“可憐”という言葉がぴったりの「レース」。レースアイテム自体は素敵だけれど、過剰にフェミニンになる気がするからと、苦手意識を持っている人もいるのではないでしょうか。

たしかに、ただフェミニンに着ると甘い雰囲気に偏りがちだし、ちょっと今っぽくもありません。だからこそ今は、ヘルシーに着るのがおすすめ。

また、肌の透けるレースは涼しげな雰囲気。夏にうってつけのアイテムでもあります。この夏はレースに対する今までのイメージを取っ払い、新しい着こなしにトライしてみませんか?

「レースブラウス」はアイスブルーデニムパンツと合わせてカジュアルに

ともすればレディに傾いてしまう「ホワイトレースのブラウス」。アイスブルーのデニムパンツとならカジュアルに着られます。レースの涼やかな透け感とアイスブルーの爽やかさは好相性。特別感のあるレースブラウスも、夏らしさが漂うクリーンな印象に。

定番の「レースタイトスカート」は脱コンサバを狙う

定番だけどレディなコンサバに陥りやすい「レースタイトスカート」。あまりにもキレイめにまとめようとすると、仕事に行くようなコンサバ感が出てしまうので古さが感じられるかも。
そこで、あえてのTシャツとぺたんこシューズで力を抜いてみて。女っぽいレーススカートをヘルシーな今どき顔にアップデートできます。

「レースワイドパンツ」はゆるっとリラクシーに着る

「レースワイドパンツ」はフェミニンに着ない方がこなれて見えます。トップスまで甘々にするのではなく、あえてリラクシーに着て、ゆるっとさせるのがバランスよく仕上がる秘けつです。スナップのようなスタイルがマネできないという人は、気軽に手に取れるTシャツを使ってラフに着崩してみて。

「レースワンピース」はナチュラル小物で力を抜く

レースアイテムの中でもフェミニン度の高いワンピース。キレイめなバッグやヒールでまとめると甘さが際立ちますが、かごバッグやぺたんこシューズにすればヘルシーな着こなしに見せられます。レースワンピースを避けてきた人は小物をチェンジして、グッと印象を変えてみて。