【大人のデニム講座】40過ぎたら大人っぽく着こなしたいデニムのトリセツ

アラフォーになると、デニムスタイル×Tシャツというカジュアルなスタイルがいまいち似合わなくなったというお悩みはありませんか? デニムは着回しできるアイテムだけに、穿かなくなるのはもったいない!

そこで、デニムをおしゃれに着こなすにはどんな組み合せがいいのか、#CBKモデル・石田祥子さんのおしゃれなデニム使いをピックアップしてみました。アラフォー女子必見です!

学校参観やPTAではデニム×ジャケットできれいめスタイルを確保

スキニータイプのデニムに、ブラックジャケットを合わせた大人コーデ。H&M(エイチアンドエム)のシンプルなジャケットは、羽織るだけで一気にスタイリッシュに決まるので重宝しますよ。お稽古ごとや学校参観などの「かしこまり過ぎずに、だけど大人女性らしく仕上げたい」というときは、きれいめに寄せたデニムスタイルが一番です。

素材感の良いニットチュニックをワイドデニムでさらりと着こなす

ワイドパンツタイプのデニムを取り入れたコーデは、「ゆったり×ゆったり」のシルエットがおしゃれ。全体的にゆったりしたチュニックですが、腕まくりしてもだらりと落ちてこないデザインが魅力。身体のシルエットを隠しつつ、けれどだらしなく見えない秘訣はこのメリハリがポイントです。

40代にはやや長めの丈のデニムジャケットが使える

若々しい印象を与えるデニムジャケットですが、GAP(ギャップ)のデニムジャケットなら細身の肩幅とヒップまであるやや長めの丈により、アラフォーの落ち着いたカジュアルスタイルにベストマッチします。夏のロングワンピースをレギンスとレイヤードして着回せば、簡単大人のおしゃれコーデに。重心が下がりがちなので、軽快なフラットシューズをチョイスして足元で抜け感を出すと好バランスに導きます。

シルエットを隠せるボリュームトップスはブラックスキニーで引き締めて

秋にちょうどいいリネン素材のブラウスは、ボリューム感があってゆったりした着心地のものを選びましょう。バルーンスリーブ、大きく入ったサイドスリット、ヒップを隠す長めの丈……など、ととにかく使い勝手がいいデザインがおすすめ!

ゆったりしたトップスを引き締めるときは、スキニーが最適です。ブラックスキニーでスタイリッシュに仕上げてみて。


関連記事

おすすめ情報

CUBKI magazine(カブキマガジン)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索