食器から手作り!? 岐阜・山県市の「超DIYなバーベキュー」体験とは

食器から手作り!? 岐阜・山県市の「超DIYなバーベキュー」体験とは

2019年6月22日(土)に放送された、CBCテレビ『花咲かタイムズ』。

人気企画『週末ジャーニー 推しタビ』では、ハリセンボン箕輪はるかさんとゆりやんレトリィバァさんが、“岐阜・山県市”を巡りました!

山県市で2人は、食器から作るDIYすぎるバーベキューや、オモシロ収穫体験などを堪能したそうですよ。

 

■約200品種の山アジサイが見頃の「あじさい寺」

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

最初に2人が訪れたのは、あじさいの名所『三光寺』。

“あじさい寺”として親しまれており、境内には山あじさいを中心に、およそ200品種1万株が植えられています。それが、今まさに見頃を迎えていますよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

また、こちらの境内には、“願いが叶う木”というものがあります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

“ハガキの木”とも呼ばれており、葉の裏を傷付けると、黒く変色して文字が書ける不思議な葉っぱなんだとか。願いを書いた葉っぱが落ちた時に、願いが叶うと言われているようです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ということで、ゆりやんさんも願いを書いてみました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

6月30日(日)まで“あじさい祭り”(護摩木奉納300円、抹茶セット500円)が開かれます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ぜひ訪れてみてくださいね。

 

■食器も手作り!超DIYなバーベキュー

続いては、去年から始まった新感覚バーベキュー!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、自然豊かな場所にある『インディアンビレッジ トゥースピリッツ』。インディアンに憧れたご主人が、半自給自足を目指して作った村です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、5年前にオープンした、インディアングッズのお店。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ご主人手作りのアクセサリーなどが並ぶほか、レザーアイテムなどを作る『レザークラフト体験』(税別3,800円〜、要予約)や、『真鍮(しんちゅう)バングル制作コース』(税別3,000円〜、要予約)などワークショップが充実していますよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

外のBBQスペースでは、DIYバーベキューができるということで、2人もちょっと変わったバーベキューを体験することに。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

まず、バーベキューの前に、竹やぶに入って竹を切り、加工するところからスタート!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

竹を手に入れたら、なんと、食器・コップ・箸を自分で作るんです! まさに、超DIYなバーベキューです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

カットした竹は、形にして仕上げにサンドペーパーをかけたら完成です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ご飯は、竹で炊く炊き込みご飯! 出来上がりが楽しみです。

ご飯が炊けるまでの間、こちらで飼われている七面鳥やニワトリなどと、触れ合うことに。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

50羽以上が飼われており、はるかさんは、世界最大のニワトリ“ブラマ”を抱っこさせてもらいました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

一方、大の鳥嫌いのゆりやんさんは、小柄の“チャボ”を怖がる様子。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

生まれたばかりのチャボの赤ちゃんと触れ合っているうちに、炊き込みご飯が完成!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

竹の香りが食欲をそそります。自分で作った竹の食器でいただくと格別! もちもちのご飯に、竹とタケノコの風味がたまりません。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

DIYな『戦国BBQ』は、1人3,200円(税別)。※要予約

オプションの『追加食材』(税別1,500円〜)で、お肉のバーベキューにすることも可能です。

ぜひみなさんも、家族でDIYなバーベキューを楽しんでみてくださいね。

 

■ハヤシライスで街おこし!

続いては、山県市でぜひ食べておきたい絶品グルメ!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人が訪れたのは、地元で愛される洋食店の『ビストロ サングリエ 久助』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

山県市出身の早矢仕有的(はやしゆうてき)がハヤシライスの生みの親ということもあり(※諸説あり)、そのハヤシライスで街を盛り上げるため、8年前に商工会のメンバーを中心に“山県ハヤシライス研究所”を結成しました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

試食を繰り返してできた自慢のハヤシライスは、今やグルメイベントで大人気! さらに、レトルト化にも成功しました。

そんな絶品ハヤシライスを、こちらのお店でいただくことができます。

一番人気のメニューが……

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ふわふわ卵の『オムハヤシ』(税別950円)! その美味しさに、リピーターも多いのだとか。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ソースには飛騨牛が使われており、飛騨牛が無くなってしまうくらい煮込んで、さらに飛騨牛を追加しているため、コクがすごい!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

いただいた2人も大絶賛!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

さらに、研究所が考案した『ハヤシパスタ』(税別800円)もおすすめ。

ゆでたパスタに、自慢のハヤシソースを合わせて炒め、熱々の鉄板に。さらに上から、もう一度ハヤシソースをたっぷりかけた、超濃厚パスタです。

細めのパスタにソースが絡まり、濃厚な味わいでとっても美味しいですよ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

他にも、自家製のピザ生地の上に、たっぷりのハヤシソースを乗せ、チーズを加えてオーブンでこんがり焼いた『山県ハヤシピザ』(税別900円)もあります。

トマトソースの代わりにのったハヤシソースと、チーズとの相性は抜群! 玉ねぎのシャキシャキした食感もたまりません。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ゆりやんさんも大絶賛!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

みなさんも、絶品ハヤシライスを味わってみてくださいね。

 

■世界でここでしか栽培されていない柿を使った『柿渋染め体験』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いて訪れたのは、“柿渋染め体験”の染め物体験ができる『柿ZANMAI』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

使われているのは、世界でもこちらの地域でしか栽培されていない、“伊自良大実柿(いじらおおみがき)”。

この特産品をもっと知ってもらおうと、柿渋染め体験を始めたんだそう。

そもそも柿渋とは、青い状態の柿を発酵熟成させて作ったもの。日本古来の天然染料です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらでは、染めたいものを持ち込むことも可能で、『持ち込み渋柿染め体験』は、1,500円+1gあたり8円〜。 ※土日のみ開催(要予約)

今回は、ゆりやんさんがTシャツを、はるかさんは羽織ものを染めてみることに。さっそく体験スタート!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

まずは、柄を出すために、輪ゴムなどで絞っていきます。細かく絞ったはるかさんに対し、ゆりやんさんは、大雑把に丸めました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

絞りが終わったら、次はいよいよ染める作業。柿渋が染み渡るよう、衣類をしっかり揉み込みます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いては、色を定着させるために媒染剤に浸します。媒染剤の素材によって、完成した時の風合いが変わるのだとか。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ゆりやんさんは消石灰、はるかさんは鉄をチョイス。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

最後に水で洗い流して、乾燥させれば完成! みなさんもぜひ、柿渋染めを体験してみてくださいね。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人の染め物は、味のある素敵な作品に仕上がりましたよ。

 

■5月オープン!オモシロ収穫体験

最後は、先月末にオープンしたばかりの農業体験施設!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2人が訪れたのは、山あいに位置する『丹羽農園 ささやきファーム』。ちょっと変わった農業体験ができます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

特徴は、ファミリーが楽しめるよう、工夫をこらしたメニュー。 ※日によって異なります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

たとえば、『TMT48と握手会』は、トマトの収穫体験のこと。ハウスには18種類のトマトが植えられており、1房300〜450円で好きなトマトを収穫することができます。

2人もトマトを収穫してみることに。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

はるかさんが選んだのは、スイートミニイエロー。糖度が高く、はるかさんもびっくり! ※数に限りがあります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ゆりやんさんは、イエローアイコをチョイス。比較的最近できた品種で人気があるんだとか。こちらも甘みが強くフルーティーな味わいですよ。 ※数に限りがあります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

他にも、しいたけの収穫体験もできます。その名も、“しいたけさん救出作戦”! 200gあたり300円で収穫できますよ。 ※数に限りがあります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

じゃがいもの収穫体験ができる『スイカ畑でいーもん出てこい』(1株、150円)もおすすめです。

 

いかがですか? あじさいが見頃のこの季節にピッタリな“岐阜・山県市”。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね!

<店舗情報>
三光寺
住所:岐阜県山県市富永671-1
電話:0581-52-1054

インディアンビレッジ トゥースピリッツ
住所:岐阜県山県市大桑3341
電話:0581-32-9621

ビストロサングリエ 久助(きゅうすけ)
住所:岐阜県山県市高富2418-1
電話:0581-32-9508

柿ZANMAI
住所:岐阜県山県市平井51-5
電話:090-4663-5467

丹羽農園 ささやきファーム
住所:岐阜県山県市高富430-1
電話:080-4547-9838

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

※ 記事の情報は公開日時点のものです。


関連記事

おすすめ情報

CUCURUの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

愛知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索