年齢を重ねるごとにファッションはシンプル化しやすいもの。とりわけ手に取る色は黒やネイビーなどベーシックなカラーばかり。しかし着やすい一方で地味になってはいませんか。冬はよりいっそう野暮ったく見えやすいですよね。
けれど「”カラーアイテム”にはなかなか手が出ない……」という人も多いのではないでしょうか。

そんな大人にとってぴったりな色、それが「ブルー」です。
幅広いカラーと相性がよく、きれいめにもカジュアルにも着られるからコーディネートがしやすい。そして何よりも色物なのに品を保てる、それでいて華やかさもあります。
だから大人にぴったりな色なんです。淡い水のような色味から濃いブルーまで、どの色味も持っていて損はしないはずですよ。

そこでこの記事では、「ブルー」を使った大人コーデをご紹介します。ぜひみなさんもブルーアイテムを取り入れてみてください。

ブルーならゆるニットが品よく着られる

流行のゆるニット。大きめシルエットが旬の理由ですが、着こなし方によってはだらしなく見えそうですよね。でもブルーなら品よく仕上がるからラフになる心配はなし。オフィスやきれいめ感が欲しいときに最適です。

フェミニンなブラウスもブルーで知的な印象に

コーディネートに上品な華やかさをもたらすブラウスですが、キレイ色を選ぶと結構甘め。そんなときもブルーが役に立ちます。華やかさはキープしつつ、甘さを抑えたエレガントで知的な仕上がりに。

スカートでもブルーなら甘くならず好印象な仕上がり

女性らしさの代名詞とも呼べるスカートですが、色物だとフェミニンさや鮮やかさが気になるという人も多いですよね。でもブルーなら甘くはなく、大人らしい女っぽさを演出する一枚に。

パンツスタイルもブルーが品よくエレガントに格上げ

パンツスタイルが野暮ったくなってくる大人にはブルーがぴったり。パンツだけどハンサムやカジュアルになりすぎず、キレイ色を自分らしく纏えます。だらしなく見えがちなワイドシルエットが品よく着られるのも嬉しいポイント。

ニットカーディガンがブルーのおかげで大人っぽい一枚に変化

シンプルでベーシックなニットカーディガンは、定番色を選ぶと地味に見えがち。ブルーなら大人っぽく着られて上品に華やげます。ワードローブに一枚あるだけでシーズンレスに使えるのもポイント。