簡単そうに見えて、実はバランスが難しいのが「Tシャツをインしない着こなし」。思い描いていたように仕上がらなかったり、おしゃれな人を参考にしたのにスタイルが悪く見えたり、うまくいかないこともしばしば。

そこでこの記事では、Tシャツをインしないコーディネートのコツをお教えします。少しの工夫で仕上がりがガラリと変わるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tシャツをワイドパンツと合わせる日は、ツヤ素材パンツを選んで抜け感を添える

Tシャツ×ワイドパンツの組み合わせはインしないとなると、バランスが重要なカギに。中でもチノパンなど厚みのある素材は野暮ったく見えやすいので要注意。ツヤやテロっとした「軽め素材のパンツ」を選び、抜け感を添えてあげましょう。春夏らしい異素材から生まれるメリハリのおかげで、シンプルだけど一気に着映えます。

美シルエットのパンツなら、Tシャツのアウトスタイルもキレイに決まる

Tシャツをインせずともキレイに仕上がるのが「テーパードパンツ」です。脚を美しく整えるシルエットに加え、Tシャツをインしないことでお尻もカバーできるので、さらに縦のラインをシュッと見せてくれます。
Tシャツ選びはもちろん、シューズやバッグ次第できれいめにもカジュアルにもできる、覚えておきたい組み合わせです。

Tシャツ×スカートは「着太りして見えないバランス感」が大切です

一見ミスマッチに思える、スカートとインしないTシャツとの着こなし。着太りが心配ですが、合わせるスカートをきちんと守れば大丈夫です。
全体的にふんわりとしたフレアスカートはNG。裾広がりになっている「ナロースカート」をはじめ、きっちりタイトでなくとも「Iラインシルエット」のものがおすすめです。

慣れない人はスナップのように配色にコントラストをつけず、ざっくりと色のトーンを合わせるとコーデがまとまって見えます。

グラデーションにするだけで、インしないTシャツスタイルがたちまちおしゃれに

今っぽいのに簡単にマネできるテクニックが「グラデーション配色」にする方法。イマイチおしゃれに決まらなかったTシャツのインしない着こなしも、これだけでサマになります。やさしげな色でグラデーションをつくると、トレンド感のある仕上がりに。

ベルトでブラウジングするひと手間で、誰でも簡単おしゃれ上級者!

次にご紹介するテクニックも、簡単なのにおしゃれに見えるもの。それがウエストの高い位置にベルトを巻いて「ブラウジング」する着こなしです。ボトムを選びにくく、幅広いコーディネートで応用可能。シンプルすぎるときでもブラウジングだけでメリハリが生まれ、一気におしゃれ見えします。

デニムパンツは「太すぎないシルエット」だとバランスよくまとまりやすい

定番のTシャツ×デニムパンツをインしないで着こなすときは、デニムパンツのシルエットは太すぎないものがベター。例えばストレートやテーパード、スキニーがおすすめです。着痩せしたい人は、インディゴカラーを選ぶと下半身がきゅっと引き締まって見えますよ。