美術館や博物館へ出かけたら、作品の優れたデザインを活かしたミュージアムグッズも楽しみのひとつ。定番のポストカードやステーショナリー類のみならず、食器やアパレルなど、日常使いできるアイテムも増えています。

 ここでは、こだわりのオリジナルグッズを展開するミュージアムを、ミュージアムグッズ愛好家の大澤夏美さんがガイドします。


【京都】京都国立博物館


人気の《鳥獣人物戯画》グッズをはじめ、バラエティ豊かなアイテムが一堂に。

 京都国立博物館は、1897年(明治30年)の5月に開館した博物館。京都で育まれた文化を中心とした文化財が集められています。


2013年に竣工された平成知新館。日本的な空間構成を取り入れた展示空間で、収蔵品を中心に京文化の神髄をゆっくり楽しめる。

 国宝や重要文化財も多々あるので、「あの名品、この名品が収蔵されているんだ……!」と勉強になること請け合い! 


A4クリアファイル 鳥獣人物戯画 各330円。

 ミュージアムショップを見れば、名品をあしらったミュージアムグッズがたくさん! ここでしか購入できない、貴重な資料をモチーフにしたグッズが数多く揃います。

《鳥獣人物戯画》(高山寺所蔵、国宝)のグッズもあり、「A4クリアファイル 鳥獣人物戯画」は、ポップなデザインで注目されること間違いなし。ピンク、紺、白の3色ありますが、用途別に色違いで購入するのはいかがでしょう。


扇子 梅に箙文様惟帷子 3,300円。

 他にもおすすめしたいのは扇子。《帷子 白麻地梅に箙文様》の扇子は、暑い時期にひと匙の優雅さを提供してくれます。贈り物にもピッタリ!

 こちらの京都国立博物館に今や欠かせない存在といえば、公式キャラクターである「虎形琳丿丞(こがたりんのじょう)」、愛称は「トラりん」です。


尾形光琳《竹虎図》と、それをモチーフに誕生した京都国立博物館の公式キャラクター、トラりんのぬいぐるみ(小 1,375円) 。※《竹虎図》の展示予定は未定。京都国立博物館ウェブサイトをご確認ください。

 モチーフは、尾形光琳の《竹虎図》に描かれている虎。もちろん京都国立博物館の所蔵です。

 竹林にちょこんと座る虎は何とも愛らしく、この虎をキャラクターにしたのも頷けます。


スマホスタンド 1,078円。

 トラりんのグッズはどれも可愛らしくて迷ってしまうのですが、ここはひとつ、「スマホスタンド」はいかがでしょう。

 スマートフォンの裏に吸盤で貼り付けるタイプで、まるでトラりんがあなたの携帯電話に潜り込んでしまったかのよう。ぷりぷりとしたお尻に癒やされます。

「トラりん」グッズの大切な役割とは?


文化財保護基金グッズのひとつ、京都国立博物館 名品おりがみ 825円。

 実はトラりんなどのグッズは「文化財保護基金グッズ」とされ、これらには重要な使命があります。それは、グッズを購入することが、京都国立博物館文化財保護基金への寄附につながるというもの。

 この基金は文化財を収集、保存、修理するため、2012年の4月に設立されました。貴重な文化財の数々を次の世代、いや、もっとその先の未来へ残していくための活動に使われます。


京都国立博物館 名品トランプ 1,782円。

 この「文化財保護基金グッズ」、寄附につながるので積極的に購入してみたいのはもちろん、グッズとしても面白いものばかりなのです。

「京都国立博物館 名品トランプ」は、京都国立博物館の名品図録に掲載された作品を元に制作されたトランプ。

 全54柄すべて違う収蔵品が掲載されており、もちろんトラりんのモチーフになった尾形光琳の《竹虎図》もあります!

 そして、「京都国立博物館 名品おりがみ」もぜひご紹介したいところ。こちらは何と、6種類の収蔵品を折り紙で再現できるというもの。

 尾形光琳《竹虎図》、俵屋宗達が絵を、本阿弥光悦が書を手掛けた《鶴図下絵和歌巻》、中国は唐時代に作られた《三彩馬》、扇子柄が愛らしい《紅綸子地扇子散文様振袖》、鮮やかな色彩に目を見張る《小袖 浅葱縮緬地薔薇に花亀甲繋文様》を折ることができます。

「何だか難しそう……文化財を折るなんて本当にできるの?」というそこのあなた! 折線ガイドがついているので、気楽に取り組むことができます。

 どちらも購入して使うことで所蔵品への理解を深め、楽しく文化財に親しむことができるのがポイントです。お子さんをお持ちのご家庭へのプレゼントにも良いかもしれませんね。


新商品も続々発売中! 左から、はがきサイズのマスキングテープ 各220円、御財布香《国宝 鳥獣人物戯画》 各495円、 マルチペーパー 《国宝 鳥獣人物戯画》 各330円。

 この秋は京都で文化財の重要性に触れ、理解を深めるのはいかがでしょう。ミュージアムグッズがその一助になっている姿も、ぜひ目撃してほしいです。

※価格はすべて税込みを表記しています。

京都国立博物館

所在地 京都府京都市東山区茶屋町527
電話番号 075-525-2473
開館時間 9:30〜17:00
料金 一般 700円、大学生 350円
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上、障害者とその介護者1名無料
※特別展は別料金
※2020年9月15日(火)〜10月8日(木)までは、有料にて庭園の屋外展示のみ観覧可能(9:30〜17:00)
休館日 月曜、年末年始
※ただし、月曜が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館
https://www.kyohaku.go.jp/

大澤夏美(おおさわ なつみ)

ミュージアムグッズ愛好家。札幌市立大学でメディアデザインを学び、北海道大学大学院文学研究科にて博物館経営論の観点からミュージアムグッズを研究し修了。現在も全国各地のミュージアムグッズを追い求めている(収集は1,000点以上)。様々な媒体で、博物館経営論の見地からおすすめできるミュージアムグッズを紹介。ミュージアムグッズを通じて博物館の魅力を広める活動に邁進している。note:https://note.com/momonoke

文=大澤夏美
撮影=釜谷洋史