発酵の力! 漬物餃子と焼酎のジャスミン茶割り


漬物の風味は焼酎や日本酒と相性よし。

 東京・大井町にあるテキーラ専門のバー、「Gatito(ガティート)」。テキーラはメキシコ原産で、アガベ(竜舌蘭)と呼ばれる植物から造られる蒸留酒です。このアガベ100パーセントのテキーラとメスカル(メキシコ特産蒸留酒)だけを厳選して、なんと400種類も揃える「Gatito」では、メニューには載っていない餃子がと〜ってもおいしいと評判。

「餃子は宇宙です。あらゆるものが餃子になります!」という店主の伊藤裕香さん。

 5回にわたって、お酒のおつまみにぴったりな絶品餃子を教えていただきます。餃子に合う、夏向きのお酒のアレンジもぜひ試してください!


アガペ100%のテキーラだけが並ぶ店内

高菜と豚の旨み溢れる漬物餃子

 第3回目は「漬物餃子」。枝豆も入った夏バージョンの餃子です。高菜漬けと枝豆の餃子は、発酵食品の代表格、漬物を餡に混ぜ込んだもの。

 ご存じのように漬物はそのまま食べられるので、味付けも最小限で済みますし、しかも刻んであるタイプの漬物を使うと本当にラク!  刻む手間も省けます。

 高菜漬けは豚肉との相性も抜群ですが、ほかにも野沢菜漬けやからし菜漬け、しば漬けなども合います。冷蔵庫にある漬物を使って色々試してみるのも、新しい味の発見につながって楽しいもの。

 また、夏野菜の枝豆を餃子にしのばせると食感もよく、イソフラボンもたっぷりで栄養価もアップします。刻まずに豆のまま加えると、食べたときに枝豆の存在感が際立つので、包む前に数粒並べて皮を閉じましょう。


茹でた枝豆を餡の上にのせて包む。

■材料 (作りやすい分量・20個分)

・豚ひき肉:200g
・高菜漬け(刻んだタイプ):100g
・さや付き枝豆:200g
・長ネギ(白い部分):1本
・餃子の皮:20枚
・サラダ油:適量
・熱湯:適量

[A]
・ラー油:大さじ1
・ごま油:小さじ2
・オイスターソース:小さじ1

■作り方

(1) 長ネギは粗いみじん切りにする。枝豆は茹でてさやから出しておく。

(2) ボウルに豚ひき肉を入れ、[A]を加えて粘り気が出るまでよく混ぜる。

(3) 餃子の皮1枚に(2)を1/20 ずつのせ、その上に20等分した枝豆を並べて包む。

(4) フライパンにサラダ油を熱して餃子を並べ、底から5ミリぐらいまで熱湯を注いで蒸し焼きにする。


枝豆の食感も楽しめます。

 餡に入っている具材は、餃子の皮に包まれなくてもそのままでおいしい組み合わせですが、餃子になると香ばしさが一段と増して、どんどん食べられちゃうんですよね。

 これぞTHE 夏餃子、といった味わいですが、ぴったりのお酒をご紹介しましょう。

南国を思わせるジャスミンティーを使って

バー店主直伝の焼酎ジャスミン割り


発酵食品を使った餃子には焼酎が合う。

 高菜と枝豆の餃子に合うのは「焼酎ジャスミン割り」。発酵食品の独特の風味に、焼酎はもちろん、キリっと冷やした日本酒も合うそうです。

 今回は焼酎をベースにシャスミンティーを加えるタイプをご紹介します。

■材料

・焼酎(アルコール度数25度)
・ジャスミンティー
・氷

■作り方

(1) 冷やしたグラスに氷を満たし、グラスの1/3を目安に焼酎を注いで混ぜる。

(2) ジャスミンティーをグラスの9分目まで注ぐ(焼酎のだいたい2倍程度)。

(3) マドラーを時計回りにグラスの縁に沿わせるように回して、よく混ぜる。

 沖縄にはジャスミンティーの一種「さんぴん茶」がありますが、泡盛をさんぴん茶で割って飲むのも現地ではポピュラー。焼酎を泡盛にチェンジしてもおいしいですよ。


伊藤さんが手掛ける東京・大井町の「TEQUILA BAR Gatito」と沖縄・那覇の「TEQUILA BAR Elote」はオリジナルグッズもプロデュース。メキシコ、スカル、アガベ、テキーラ、メスカルなどをモチーフにしたTシャツやトートバッグ、マグカップなどを展開中。

https://bargatito.thebase.in/


TEQUILA BAR Gatito

所在地 東京都品川区大井4-10-7
電話番号 03-3774-7757
http://gatito.jp/

文=CREA編集部
撮影=佐藤 亘