薬膳アテンダントの池田陽子さんが提唱する「ゆる薬膳。」

 中医学(中国の伝統医学)では昔から「食事で体調を整える」という考え方があり、日々の食事に体調、体質&季節に合わせた食材を取り入れることで、身体の不調を改善できるとされています。

 薬膳を実践し始めてから、1カ月の化粧品代が10万円から3,000円へと激減し、体重もマイナス5キロ、肩こり、むくみなどのトラブルも改善したという池田陽子さんが教えてくれる、あっという間にできる「秒速薬膳おやつ」を、3回にわたって紹介します!


ハーブ類や柑橘フルーツで イライラ防止


バジルみかんゼリー。みかんゼリーにオリーブオイルが合う!

 第3回目は、ストレス解消に繋がる薬膳おやつ。

 新型コロナウイルスの影響で、なにかとストレスがたまりがちな今日このごろ。食事でストレスに強い身体を目指しましょう。

 ストレスがたまっている状態とは、中医学で気の流れが滞っている=「気滞」の状態と考えます。気の巡りは、西洋医学でいう自律神経に重なり、そのコントロールがきかなくなることで、イライラ、情緒不安定といった症状が起きてしまうのです。

 気が滞ると胸や脇に張った痛みがある、胃が張る、ゲップやガスが多い、生理前にイライラするといった症状もみられがち。

 ストレスを解消するには気を巡らせる食材を取り入れること。おすすめはバジルやミントなどに代表される「ハーブ類」です。香り成分が気の流れをよくしてストレスを解消してくれるのです。まさに「食べるアロマテラピー」ですね。

 また、オレンジ、みかん、グレープフルーツなどの柑橘系フルーツも気を巡らせてリラックスさせてくれる働きがあるんですよ。

◆バジルみかんゼリーのレシピ

材料
・みかんゼリー:1個
・バジルの葉:適量
・オリーブオイル:少々

作り方
ざく切りしたバジルの葉をみかんゼリーにのせ、オリーブオイルをかける。

★気巡り食材

みかん、バジル

食べる&飲むアロマも 薬膳おやつに!


グレフルミント。白ワインをふりかけると、ちょっと贅沢な味わい。

 ハーブ類の中でも特にミントは、中国で「薄荷」という名前で、気を巡らせる生薬としても使われます。スイーツに添えたり、ハーブティーなどでこまめに取り入れるとよいでしょう。

 ミントは今回、グレープフルーツと組み合わせてみました。グレープフルーツはコンビニでフレッシュなカットフルーツや、皮をむいた状態で冷凍食品としても売られています。皮をむくのが面倒な柑橘系フルーツは便利な商品を利用しても。

 そのほか、ジャスミンティーもストレス解消におすすめです。デスクに常備して「飲みアロマ」なひとときを過ごしてくださいね。


オレンジジャスミンティーソーダ。マーマレードを使います。

◆グレフルミントのレシピ

材料
・カットグレープフルーツ:適量
・ミントの葉:適量
・白ワイン:少々

作り方
グレープフルーツに白ワインをふりかけ、ざく切りにしたミントの葉を混ぜ合わせる。

★気巡り食材

グレープフルーツ、ミント

◆オレンジジャスミンティーソーダのレシピ

材料
・ジャスミンティー:100ml
・炭酸水:100ml
・マーマレード:大さじ1

作り方
グラスにジャスミンティ―、炭酸水、マーマレードを入れて混ぜる。

★気巡り食材

ジャスミンティ―、マーマレード


池田陽子(いけだようこ)

薬膳アテンダント、食ジャーナリスト、全日本さば連合会広報担当サバジェンヌ。宮崎県生まれ、大阪府育ち。立教大学卒業後、広告代理店を経て出版社で女性誌、航空会社にて機内誌などの編集を手掛けたのち、国立北京中医薬大学日本校(現・日本中医学院)に入学して国際中医薬膳師資格を取得。ふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる「ゆる薬膳。」の提案を執筆やセミナーなどを通して行う。また、日本各地の食材を薬膳的観点から紹介する食ジャーナリストとしての執筆活動も行う。
Webサイト http://www.yuruyakuzen.com/

文=池田陽子
撮影=佐藤 亘