おうち時間が長くなっている今。「ヨガには体だけでなく、心を整える効果もあります。気持ちを切り替えるためにも、ぜひ取り入れて欲しいですね」と語るのはヨガインストラクターのJURI EDWARDS(エドワーズ・壽里)さん。

 時間がなくても大丈夫。1日5分でも自分と向き合う時間が大切にしてみましょう。

「今日はぐらつきやすいとか、足がむくんでいる、集中できないなど、ヨガをすると、気づかなかった今の自分の身体の調子を知ることができます。そうやって日々、少しずつでも積み重ねていくと、体も心も確実に変わっていきますよ」


#01 呼吸しながら “ゆっくり”がポイント


「ニートゥーエルボー」というポーズからスタート。骨盤を平行にして脚を上げる。脚は上がるところまででOK。

 電車で立っていてもよろめきにくくなったり、姿勢が良くなったり、スポーツのパフォーマンスが上がったりと、体幹を鍛えるメリットはいっぱい。

 このフローは体幹を鍛えるだけでなく、お腹を引き込む練習にもなっているので、お腹のシェイプアップもできます。しっかり効果が出るように、お腹を凹ませて、腹筋を使って膝をしっかり寄せるように意識して、動きましょう。

 ポイントは勢いをつけて行わないこと。呼吸に合わせるように、ゆ〜っくりと足を動かすのが負荷を高めるコツです。


次に、上げた脚をゆっくり鼻に近づける。この動きを繰り返す。

◆HOW TO

両手と両脚を床について、全身で山を作るように腰を引き上げる。骨盤が開かないように注意しながら、息を吸って右脚を上げる。息を吐きながら、ゆっくりと右ひざと鼻を近づけ、息を吸いながら、脚を元の位置に戻す。これを3〜5セット繰り返す。逆側も同様に。


JURI EDWARDS (エドワーズ・壽里)

東京都出身。ハワイに移住し、全米ヨガアライアンスのRYT200を取得。カピオラニコミュニティーカレッジにてスポーツ科学を学び、アメリカ医学会認定パーソナルトレーナーの資格を取得。スポーツブランド「ルルレモン」の日本法人立ち上げに携わり、2019年、アジア初のルルレモン カントリーアンバサダーに選ばれる。同年4月、表参道に自身のヨガスタジオ「IGNITE YOGA STUDIO」をオープン。愛犬のウサインボル子もお気に入りの場所。

文=林田順子
撮影=鈴木七絵