料理を「作らない・作れない」ことに罪悪感を持っている人に贈る、フードライター・白央篤司さんの金言&レシピ。

 冷凍食品にちょい足しするのも立派な自炊。簡単なことから始めてみませんか?


 新型コロナの影響で、うちのツレもリモートワークになりました。いやー………振り返ってみてやっぱり、しんどかったですね。ひとりの時間がなくなって、3食作るのがエンドレスになるって。

 朝送り出して、帰ってくるまでのひとりの時間が消滅。昼食も作る日が続き、終わりは見えない。

「自分の昼ごはんも作るんでしょう? ひとり分もふたり分も一緒じゃない」といわれることもあるけど、「自分だけなら別に食べなくてもいい」という選択の自由があることが、豊かで、ありがたいことだったと分かりました。

 ツレはリモートでも時間が自由になるわけではなく、昼休憩は12時から13時までの間。

 私はフリーランスのライター、これまで特に時間を気にせず昼食をとり、原稿を書いていたのが、12時に合わせてごはんの用意をする生活になったわけです。


 なんでこんな毎日料理し続けてるんだろう、と気詰まりでしょうがなかった頃、とみにありがたく思えたのが「切らないですむ肉系の商品」でした。

 こま切れになってる鶏肉、豚しゃぶ肉、生姜焼き用の肉、カットされてるベーコン、ほぐしてあるサラダチキン、スジが取ってあるササミ肉などなど。すぐ使えるって……素晴らしい! パッケージを解いたら、もう調理にかかれる。ああ、ラクだ、ラクだなあ………。

 肉切ったあとの包丁やまな板ってちょっと丹念に洗わなきゃじゃないですか。手も含めてね。あれがないのも、嬉しい。

 どうにも疲れてたとき、ふとスーパーでカット肉を目にして思わず「ありがとう……!」ってな気持ちになりました。切ってくれている、そのことが嬉しくて。

「大変だね。切られておいたよッ」なんて肉が言ってくれているかのようで。ハイ、疲れてたなと思います(笑)。

 小さなことに思われるでしょうが、私にとっては「肉がカットされてある」って、気持ちの上ですごーく余裕が生まれたんですよ。

 ブロックで買ったほうが安いこともあるけど、余裕をくれる分のチップを払っていると私は考えることにしました。さほど値段の違わないことも多いし。

 今回の「自粛」期間中、もっと自分をラクにしてくれるものを活用して、料理しない時間も設け、自炊生活のスリム化を図らないといかんな、と熱く実感。そう、今までと同じようにできるわけない。

ひと皿で一食完結! グラノーラにハマってます


 いきなりですがこれ、野菜スープに甘くないシリアルを入れたもの。最近ハマってまして、朝食や小腹が空いたときによーく食べてます。


 カルビーの「グラノーラ」、パッケージに書いてあるように本当に甘くないので、スープに足すのにいいんですよ。ひと皿で一食完結、コンソメやポタージュ系と相性良し。ヨーグルトに入れる人も多いよう。

 サラダのトッピング、そして甘酒に入れるのもおすすめ。ノンアルコールの甘酒×グラノーラ、猛暑の時期の朝ごはんにとてもいいと思う。

 リモートライフ以降、うちの朝ごはんは各自が用意するようになりました。ツレも通勤がないぶん余裕ができたのか、ある日「おかゆ食べたいから、自分で作る」とやりだして。それが定着して、なんとなく「朝はお互い、好きなときに」ということになり。

 一日二食の用意になって、ずいぶんと気持ちが軽くなったなあ。自分の朝食はまとめて作っておいたスープやレトルトスープをあたためて、グラノーラを入れて完成。洗いものがボウル1つ、最高ですね。

 何より、夜ごはんを作ったら翌日の昼まで料理しなくていいというその事実がもう、爽快でならずッ。

「料理しない日」も意識して決めるようにしてます。何曜日と定めたわけじゃないけど、金曜の夜か、土曜のどこかはテイクアウトやレトルト。6月後半からは外食も利用(密なところは避けつつね)。

 大事だと思うのは、作らなかったことに後ろめたさを感じない。これですね。テイクアウトやインスタントで「済ませる」と思わない。手作りのほうが「えらい」「ちゃんとしてる」「立派」と思わない。どちらも同等、等しく食べもの。

 そして「今は作りたくない」とちょっとでも感じたら、ツレにそう伝える。作ることがつらいと感じてしまうとき、仕事にかかっていたいときは、正直に相手に伝えよう、と。コロナ前はあんまりそんなことしなかったんですが、今の気持ちや状態をマメに報告するようにしました。

 趣味じゃなく家事として料理をしていれば、いくら料理好きな人だとしても、しんどくなること、ありますよね。家族のいる時間が増えれば、「作りたくない!」と面倒に思う回数が増えるのは当たり前。

 だからこそ、意識して「作らない時間」を設けないと。それは、自分をいたわること。そうじゃないと、もたない。そんな当たり前のことを再確認した、コロナ「自粛」期間でありました。


白央篤司(はくおう あつし)

ローカルフードや「暮らしと食」をテーマとするフードライター。2020年2月に新刊『たまごかけご飯だって、立派な自炊です。』(家の光協会)が発売になりました。パートナーとのふたり暮らしは5年目、炊事全般と平日の洗濯、猫2匹の世話を担当中。
http://hakuoatsushi.hatenablog.com/

文・撮影=白央篤司