つるっとした喉越しが最高!名古屋で見つけた「おいしい蕎麦のお店」9選

つるっとした喉越しが最高!名古屋で見つけた「おいしい蕎麦のお店」9選

あの弾力のある噛み心地につるっとした喉越し。そして、鼻から抜けるつゆの香り。

和がたくさん詰まった蕎麦の魅力に虜になっている方も多いと思います。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、名古屋にある“蕎麦のおいしいお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:西区『鈴音』

画像:川口めぐみ

最初にご紹介するのは、『鈴音』。国際センター駅から徒歩3分ほどの四間道にある蕎麦屋さんです。

ぱっと見お店かどうかわからない、隠れ家感たっぷりのお店です。

画像:川口めぐみ

人気メニューは、産地にこだわった十割蕎麦、八割蕎麦の2種類の蕎麦を同時に味わえるランチ。

2種類の蕎麦に加えて日替わりのごはん、丁寧に作られた小鉢、汁物が付いて1,200円(税込)というから、ボリュームと雰囲気の割になかなかお値打ちです。

ぜひ2種類の蕎麦を同時に味わいながら、産地による違いや、お味や香り、食感、色なども違いを楽しんでみてくださいね。

<店舗詳細>
鈴音
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
アクセス:地下鉄桜通線国際センター駅2番出口から北へ徒歩3分
電話番号:052-565-0770
営業時間:11:30〜13:30、17:00〜22:00
定休日:月曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■2:昭和区『そばと季節の御膳 武蔵坊』

画像:サリー

続いてご紹介するのは、昭和区にある蕎麦屋さん『そばと季節の御膳 武蔵坊』。

1,000円ちょっとで本格的な蕎麦と揚げたての天ぷらが同時に味わえるお店です。

画像:サリー

おすすめは季節限定のメニューです。筆者が伺ったときは、『たらとほたての天せいろそば』(税抜1,080円)をいただきました。

“二八蕎麦”または“田舎蕎麦”を注文時に選ぶことができ、筆者は田舎蕎麦にしました。

蕎麦は風味豊かで、噛み締めると弾力を感じます。天ぷらはたくさんのネタが並んでいて、どれも絶妙な揚げ加減で絶品!

ぜひコスパ抜群のメニューを堪能してみてくださいね。

<店舗情報>
そばと季節の御膳 武蔵坊
住所:愛知県名古屋市昭和区八事富士見201
電話番号:052-835-5819
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜21:00
定休日:なし

 

■3:中区『蕎麦Cafe イベリスside』

画像:大橋千珠

名古屋・新栄にある『蕎麦Cafe イベリスside』では、なんと“蕎麦のリノベーション料理”が食べられます。

ランチでは『海老カレー海老フライ韃靼蕎麦ヌードル』(850円)や『焼肉とトマト菜の花蕎麦』(800円)など、あまり耳にしない洋風メニューの数々が堪能できます。これらすべて創作蕎麦なんですよ。

また『蕎麦パルフェ』(700円)、『北海道上川産 蕎麦粉のタルト』(400円)、『蕎麦粉のシュークリーム』(200円)など、蕎麦を使ったスイーツも充実しています。

画像:大橋千珠

かわいくておしゃれなカフェのような店内で、女性一人で入っても落ち着けそうですよ。

奥には個室が2部屋あるので、子ども連れでも安心して利用することができます。個室はとっても人気なので、予約するのがおすすめです。

<店舗情報>
蕎麦Cafe イベリスside
住所:愛知県名古屋市中区新栄1-4-28
電話:052-228-6644
営業時間:月火木金祝・祝前日15:00〜23:00(料理L.O. 22:00/ドリンクL.O. 22:30)、水土11:30〜23:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)
定休日:日曜日

 

■4:西区『路麺えんそば 円頓寺商店街店』

画像:大橋千珠

カジュアルに蕎麦が食べられるお店『路麺えんそば 円頓寺商店街店』は、リーズナブルなうえに提供時間が早いのが特徴。

平日はビジネスマンやOLさんに、さらに土日には県外からの観光客に大人気のお店なんだとか。

画像:大橋千珠

筆者が注文したのは、『温玉月見そば』(450円)と、『かき揚げ』(150円)。どちらもこのお店の人気メニューです。

他にも豊富な種類の蕎麦と天ぷらが用意されているので、お好みの組み合わせで楽しむことができますよ。

蕎麦は香りが口の中にしっかりと広がり、喉越しはつるんとしているのですっきりと食べられます。

そばつゆの優しい味わいで、どんどん食べ進めることができますよ

かき揚げもゴボウやイモなどの具材ががたっぷり入っており、食べ応え十分。サクッとした食感と、ジューシ―な衣がたまりません。

ぜひいろんな組み合わせを試してお気に入りを見つけてみてくださいね。

<店舗情報>
路麺えんそば 円頓寺商店街店
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-21-21 那古野ハモニカ荘 1F
電話:052-898-8875
営業時間:平日11:30〜13:30、18:00〜22:00 土祝11:00〜22:00 日曜11:00〜20:30
定休日:火曜日(月1回月曜日もあり)

 

■5:昭和区『八事山興正寺』でいただく『紗羅餐(さらざん)』の蕎麦

画像:夏目佳代

名古屋市南区に本店を置く『紗羅餐(さらざん)』の蕎麦が、月に3度だけ『八事山興正寺』で食べられるのをご存知ですか?

毎月5日、13日の縁日、21日のマルシェの日のみ、興正寺内の八琴庵に『紗羅餐』の職人が出張して腕を振るっています。

画像:夏目佳代

契約農場で収穫し、自家製粉した石臼粗挽き粉を使った“二八蕎麦”は、“ざる”と“かけ”で味わうことができ、どちらも“蕎麦いなり”が付いて700円です。

また、月替わりの『季節の蕎麦』も食べたいところ。筆者が取材した 2月は九州から 取り寄せた刻みあげと、削りかまぼこ、菜の花の入った『刻みあげ蕎麦』。

お出汁をたっぷりと含んだ揚げがお腹を満たし、おいしさが口に広がって春を感じさせてくれるお蕎麦です。

ぜひ縁日やマルシェを楽しみながら、名店の味を堪能してみてくださいね。

<施設情報>
八事山興正寺
住所:名古屋市昭和区八事本町78
電話:052-832-2801

 

■6:中区『春風荘』

画像:大橋千珠

『春風荘』は、名古屋市中区にある、他の蕎麦屋さんとは違った“おかめ蕎麦”が話題のお店。

お店の中はテーブル席、奥に座敷もあります。一人でも気軽に入れる雰囲気ですよ。

画像:大橋千珠

こちらが『おかめ』(税別1,500円)です。温かいつゆの中にそば、天ぷら、かまぼこ、卵焼き、煮アナゴ、かいわれ、もちと盛りだくさんの具材がトッピングされています。

天ぷらは小海老3尾、イカ、しいたけ、ナス、レンコンとたっぷり入っています。エビはぷりぷり! しいたけは肉厚でジューシー。レンコンはシャキシャキと食感もよいです。

こちらは冬季限定のメニューとなっていますが、他にも天せいろや鴨南蛮など豊富に提供しているのでそちらも食べてみてくださいね。

<店舗情報>
春風荘
住所:愛知県名古屋市中区千代田3‐31-20 千代田セントラルビル 1F
電話番号:052-331-5075
営業時間:11:00〜20:00(L.O.20:00)
定休日:木曜日

 

■7:名東区『蕎野(そうや)』

画像:サリー

名古屋・名東区にある『蕎野』は、良心的な価格でおいしいハイクオリティな蕎麦が味わえるお店です。

鴨料理に特化しており、豊富に種類を取り揃えているお酒も魅力ですよ。

画像:サリー

お昼時に訪れたのなら、ランチメニューの『丼ぶりセット』がお値打ちでおすすめ。こちらは『蕎麦とつくね丼』(税込1,080円)です。

選ぶ丼によって価格が違うのですが、それぞれ蕎麦が選べるようになっていて、もり蕎麦、冷やかけ蕎麦、かけ蕎麦の3種類があります。

風味はもちろん舌触りや喉越しも最高! 最初は各テーブルにある岩塩をかけて、蕎麦本来の風味を楽しむのがおすすめ。

繊細な蕎麦の風味と味わいながらお酒をたしなんでみてくださいね。

<店舗情報>
蕎野(そうや)
住所:愛知県名古屋市名東区藤里町30-2
電話番号:052-799-4138
営業時間:11:00〜14:30(L.O.14:00)、17:30〜22:00(L.O.21:30)
定休日:火曜日

 

■8:熱田区『手打ちそば 天ぷら 那央人』

画像:サリー

名古屋市熱田区にある蕎麦屋さん『手打ちそば 天ぷら 那央人』は、蕎麦はもちろん天ぷらにもこだわった名店なんです。

蕎麦だけでも“二八蕎麦・十割蕎麦・田舎蕎麦・平打ち田舎蕎麦”などがあり、他のお店でもなかなか見られない種類の多さです。

画像:サリー

数あるメニューの中でも、おすすめのメニューが『えびす天ざる』(税込1,500円)!

2種類の海老とホタテ貝柱を使用したかき揚げはサクサクで、塩を付けて食べると素材の旨味が際立って最高においしいです。

蕎麦は喉越しと歯ごたえが最高で、蕎麦本来の風味が味わえる二八蕎麦です。このお店の蕎麦つゆは、少し辛口ながらも良質の鰹ダシが効いていて美味。

ぜひ熱田神宮を参拝の際に足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
手打ちそば 天ぷら 那央人
住所:愛知県名古屋市熱田区神宮2-2-8
電話番号:052-681-7558
営業時間:お昼の営業11:00〜15:00 L.O.14:00(月・火・水・金)、11:00〜16:00 L.O.15:00(土・日・祝)
、夜の営業17:30〜21:00 L.O.20:30(月・火・水・金・土・日・祝)
定休日:木曜日、第3金曜日

 

■9:西区『手打そば処 谷屋』

画像:大橋千珠

最後にご紹介するのは、名古屋市西区にある『手打そば処 谷屋』。

若い方から年配の方まで幅広い年齢層に愛されていて、いつも行列ができているお蕎麦屋さんです。

画像:大橋千珠

その人気の秘訣はなんといっても蕎麦へのこだわり。“挽きたて・打ちたて・茹でたて”の蕎麦を楽しむことができるんです。

お昼限定のメニューはご飯とセットになっており、お値段はどれも980円〜1,270円ほど。筆者が取材したときは、とろろご飯とそば(980円)にしました。

つるっとのどごしが良く、キュッとしまって歯ごたえがあります。ほんのり甘みのあるお出汁が絡んでまさに美味でしたよ。

もう一つの看板メニューである鴨と一緒に、こだわりの蕎麦を楽しんでみてくださいね。

<店舗情報>
手打そば処 谷屋
住所:愛知県名古屋市西区幅下1-1-11
電話:052-561-3663
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜21:00
定休日:水曜日 毎月第2火曜日

 

いかがでしたか。

どのお店も蕎麦だけでなく、トッピングも一緒に楽しめるのが魅力ですよね

気になるお店があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【画像】
※ 川口めぐみ、サリー、大橋千珠、夏目佳代、CUCURU編集部

※ この記事は、2018年2月〜2019年5月に取材した情報です。


関連記事

おすすめ情報

CUCURUの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

愛知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索