「いつだって、少しでもスタイルよく見せたい!」そんな大人女子にとって、夏は”ヒールサンダル”がお助けアイテムに。しかしおしゃれに身長アップできるのは嬉しいですが、「頑張ってる感」が出てしまうのだけは避けたいところです。

そこで今回は、あくまでもさりげなく”さらりとヒールサンダルを履くコツ”をご紹介します♪

ふんわり「ロングスカート」にヒールサンダルをIN!

夏は肌の露出が増える季節だけに、見える履き方をすると目立ちやすい「ヒールサンダル」。ふんわりシルエットのロング丈スカートに仕込めば、動くたびにチラッと見え隠れする程度で好バランスです! また、スカートのボリューム感に目線がいき、足元が目立ちにくくなるのもメリット。

ヒールサンダルをゆったり「サロペットパンツ」で包み込む♪

ウエストの境目が曖昧になるサロペットパンツは、脚長効果がありスタイルアップに最適です!より身長を高く見せるには、ヒールサンダルを合わせる前提で”長めの丈”を選びたいところ。歩いたときに裾が擦れない、ぎりぎりのラインを攻めるとベストです。

また、サロペットはカジュアル度が高めのアイテム。「頑張ってる感」をしっかり抑えつつ、最大限のスタイルアップ効果を発揮できます。

ヒールサンダルを「ハイウエストパンツ」の引き締め役に!

サロペットパンツ同様に、ウエスト位置をグッと高く見せる「ハイウエストパンツ」。薄手のトップと合わせれば、夏でも大活躍のスタイルアップアイテムです。

さらに「ヒールサンダル」で身長アップを狙うなら、パンツのボリューム感が鍵に。対比でサンダルが目立ちにくく、あくまでもコーデの引き締め役として活躍してくれます。

軽やかな「クリアサンダル」なら見えてもOK

夏にさらりとヒールサンダルを履きたいなら、一足持っておくと役立つのが「クリアサンダル」。そもそものデザインが軽やかで、見えても悪目立ちせずおしゃれです♡ これならコーデの足し引きや難しいテクニックは不要で、堂々と身長アップが狙えます。