野菜は皮のそばに栄養が多いって聞いたことはありませんか? ですが、じゃがいもはピーラーや包丁で皮を剥く際、薄く剥くのはなかなか難しいもの。

そこで今回は、そんなときにおすすめのじゃがいもの皮の剥き方と、簡単レシピを2つ、野菜ソムリエの大橋千珠さんがご紹介します。

■レンジで時短!じゃがいもの皮の剥き方

画像:大橋千珠

じゃがいもは加熱してから皮を剥くと薄く剥けます。

さらに電子レンジを使うことによって茹でるより、短い時間で柔らかくできます。

その際、はじめに皮に切れ込みを入れておくと剥きやすいですよ。写真のように、じゃがいもの外周をぐるっと包丁で切り込みを入れます。

画像:大橋千珠

次に、ぴっちりとラップをします。600Wの電子レンジで6分加熱をし、すっと竹串が刺さればOK。

画像:大橋千珠

熱いうちにラップを取ります。

画像:大橋千珠

すぐ、キッチンペーパーで皮を剥いてくださいね(冷めると皮が剥きづらいです)。とても熱いので火傷をしないように注意してください。

 

■1:子どもも好きな味!『のり塩味のマッシュポテト』

画像:大橋千珠

<材料>

じゃがいも・・・2個(約180g)

バター・・・10g

青のり・・・小さじ1

<作り方>

(1)電子レンジで加熱したじゃがいもをマッシュにします。

(2)ジャガイモ2個分に対してバター10g、青のり小さじ1を混ぜ、塩を少々入れて混ぜれば完成です。

画像:大橋千珠

混ぜながら味見して塩の量は調整してくださいね。

子どもも好きなのり塩味のマッシュポテト。磯の香りがして食欲をそそりますよ。

 

■2:材料2つでお団子に!『みたらし風いももち』

<材料>

じゃがいも・・・2個(約180g)

片栗粉・・・大さじ1

油・・・大さじ1

醤油・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ2

<作り方>

(1)じゃがいもは、レンジで600Wで加熱し、皮を剥いて、マッシュします。

(2)片栗粉を加えてよく混ぜます。

画像:大橋千珠

(3)10等分にして丸め、形を整えたら、油をひいたフライパンで両面をこんがり焼きます。

画像:大橋千珠

(4)両面こんがり焼けたら砂糖と醤油を加えて全体に味が馴染んだら完成です。

画像:大橋千珠

もっちりした食感のいももちですが、冷めるともっちり感がなくなるので、温かいうちに食べてくださいね。

子どものおやつにもぴったりです。

 

いかがですか?

じゃがいもは、電子レンジで加熱し、熱いうちに皮を剥けば薄く剥けます。

そして今回は、マッシュしたじゃがいもを使ったレシピも2つご紹介しました。ぜひ作ってみてくださいね!

【画像】
※大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。