さわやかなテキーラのカクテルが餃子にマッチ。

 東京・大井町にあるテキーラ専門のバー、「Gatito(ガティート)」。テキーラはメキシコ原産で、アガベ(竜舌蘭)と呼ばれる植物から造られる蒸留酒です。このアガベ100パーセントのテキーラとメスカル(メキシコ特産蒸留酒)だけを厳選して、なんと400種類も揃える「Gatito」では、メニューには載っていない餃子がと〜ってもおいしいと評判。

「餃子は宇宙です。あらゆるものが餃子になります!」という店主の伊藤裕香さん。

 5回にわたって、お酒のおつまみにぴったりな絶品餃子を教えていただきます。餃子に合う、夏向きのお酒のアレンジもぜひ試してください!


みょうが入りのタレが“食べる調味料”みたい!

プリプリの海老の 食感が楽しい水餃子

 第4回目は「海老入り水餃子」。

 材料にわかめも入りヘルシーで、あっさりとした味わいですが、夏バージョンに仕上げる決め手は赤いタレ。

 この赤いタレの正体は麻辣醤と呼ばれる四川風辛味調味料で、花椒や唐辛子が入った辛くて刺激的な香りのするもの。辛いもの好きなかたは常備したい万能調味料ですが、なければ味噌にラー油を混ぜても代用できますし、豆板醤でもOK。

 夏の薬味の代表格、みょうがをたっぷり刻んで麻辣醤と混ぜ合わせたタレ=「ピり辛みょうがダレ」が、水餃子の美味しさを格段にアップしてくれるのです。

 みょうがは、冷ややっこやそうめんを食べるときにも、ちょこっとあると嬉しい薬味。でも、使いきれずに冷蔵庫で干からびていることもありますよね。このタレを覚えておけば、“食べる調味料”として、白いご飯にのっけても、冷たい麺にちょいづけしても美味しくて便利。みょうがを使い切る方法としてもぜひ覚えてくださいね。


沸騰して餃子が浮かんできたら、約1分半で引き上げる。

■材料 (作りやすい分量・20個分)


・豚ひき肉:150g
・海老:10尾
・乾燥わかめ:大さじ2
・長ネギ(白い部分):20センチ
・片栗粉:大さじ1
・餃子の皮:20枚

[A]
・塩:小さじ1/2
・ごま油:小さじ1
・鶏がらスープの素:小さじ1
・紹興酒または日本酒:大さじ1

ピリ辛みょうがダレ
・みょうが:2個
・麻辣醤:大さじ1
・ごま油:大さじ1
・ポン酢:大さじ2
・はちみつ:小さじ1

■作り方

(1) みょうがは粗みじんに切り、ほかの調味料と混ぜ合わせてピリ辛みょうがダレを作っておく。

(2) 海老は1センチ長さに、長ネギはみじん切りにする。わかめは水で戻して水気を絞っておく。

(3) ボウルに豚ひき肉を入れ、Aを加えて粘り気が出るまでよく混ぜる。

(4) (3)に(2)を加えて混ぜ、最後に片栗粉を加えて混ぜる。

(5) 餃子の皮1枚に(4)を1/20 のせて包む。

(6) 鍋に湯を沸かし、沸騰したら(5)を入れ、餃子が浮かんできたら約1分半で引き上げる。

(7) 器に盛り、(1)のタレをかける。


海の幸が詰まった水餃子。

 海老は1センチを目安に大きめに切るのもポイント。食べたときにプリプリとした存在感が楽しめます。水餃子はのど越しもよく、食欲が湧かない日でも食べて元気になれそうです。

 ぴったりのお酒は「かぼすのテキーラソニック」。美味しい作り方を教えてもらいましょう。

テキーラの美味しさに 開眼するさわやかさ

バー店主直伝の かぼすのテキーラソニック


かぼすの種が気になる方は除いて。

 テキーラ特有のアガベの香りと、かぼすのさわやかな香り。ソニックは、炭酸水(ソーダ)とトニックウォーターを半分ずつ入れて作るカクテルです。

 すっきりとした味わいとのど越しで、ピリ辛ダレの水餃子もどんどん進んでしまいそう。テキーラはぜひ、アガベ100%のタイプを手に入れて作ってみてください。

■材料

・テキーラ
・かぼす 半個
・トニックウォーター
・炭酸水
・氷

■作り方

(1) 冷やしたグラスにかぼすを絞る。

(2) グラスに氷を満たし、1/4を目安にテキーラを注いで混ぜる。

(3) なるべく氷に当てないように、トニックウォーターと炭酸水を半分ずつ、グラスの9分目まで注ぐ。

(4) マドラーでグラスの底の氷をゆっくり上に持ち上げるように1度だけ混ぜる。


「このカクテルなら、テキーラは食中酒だということが実感してもらえると思います!」と店主の伊藤さん。


伊藤さんが手掛ける東京・大井町の「TEQUILA BAR Gatito」と沖縄・那覇の「TEQUILA BAR Elote」はオリジナルグッズもプロデュース。メキシコ、スカル、アガベ、テキーラ、メスカルなどをモチーフにしたTシャツやトートバッグ、マグカップなどを展開中。

https://bargatito.thebase.in/


TEQUILA BAR Gatito

所在地 東京都品川区大井4-10-7
電話番号 03-3774-7757
http://gatito.jp/

文=CREA編集部
撮影=佐藤 亘