種類豊富な輸入ジャム 意外とコスパも良いのです


厳選に厳選を重ねた3つの輸入ジャムを食べ比べ。

「成城石井」……それはウン十年前、大学進学にあたって地方から上京してきた編集部員Mが初めて行ったスーパーの名前です。

 最寄り駅の駅前にあったので、明日の朝ごはんでも買おうとフラッと入ったのですが、ハムもヨーグルトもパンも、どれも地元では見たことのない品ぞろえに驚き、そしてお値段もちょっぴり高くてダブルでびっくり!

 これが東京の洗礼ってヤツか……と恐れおののいたものです。

 その後、駅裏に庶民派スーパーを発見し、安堵しつつそちらをメインで使っていたのですが、今日は疲れたから家でちょっと特別なものを食べたいな、なんてときは、成城石井に行って楽しいショッピングをしていました。

 そんな私が、一番テンションの上がる成城石井のアイテムは「輸入ジャム」! もと果物店からスタートした成城石井なだけあって、世界各国からこだわりの果物ジャムが集まっているのです。

 ジャムコーナーには多種多様なフレーバーが並んでいて、「これ、どんな味がするんだろう」と見ているだけでワクワク。

 今回は、特におすすめの3つをピックアップしてご紹介します。

#1 ロカンダ・ラ・ポスタ イチジクジャム[イタリア]

フレッシュなイチジクを贅沢に使用


ロカンダ・ラ・ポスタ イタリア産イチジクジャム 350g 699円。

 イチジクって、どこか特別な感じがしますよね。ねっとりとした甘さと酸味は唯一無二です。

 そのイチジクの魅力がぎゅぎゅっと濃縮されたジャムがこちらです。

 イタリア産のイチジクを、生のまま贅沢に使用しており、原材料はイチジクと砂糖とレモン果汁のみというシンプルさ。


テクスチャーはトロっとやわらかめ。

 これがとっても美味しいんです! 口にいれると、イチジクのフレッシュな甘さと、プチプチとした食感を思う存分堪能できます。でも、果実感たっぷりで、甘すぎることはありません。

 トーストはもちろん、ヨーグルトに混ぜても美味しかったです。濃厚な味わいだから、塩気のあるチーズとも合うはず。食べているうちに、無限の可能性を感じてくる、ものすごいジャムです。

 ロカンダ・ラ・ポスタ社のジャムは、ほかにも「イチジクカカオジャム」「プラムジャム」「グリーンアップルジャム」など珍しいフレーバーが売られていました。今度は別の商品を試してみよう!

#2 サンダルフォー ブルーベリー[フランス]

砂糖不使用で自然本来の甘さを楽しめる


サンダルフォー ブルーベリー 284g 499円。

 新鮮なフルーツをじっくり煮込み、果汁だけの甘みで仕上げたジャムを販売するサンダルフォー。

 なかでも人気のフレーバーが、このブルーベリーです。

 砂糖、保存料、着色料は不使用。自然の美味しさが濃縮されています。


ブルーベリーのゴロゴロッとした粒感がたまらない。

 このジャム、ひと口食べただけで、他のブルーベリージャムとの違いを実感しました。

 たっぷり入ったブルーベリーの果実と、フルーツ本来の上品な甘さが美味しいこと!

 パンはもちろん、チーズやヨーグルトとも相性抜群です。しかも約300グラムで500円ほどと、財布に優しいお手頃価格。

 デイリーに楽しめる優秀なアイテムです。

#3 ポリコム アーモンドスプレッド[イタリア]

アーモンドのまろやかな味わい広がる新商品


ポリコム アーモンドスプレッド 240g 699円。

 こちらのスプレッドは、2020年4月から取り扱いが始まった新商品。イタリアから成城石井が直輸入しています。

 イタリア産アーモンドを、その土地にある工場で加工し、仕上げに砂糖を加えてスプレッドに。明るい香りとまろやかな味わいが特長です。


クリーミーなテクスチャー。

トーストにぬりぬり。アーモンドの濃厚な味わいが、ペコペコのおなかを満たしてくれます。

 皮をむいたアーモンドを使っているので、よくあるナッツのアーモンドよりも、ピュアなアーモンド本来の風味が広がります。この味、日本ではなかなか出合えない!

 ちなみにこちらのスプレッドはピスタチオのフレーバーもあるのですが、私が行ったときは在庫がありませんでした。

 ちまたで大人気のピスタチオですから、今後もし店舗で発見したら即買い必至でしょう。

 成城石井をパトロールする理由ができて、ちょっとうれしい編集部員Mでした。

成城石井

http://www.seijoishii.co.jp/

※商品や価格は購入時のもの。

文・撮影=CREA WEB編集部