薬膳アテンダントの池田陽子さんが提唱する「ゆる薬膳。」。

 中医学(中国の伝統医学)では昔から「食事で体調を整える」という考え方があり、日々の食事に体調、体質&季節に合わせた食材を取り入れることで、身体の不調を改善できるとされています。

 薬膳を実践し始めてから、1か月の化粧品代が10万円から3000円へと激減し、体重もマイナス5キロ、肩こり、むくみなどのトラブルも改善したという池田陽子さんが教えてくれる、あっという間にできる「秒速薬膳おやつ」を、3回にわたって紹介します!


白い食材が肺を潤し、しっとり美肌に!


白ごま杏仁豆腐。コンビニで手軽に買える杏仁豆腐は美肌の味方。

 第1回は、白い食材で美肌になる薬膳おやつ。

 肌がなんだかカサカサ、粉吹き状態、シワも気になる……。みずみずしい肌をつくるためには身体の中から潤いをチャージすることが大切です。

 薬膳において、しっとりとした潤い美肌の要になるのは、中医学(中国の伝統医学)で「肺」とよばれる臓器。肺は肌との関連が深く、肌に潤いを与えたり、表面をガードしたりすると考えられています。

 よって、肺の働きが弱ると肌にその状態が現れて、肌が乾燥してカサついたり、シワができやすくなるのです。要は、肺が潤っていれば、肌も潤うということ!

 肺に潤いを与えて、しっとりとした肌を目指すために取り入れたいのが「白い食材」。

 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどは、体内に水分をしっかりとチャージする作用があります。

 また、杏仁豆腐の材料として使われる杏仁(あんずのタネ)は生薬としても使われ、肺に潤いを与え、乾燥肌の改善にも役立ちます。杏仁と牛乳で作られた杏仁豆腐はまさに「潤いスイーツ」!

 手軽に使えるのが白ごま。こまめにふりかけて、料理やスイーツの「保湿化」をはかりましょう。

◆白ごま杏仁豆腐

材料
・杏仁豆腐(カップタイプ):1個
・白すりごま:適量

作り方
杏仁豆腐に白すりごまを適量ふる。

★潤い食材

杏仁豆腐 白ごま

長イモや豆腐も肌を潤す薬膳おやつに!


長イモヨーグルト。シャキシャキとした長イモの食感も新鮮。

 肺に潤いを与える「白い食材」のうち、野菜では長イモがおすすめ。肌にみずみずしさを与え、アンチエイジングにも役立ちます。

 豆腐も全身に潤いを与えて、乾燥を改善。ヨーグルトやチーズなどの乳製品も、体内に水分をたっぷりチャージしてくれます!

 いつも食べているヨーグルトに長イモを刻んで入れると、長イモの食感が「リンゴ化」して意外な美味しさ。

 濃厚なレアチーズケーキも、絹ごし豆腐と組み合わせることで、なめらかであっさりとした味わいになるんです。


豆腐レアチーズケーキ。レアチーズケーキと豆腐を混ぜるとあっさりと、食べやすくなる。

 一見、「これがおやつになるの?」という食材も、薬膳の考えに沿った食べ方で美味しく味わえます。ぜひ試してみてください!

◆長イモヨーグルト

材料
・ヨーグルト(カップタイプ・加糖):1個
・長イモ:2センチ分

作り方
ヨーグルトに皮をむいて5ミリ角に切った長イモを加える。

★潤い食材

長イモ ヨーグルト

◆豆腐レアチーズケーキ

材料
・レアチーズケーキ(カップタイプ):1個
・絹ごし豆腐:小1パック(約70g)

作り方
器にレアチーズケーキと絹ごし豆腐をくずし入れて混ぜ合わせ、好みでミントを飾る。

★潤い食材

チーズ 豆腐


池田陽子(いけだようこ)

薬膳アテンダント、食ジャーナリスト、全日本さば連合会広報担当サバジェンヌ。宮崎県生まれ、大阪府育ち。立教大学卒業後、広告代理店を経て出版社で女性誌、航空会社にて機内誌などの編集を手掛けたのち、国立北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)に入学して国際中医薬膳師資格を取得。ふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる「ゆる薬膳。」の提案を執筆やセミナーなどを通して行う。また、日本各地の食材を薬膳的観点から紹介する食ジャーナリストとしての執筆活動も行う。
Webサイト http://www.yuruyakuzen.com/

文=池田陽子
撮影=佐藤 亘