年齢を重ねると、似合わないアイテムがチラホラ出てくるもの。夏に欠かせない「Tシャツ」もその一つ。楽チンでカジュアルな反面、大人の女性が着るとラフな生活感が出てしまいがちです。大人世代がTシャツをセンスよく着こなすにはどうすればいいのでしょうか?

今回はオシャレな40代&50代のTシャツコーデをピックアップ。彼女たちの着こなしを参考にしてみましょう!

40代50代には「肉厚で質感のいいTシャツ」がおすすめ

透けて見えるような生地のTシャツはチープ感があり、カジュアルなTシャツがかえって老け見えする原因に。そこで40代や50代におすすめなのが「肉厚で質感のいいTシャツ」。パンツのウエストが隠れるくらいの短め丈なら、トップスインしなくてもバランスよく決まります。

デニムパンツと合わせる場合は、ぴったりめではなく、脚のラインが出ないジーンズに合わせるのがイチ押し。組み合わせがシンプルなので、きれいめなシューズを合わせると大人っぽいきれいめ感が加わります。

ロングスカートにTシャツをインしてきれいめに

40代50代の方にお似合いなのが、Tシャツ×ロングスカートとの組み合わせ。ゆるすぎないフィット感のTシャツをスカートにしっかりトップスインして着こなすことで、きれいめなスタイリングに。

存在感のある柄バッグやアクセサリーを足すと、カジュアルな中におしゃれなよそ行き感が加わります。

「ハリ感のあるワイドパンツ」を合わせて健康的に

ラフなTシャツにテロンとした生地のパンツを合わせると、くたびれた印象に見えてしまうことも。ピンッとしたハリのあるワイドパンツと組み合わせれば、シンプルなTシャツが健康的に着こなせます。

大人にも似合う「フレンチスリーブのTシャツ」にはパンツを合わせて

今シーズン人気の「フレンチスリーブのTシャツ」は意外と大人世代に似合うアイテム。肩先が隠れて二の腕がスッキリ見えるため、腕まわりを気にせず、爽やかな夏カジュアルが楽しめます。

一方でフレンチスリーブは見た目に可愛い雰囲気も。ボトムがスカートだと若作り感が出てしまうので、パンツを合わせて甘さを抑えるのが大人っぽく着こなすポイントです。