台湾の饒河街夜市での鳥卦(神鳥占い)が“当たる!”と評判の悟明老師。実はあらゆる占術に精通していて、台湾ではメジャーな紫微斗数での鑑定も行っています。

 そこで、日本の読者のために、毎月の世相を紫微斗数で読み解いてもらうことに。ここでは大局をみる際に使われる「天下第一盤」で占います。


【2020年7月】悟明老師が占う「世界の空気」


 7月は、3つの好ましい星と1つの注意すべき星が鍵となります。

 好機をもたらす星のひとつが天梁星。世界全体の平安と経済の回復が期待できます。

 紫微星は、人々が山や水辺など、屋外のレジャーに向かう動きを示唆。

 さらに、左輔星なる吉星が、それらの動きをサポートするという星回りで、これらを併せ見ると、世界共通の問題であるコロナ禍が徐々に収まり、人々が日常を取り戻しはじめ、経済も回復してくるように見て取れます。

 心配事を示しているのが武曲星。

 武曲星は財政を司る星であり、コロナ禍で経済的なダメージを受けた人々に事業や生活の立て直しのチャンスをもたらす反面、“風”を起こす星回りでもあるため、世界的な台風や洪水といった天災で、甚大な経済的損失を被る国が出てくる可能性があります。

 そうした経済面での不安定さが、貿易戦争の原因になることも。

 また、6月に世界各国で勃発している暴動は、8月まで続くように思われます。

 国別に見ていくと、前述した3つの星の影響を受け、経済がいち早く回復へと向かうのが、アメリカ、ロシア、フィリピンです。

 なかでも、天梁星に位置するロシアは、人々の幸福度が高まる気配です。

 ロシアと銀河線で結ばれ、星の影響を受けるヨーロッパも、安らぎを感じられるひと月になりそうです。

 その一方で、台風や洪水などの天災に悩まされる可能性が高いのは、中国大陸、台湾、日本、韓国です。

 この傾向は8月まで続くので、日本の皆さんも、避難場所の確認、防災用品の準備や食糧の備蓄を早めにしておくと安心です。

 また、インドには“病符”という星が入るため、コロナなどの感染症、サバクトビバッタの被害、豚コレラなど、さまざまな問題がくすぶり続ける気配で、7月はインドのニュースを見聞きする機会が増えそうです。

 アフリカ、南アメリカ大陸も同じように感染症の拡大に悩まされるひと月に。

 そして、気になる米中の対立ですが、問題の火種ともいえる“化忌”が中国に入り、銀河線で結ばれているアメリカはその影響を受けるため、コロナをめぐる賠償問題などの衝突は、どちらも引くことがなく膠着状態が続き、7月も収まることはないと見ています。

【2020年7月】悟明老師が占う「アジアの空気」

 アジアで最も勢いがあるのは、北朝鮮です。天梁星に位置するこの国に、大吉星である“化禄”が入っており、他国から見ると非道であっても、彼らなりの方法で我が道を突き進んでいきそうです。

 その影響は、日本と韓国にも及びます。観光業が活性化し、経済の回復に弾みがつくことでしょう。

 日本では、政府への不満が高まっているようですが、徐々に解決に向かうのではないでしょうか。

 7月5日(日)に都知事選があるとのことですが、人々に幸福を与える “化禄”の影響を受け、神様が適任者を引き立ててくれるように思います。

 その一方、咎を象徴する“化忌”が入る中国は、コロナ関連の問題をはじめ、何かと騒動を引き起こすイメージです。

 真実ではない発言や報告、他国への挑発などが続きそうな星回りです。

 日本のみなさんにとっては、明るい変化を感じられるひと月ですが、前述したように、東アジア各国は台風や洪水の被害を受ける可能性が高いので、備えは十分にしておいてください。

【2020年7月】悟明老師が占う「開運行動」

 多くの人が日常を取り戻し、停滞していた経済も徐々に回り始めます。この波に乗るためにすべきことは、人脈づくりです。

 会食などの集会が少ないようなら、ネット上での交流を増やし、広く繋がりを求めていきましょう。

 職探しではいつも以上に人脈がモノを言います。求職中の人、転職が視野に入ってきている人は、知り合いからの紹介に希望が持てるとき。積極的に求人の有無を訊ねてみましょう。

 また“自分マーケティング”もぜひ行ってほしいアクション。

 自粛期間が続き、リモートワークが中心となって、取引先などと顔を合せることが少なくなった昨今、自分の存在を忘れられている可能性がなきにしもあらず。

 売り込みたい相手をリストアップして、ご機嫌伺いのメールを送ったり、具体的なセールスをかけてみましょう。

 自社の商品に関しても同様。特に不要不急のアイテムは後回しにされがちです。商品の良さを改めてアピールしたり、今なぜ必要かという説得材料を揃えたりなど営業に励みましょう。

 まだまだ不安定さが続く今、焦りや不安で押しつぶされそうなときは、好きなことをして発散するほか、誰かに“話す”ことで解消を。家族や友人に打ち明けるほか、カウンセラー的な占い師を訪ねてみるのも。

 台湾では、心の平安を保ちたいときには、廟などにお参りする人が少なくありません。心が落ち着く寺社があれば、ぜひ参拝してみてください。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
※鑑定は17時30分〜23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子