黒タイツはいつまでOK?美脚に見えて寒くない「春タイツコーデ」とは

画像:栗木史乃

寒い時期の必須アイテムのタイツ。分厚いタイツは暖かいけれど、店頭には春物も出始めているこの時期になると、タイツはいつまで履いても大丈夫なのか気になりますよね。

今回は、スタイリストの筆者が美脚に見えるけど寒くない、春のタイツ攻略法をお教えします!

ファッションの記事をもっと見る!

■デニールとは

画像:栗木史乃

デニールとは糸の太さの単位で、数字が小さい程透け感がありストッキングに近く、30デニール以下はストッキングとしているメーカーもあります。

タイツを選ぶ際の厚さや透け感の目安となりますが、最近では引き締め効果のある着圧タイプなどもあり、同じメーカーでもシリーズによって透け感などが変わります。購入前に店頭にあるサンプルなどで確認してみましょう。

寒い時期に多いデニール数の高いタイツは、透け感がなく厚みもあるため太って見えてしまうことも。そんなときは着圧タイプを選んだり、リブタイプを選んだりすると脚を綺麗に見せることができます。

タイツを着用した際に、程よく透け感のある60〜40デニールが一番美脚に見えると言われており、膝下の出るスカートコーディネートのときなどにオススメです。

 

■分厚いタイツは2月まで!

画像:栗木史乃

分厚いタイツは暖かいですが、春物を取り入れ始める3月には重たく感じてしまいます。足元に透け感のないタイツを履いていては、折角の春コーディネートも台無しに……。

60デニール以上の黒タイツは2月いっぱいまで、3月に入ったら40デニール以下がオススメです。

今期トレンドのグレータイツは、ブラックよりも軽さが出てコーディネートに使いやすいですが、こちらのカラーも60デニール以上の物は3月上旬まで。

中旬からは40デニール以下の物に、4月になったらタイツはやめましょう。

 

■寒くて困る場合は?

画像:栗木史乃

60デニール以下でと言われても、気温が低い日もある3月にはまだまだ寒いときもあります。発熱加工のタイツでも寒いという方にオススメなのは、ストッキングとの重ね履き。

40デニールは程よい透け感で美脚に見えますが、薄いのでやっぱり寒いです。そんなときにも、ストッキングとの重ね履きをすることで寒さ対策ができます。

もうすぐ行われる卒業式などのセレモニーの際はタイツNGなので、ストッキングの重ね履きもオススメですよ。

重ね履きをする際は、着圧が強すぎる物を重ねると締め付けが強過ぎる場合もあります。その場合は、内側に履くストッキングのみ着圧のものにするといいですよ。

 

いかがですか?

オシャレは我慢も必要と言いますが、女性に冷えは大敵。身体は温めながら春のコーディネートを楽しんでみてくださいね!

ファッションの記事をもっと見る!

【画像】
※ 栗木史乃

※ 記事の内容は、2019年2月時点の情報です。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

CUCURUの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

愛知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索