今夏一番の衝撃作『MOTHER マザー』がいよいよ公開。

 実際に起こった「少年による祖父母殺人事件」をモチーフに、母と息子の歪んだ絆を描いた衝撃作『MOTHER マザー』が、2020年7月3日(金)に劇場公開を迎えます。

『さよなら渓谷』などで知られる大森立嗣監督と『新聞記者』を手掛けた制作・配給会社スターサンズが組み、主演には長澤まさみさんを抜擢。長澤さんはこれまでのイメージをかなぐり捨てた“汚れ役”を体当たりで演じ、新境地を拓きました。

 男たちとゆきずりの関係を持ち、本能の赴くままに生きる秋子(長澤まさみ)と、彼女に振り回される息子・周平(奥平大兼)。ある日、秋子がホストの遼(阿部サダヲ)と知り合ったことから、少しずつ秋子と周平の“世界”は歪んでいく――。

 観る者に強い衝撃を与え、「親子」や「愛」について思いを巡らさせる骨太な一作。多くの作品で「人間の深淵」を見つめ続けてきた大森監督にインタビューし、本作に込めた想いをうかがいました。


「愛のようなもの」を解き明かしたかった


映画『MOTHER マザー』大森立嗣監督。

――モチーフとなった事件は当時、大いに話題になりました。大森監督が、本作に興味を持たれた理由を教えてください。

 母親が殺人教唆をしたのか、息子が自分の意志でやったのかが問題になっていて、母親は「指示していない」と言うし、息子は「自分でやった」と言う。そこにあるのは、息子が「自分が殺人を犯すのを母親のせいにしたくない」という感情ではないかと。それがいったい何なんだろう、という点に関心がありました。

 ふたりの間にあった「愛のようなもの」と、犯罪を犯してしまう心境の間にあったものを解き明かしたかった。映画の中でも「共依存」という言葉が出てきますが、それだけでわかった気になるのは違うんじゃないかと、僕は思ったんです。


――「愛のようなもの」という表現、非常にしっくりきます。劇中で秋子が、周平を「自分の分身」と言いますよね。親子を示す言葉では、なかなか出てこない。男女の関係性に近いというか。

 そうそう。母と息子の禁断のラブストーリーのにおいが、少しだけあるんですよ。僕たちが自然と持っている母親像では、秋子をとらえられない。ただ、存在感はすさまじい。

 そんな彼女を、僕たちが知っている感覚でどうやって表現していけばいいんだろう……というのは挑戦でしたね。

母が息子の膝をなめる強烈なシーン


劇中では、周平の幼少期から少年期にいたるまでの、母子の濃密な関係が描かれる。

――冒頭の、長澤さん演じる秋子が周平の膝をなめるシーンが強烈でした。あれで一気に彼女の人となりに飲み込まれたというか、気持ちを持っていかれたような気がします。

 今回の脚本は『あゝ、荒野』『宮本から君へ』などを手掛けられた港 岳彦さんと共同で執筆したんですが、僕が入った時点で「なめるように育ててきた」というセリフがもうあって、すごく印象的だったんです。

 そこで、冒頭にも「なめる」というシーンを持ってきました。社会の外側で生きてきたふたりが、ある種の“純度”をもって愛のようなものを育んできた一面もあったんじゃないか、という仮説を立てて、演出しましたね。

 周平は学校にも行っていないから自分自身を相対化できなくて、母親との関係が深いふれあいになってしまうんですよね。


――長澤さんの禍々しいオーラというか、説得力がすさまじかったです。従来のイメージを覆すキャラクターですよね。

 難しく、恐ろしい役でしたが、本人から「こういった作品をやりたい」いう意思を強く感じました。おかげで、すごく信頼しあえましたね。

 本作では秋子と周平の長い年月が描かれますが、長澤さんは秋子の声の出し方に至るまで、細かく考えてくれました。


――長澤さんが「初めのころは、大森監督の演出になかなか慣れなかった」とおっしゃっていましたが……。

 そうそう(笑)。「テイクが少なくて大丈夫ですか?」と不安に感じていたみたいで。

 僕は、撮影でテイクを重ねることが好きじゃないんです。俳優同士が初めて向きあったり痛みを感じたりする、その最初の感覚を映していきたい。特に今回は、ある種のドキュメンタリーにしたかった。

 ただ、長澤さんはそういった現場が少なかったようで、最初は戸惑っていたみたい。


――なるほど。大森監督は、『まほろ駅前多田便利軒』でも、永山瑛太さんが言いよどむシーンをそのまま採用していますよね。役者本来の生々しさが伴ったライブ感が魅力ですが、周平役の奥平さんは演技初挑戦。どうやって、「一発OK」のレベルまで引っ張っていったのでしょう。

 まず、ものすごく信頼している、ということをちゃんと伝える。

「お前を信用するし、自分が何を感じるかをちゃんと感じ取ってほしい。それが正解なんだ。だから、演技にウソをつかないでほしい。俺が『こうやりたい』って言っても『違う』と思ったら言ってほしいし、それがものづくりなんだよ」とクランクイン前から言い続けました。時間はかかりますが、そうすると自然な反応が出てくるんです。


 もちろん、初対面のおじさんのことを信頼しろっていうのも大変なので、伝え続けるしかないですね。

 役者には、とにかく無駄な緊張をしてほしくないんです。カメラの前に立たなくちゃいけないし、スタッフに囲まれた中で色々な表情を出していかなくちゃいけないんだけど、「リラックスしよう」と声を掛けました。

この映画で真相を追求したいわけではない


本作では「描くのに勇気が必要なシーンもあった」と大森監督は語る。

――今回のように、実在の事件がモチーフだと「役者の感じたことが正解」と言うのにもある種の決心や勇気が必要ではなかったですか?

 僕はこの映画で、真相を追求したい、というわけではないんです。事件をなぞるのではなく、事件のようなシチュエーションの中で、役者さんが何を感じるのか、生身の人間を置くことで何が起こるのか、をやってみたかった。

 脚本を書いているとどうしても頭の中での想像になってしまいますが、俳優さんはすべてを五感で味わうわけです。血に濡れる感覚、触ったときの感情……それは、当事者しかわからない。その感覚こそが、人間の“何か”に迫ろうとしたときに最も大事だと思うんですよ。

 取り換えがきかない個人が持った感覚を掬いとるのが、映画を作ることだと僕は思うんです。最大公約数的な何かに当てはめるわけではなく。


――役者自身を、「本物」にしていくアプローチですね。だから「信頼」という言葉が出てくる。

 そう、前提として、人間を圧倒的に信頼する。映画は、反社会的でも反道徳的でも、ありとあらゆる人物を描くことができるんです。現実では難しいですが、映画ではちゃんと見つめられる。

 犯罪を犯した人は社会では隔離されますが、ひょっとしたら僕たちで形成される社会から産み落とされてしまったのかもしれない。なぜそうなってしまったのかを考えることが、僕たちが生きていく社会を豊かにすることにつながるんじゃないかと思っています。

――ちゃんと“人”を描く、ということですね。だからこそ、えぐられるけれど心に響く。

 ただ、秋子や周平がホームレスになるシーンを描くことには、女性のそういった姿を描いていいものかとすごく勇気が必要でした。まだ、日本という国では受け入れられていない気がして。


 この国は、「女性にはこういう風にいてほしい」というような願望が強いというか、性差別の側面で鈍感ですよね。女性が男性と同じように社会で活躍することは、逆を言えばもし失敗したら、全財産を失って路頭に迷うことになるかもしれない。

 それがある種の対等だと思うのですが、女性がホームレスになることを受け止める雰囲気がまだ醸造されていないように感じていて、悩みましたね。

――新型コロナウイルスで外出自粛が敷かれ、貧富の差が広がり、家庭内暴力も増えてしまったといわれています。そんな時期に、テーマが重なる本作が公開されることについて、どう感じていらっしゃいますか。

 時代的には、この親子のような存在が生まれにくくなっているかと思っていたんですが、そんな中でコロナが起こって、また変わってしまった。

 コロナによって、ほとんどの人々が家庭内に隔離される。そしてソーシャルディスタンスによって、ふれあいが減る。この状況では絶対に大切なことなんですが、一方でコミュニケーションが減っていくことは怖いなと思います。

 難しいですよね。映画でいうと、社会から隔絶されているからこそ、秋子と周平は純度を保った、ふたりにだけしかない深い絆で結ばれたと思うし、幸せな感情は絶対にあったはず。それがあったから、周平は秋子を信頼できたのだと感じています。ただそれが、あのような結果になってしまうんですが……。

 映画も現実も、こうやって考え続けていくことが大切なのかもしれませんね。


大森立嗣(おおもり たつし)

1970年生まれ、東京都出身。大学時代に自主映画を作り始め、卒業後は俳優として活動しながら荒井晴彦、阪本順治、井筒和幸らの現場に助監督として参加。2005年に『ゲルマニウムの夜』で監督デビュー。『さよなら渓谷』(13)で、第35回モスクワ国際映画祭コンペティション部門の審査員特別賞を受賞。近年の監督作品は『セトウツミ』(16)、『光』(17)、『日日是好日』(18)、『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』(19)、『タロウのバカ』(19)など。


©2020「MOTHER」製作委員会

映画『MOTHER マザー』

長澤まさみ×阿部サダヲ×《新人》奥平大兼×大森立嗣監督
母と息子。ひとつの殺害事件。実話をベースに描く感動の衝撃作――

2020年7月3日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
©2020「MOTHER」製作委員会
https://mother2020.jp/

SYO

映画ライター・編集者。映画、ドラマ、アニメからライフスタイルまで幅広く執筆。これまでインタビューした人物は300人以上。CINEMORE、Fan's Voice、映画.com、Real Sound、BRUTUSなどに寄稿。Twitter:@syocinema

文=SYO