“視える占い師”として活躍中の占い師・流光七奈先生に、2020年下半期の12星座別全体運を占ってもらいました。コロナ禍で停滞感がある人こそ、流光先生の紡ぐ前向きなメッセージに心を寄せてみてください!


蟹座・2020年下半期の全体運


6月22日〜7月22日生まれ

 常に周りに気配りし、周囲に対して責任をもって行動している蟹座さんですが、2020年下半期は、人助けはちょっとだけひと休みしましょう。

 人のことを優先させるよりも、自分自身を愛することが幸せに過ごせるポイントです。

 8月頃には夢や目標に向かって動くタイミングがつかめてきますので、そのあたりから徐々にペースを上げていくと良いでしょう。

 仕事は「コツコツ堅実に」を心がけましょう。

 この時期の経験は、蟹座さんの今後の仕事の基本になっていきます。

 11月くらいには、自分の力を試したい気持ちや、冒険したい気持ちが芽生えやすいですが、常に地に足をつけた仕事ぶりが大切です。

 チャンスだと確信できるような話にはチャレンジしてみても良いでしょう。

 日々の堅実で小さな成功が、気がつけば大きな成果となっていきますので、ちょっとしたことも真剣に取り組むようにしていきましょう。

 この時期の恋愛運アップの秘訣は、蟹座さんが「いかに恋愛を楽しめるか」にかかってきます。

 苦しい恋愛や婚活をしている人は、無理にでも、その中から楽しさや幸せなポイントを探すようにしてみましょう。

 そんなポジティブな気持ちが、良い恋愛やご縁を引き寄せてくれますよ。

 出会いを求めている人は、7月と12月に知り合いからの紹介で良いご縁に恵まれる可能性が高まっています。

 お付き合い中の人は、お互いの関係が成熟してきたことが実感できたら、プロポーズも間近です。

蟹座・基本性質

6月22日〜7月22日生まれ

 家庭的で愛情豊かな蟹座さん。

 学生時代に「一番最初に結婚しそうな人」と言われる人が多いのも、この星座の特徴です。

 抜群の生活安定感があり、守るべきものはどんなことがあっても守る、母なる星の人です。

 同時に細やかな気配りもでき、相手の要望にも一生懸命に応えようとする姿勢は、周りからとても信頼されています。

 恋愛でも、自分が何かをしてもらうことはあまり期待せず、相手の喜ぶ顔を見ることで幸せと感じる、完全なる尽くし型です。

 慌ただしくきっちりしたスケジュールのお出かけデートよりも、ふたりでゆっくりくつろぐことを好みます。

 母性本能が高めなので、安定したおつきあいや結婚を望む人からモテます。

 ただ、ダメンズさんからも頼られやすいので、心を鬼にしないと優しさが悪い方に作用してしまい、共依存関係になってしまいます。

 けっして自分から前に出ず、聞き上手な性格は、誰かをサポートしたり、人と接したりする仕事に向いています。

 そうした献身的サポートを惜しみなく続けていくことで、さらなる信頼を得られます。

 人の話を聞くことに長けていますが、自分の内面を見られるのは苦手。

 土足で人の心に踏み込んでくる人とは距離をおいてしまいますが、無理をせず、心地よいと感じられる人を中心につきあうようにしても良いですよ。


流光七奈(りゅうこう なな)

物心ついたころから、見えない世界とつながる能力があり、相談者に対して、潜在意識レベルの癒しと解決策を提供してきた経験を経て、占い師として活動中。個人鑑定のほか、パワーストーン鑑定なども。
◎流光七奈 公式HP
https://nana-healing.com/

文=流光七奈
イラスト=IC4DESIGN