空気がジメジメとしたり、髪の毛がまとまらなかったり、雨の日の通勤はさまざまな要因から憂鬱な気分になるもの。「服装はどうしよう……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、雨の日の服装作りに役立つアイテムを厳選してご紹介。機能的でおしゃれなオフィスコーデの作り方を、ぜひ参考にしてみてくださいね。

雨をしっかり弾く「エナメルパンプス」

家から会社へ通勤する途中、靴の中に雨が染み込んでしまった経験はありませんか? 水をしっかりと弾くエナメル素材のパンプスを用意しておけば、雨の日でも快適な足元をキープできるはず。

カラーは、きちんとした服装に合わせやすいベーシックなブラックを選ぶのがおすすめです。ラウンドトゥなら優しげに、ポインテッドトゥなら女性らしい印象を演出できますよ。

水滴が目立たない「ダークカラーのボトムス」

傘を差していても、風の向きや雨の強さによって服が濡れてしまうことはありえますよね。水滴をなるべく目立たせたくないなら、服装にダークカラーのボトムスを取り入れてみましょう。

暗い色味は水滴が付いても生地の色が変わりにくく、水滴によって水玉模様のように見えてしまう心配がありません。細身&アンクル丈をセレクトすれば、裾が地面に触れて濡れてしまうことも回避できますよ♪

吸湿性バツグン! 雨の日も快適に過ごせる「リネンアイテム」

雨の日特有のジメッとした空気が苦手な方は多いはず。そこでおすすめなのが、通勤ファッションにリネン素材のアイテムを取り入れるアイデアです。

吸湿性と速乾性に優れたリネンパンツは、まさに雨の日の服装にぴったり。センタープレスデザインによってきちんとした印象があるため、大人っぽく仕上げたいオフィスコーデにもしっくりと馴染んでいますね。

「爽やか色のアイテム」で気分を上げる

朝起きて雨が降っていると、準備をするときから憂鬱な気持ちになってしまいますよね。そんなときは明るいカラーアイテムを使った服装で、気分を上げるのがおすすめです!

爽やかさを演出できるブルーカラーのワンピースを取り入れると、季節感たっぷりの夏らしい通勤コーデに。ウエストをベルトマークすれば、ボリューム感のあるワンピースもすっきりと着こなせますよ。