お洋服の色を選ぶとき、なりたいイメージを意識していますか? 実はセレクトする色によって、周りに与える印象ってガラリと変わるんです。特に鮮やかな色を取り入れやすい「スカート」は、カラーコーデを効果的に作れるキーアイテム!

そこでこの記事では「12色のカラースカート」からメイクできる印象を解説。その日の気分や目指すイメージに合わせて、色を選んでみてくださいね。

【1:ホワイトのスカート】清潔感のある、明るいイメージに

1色目は、清潔感たっぷりな「ホワイト」のスカートについて。汚れやすい色だからこそ、ホワイトを上手に着こなすと周りにクリーンなイメージを与えます。抜け感たっぷりなので、夏コーデが爽やかに決まるのもポイントです。

【2:ベージュのスカート】ナチュラルで優しいイメージに

「ベージュ」のスカートは柔らかくナチュラルな雰囲気を作ってくれます。今っぽいリラックスムードも演出可能。「なんだかあの人、優しくていい人そう。」そんなイメージを作れますよ。

【3:ブラウンのスカート】大人の落ち着いたイメージに

「ブラウン」のスカートはベージュの優しいイメージと似ていますが、より大人っぽく深みのあるムードを作りたいときにおすすめです。落ち着いた雰囲気で一緒にいると和める、そんな印象を与えられますよ。

【4:レッドのスカート】気分を上げて華やかなイメージに

「レッド」のスカートはパッと目を惹く色合いがとっても華やか。主役になれる色なので、ここぞという日に使いたいアイテムです。また、レッドには自分の気持ちを奮い立たせる効果もあります。

【5:ピンクのスカート】大人可愛いイメージに

「ピンク」のスカートは華憐で可愛らしい雰囲気をメイクしてくれる一品。大人っぽく着こなすならロング丈を選ぶのがポイント。コーデの血色感をアップして、親しみやすい雰囲気に見せてくれます。

【6:イエローのスカート】フレッシュで前向きなイメージに

「イエロー」のスカートをコーデに投入すると、フレッシュで前向きな気分になれるはず。また、周りの人を明るく元気にさせる効果があるので、アクティブシーンにも使いたい色です。

【7:グリーンのスカート】こなれたリラックス感のあるイメージに

「グリーン」のスカートはフォレストカラーならではのリラックス感が魅力的。暖色と寒色の中間に位置するカラーなので、季節を問わず使えて、コーデのテイストも選びません。大人のこなれ感を演出する効果もアリ。

【8:ミントのスカート】若々しく爽やかなイメージに

グリーンより淡い「ミント」のスカートは、新芽のごとく若々しく爽やかなイメージをメイクしてくれます。可愛らしさとクールさのバランスが取れているので、パステルカラーだけれど大人でも着こなしやすいのがGOOD。

【9:ライトブルーのスカート】涼しげでクールなイメージに

「ライトブルー」のスカートは寒色系の清涼感を存分に楽しめる、夏にぴったりなアイテムです。コーデに取り入れるだけで、涼しげでクールな印象に仕上がります。カジュアルはもちろん、意外とレディな装いにもハマる万能カラー。

【10:ブルーのスカート】知的で信頼できるイメージに

ライトブルーよりも深みのある「ブルー」のスカートは、知的なイメージを作ってくれます。信頼感を与えるので、休日だけでなくお仕事の日にも使いたいアイテムです。ノーブルな大人コーデにはうってつけ。

【11:パープルのスカート】気品あるエレガントなイメージに

「パープル」のスカートは気品あふれるエレガントな装いにぴったり。高級感があって大人っぽい、そんなイメージを与えるので、年上の彼とデートする日にぜひ着たいアイテムです。カジュアルコーデに品のよさを薫らせたいときにも使えます。

【12:ブラックのスカート】モードなイメージに

12色目は「ブラック」のスカートです。ブラックは重厚感があってモードなカラー。コーディネートをスタイリッシュに格上げしてくれます。どうしても重さが出てしまうので、夏はトップスを明るい色にするのがおすすめ。

ぜひ目指すイメージに合わせて、スカートの色選びをしてみてくださいね。