています。

「多分こうだろう」という見込みではなく、ちゃんと相手の動向を観察すれば、取りこぼしが少なくなります。

 また自分は何のプロフェッショナルなのか、自問自答してみて。それがない人は、専門性を高める努力が必要です。

 心の余裕がないときのデートは、自粛するのが賢明です。

★起こすべきアクション

会食やイベント、旅行に使っていた時間が失われた今だからこそ、仕事のスキルアップを図ってみては。事務系ならば簿記や医療、介護事務を学ぶ。またITスキルを上げる努力も、将来きっと役に立つでしょう。

【山羊座】

12月22日〜1月20日生まれ

In the middle of difficulty lies opportunity.
「困難のなかにこそチャンスがある」


 数年前から星はあなたに「人生を見直してみよう」とシグナルを送っていました。

 とはいえ平常時に、今まで築いてきたものを壊す勇気は持てないものです。

 新型コロナウイルスの蔓延で、世界全体が危機に瀕している今だからこそ、仕事や生活をゼロから考え直すチャンスです。変革を司る星もあなたを応援しています。

 UターンやIターン、起業や転職などを見据えて、これから数カ月を過ごしてみるのもありです。

 恋愛は「好き」より、切実に「必要」と感じる相手を大切に。

★起こすべきアクション

一に公募、二に公募。独創性をもたらす星が山羊座を応援しています。文芸やアート、写真に、動画、プレゼントキャンペーンなど、探してみると様々な公募が百花繚乱です。運試しだと思って挑戦してみましょう。

【水瓶座】

1月21日〜2月18日生まれ

No pessimist ever discovered the secret of the stars.
「いまだかつて、悲観的な人が星についての新発見をしたことなどない」


 新しいものを生み出す人は、ときには後ろ指を指されたり、変わり者扱いされたりするものです。

 時代の先駆者は、常にどこか吞気で楽観的だったりするということ。

 今、あなたが経験していることを「これは逆にチャンスなのかも」と思えたら、新しいビジネスのアイデアが湧く予感。

 今の時代に必要なものは何かを、女子目線で考えてみましょう。

 気をつけたいのは健康です。あなたに合った自宅でできるエクササイズを。

 5月下旬、愛を感じる出来事もありそうです。

★起こすべきアクション

仕事よりも家庭生活を充実させたい期間。まずは居心地のよい空間作りを。部屋の模様替えをしたり、食卓が華やぐテーブルウェアを揃えてみたりしてみたい。ベランダでハーブ栽培をするのもおすすめです。

【魚座】

2月19日〜3月20日生まれ

Friendship is a slow ripening fruit.
「友情とはゆっくりと熟す果物である」


 何の気兼ねもなく友達と会えた時期を、懐かしく思います。

 でも会えない期間にもゆっくりと友情は育ちます。だれが本当に大切な友かが、見えてくるとき。

 あなたから連絡を入れ、電話やSNSで話をしましょう。この先、一緒に何かを始める計画を練るのもいい。

 5月下旬は溜め込んでしまったものを“手放す”よい機会。

 経済的な不安を抱える人、住む場所やつき合うコミュニティを変えるのもアイデア。

 恋人やパートナーに、突っ込みすぎる質問は、今は控えたほうが。

★起こすべきアクション

既に始めている人もいるかもしれませんが、読書の新しい体験、ボイスブック。目を使わずに耳で本を聴いてみましょう。目を休ませて聴覚を際立たせてみると、新しい発見が。落語を聴くのもおすすめ。

岡本翔子(おかもと しょうこ)

心理占星学研究家。英国占星学協会会員で、日本における心理占星学のパイオニア。占星術や月に関する著書・翻訳多数。
公式サイト http://okamotoshoko.com
公式ブログ http://ameblo.jp/okamotoshoko
Facebook http://on.fb.me/1mBVz6m
★毎年好評の月の満ち欠けを記した手帳、『MOON BOOK 2020』(ディスカヴァー)が発売中!

文=岡本翔子
イラストレーション=INEMOUSE