おうちで作って食べるスイーツはおいしいですよね。

でも、いつも同じようなデザートになってしまう……という方も多いのでは?

そこで今回は、CUCURUでご紹介した記事の中から、SNS映えも叶える“おしゃれなスイーツのレシピ”をご紹介します!

■1:ポッピングボバ・パフェ

画像:野村純子

韓国で人気のドリンク“ポッピングボバ”。最近は輸入菓子を扱う雑貨店や、業務スーパーなどでも見かけるようになりました。

海藻成分とジュースを主体に作られており、イクラのようにぷちっと弾けて、中からジュースがこぼれます。

ヨーグルト、フルーツ、生クリームを少々、最後にポッピングボバをトッピングすればパフェに大変身! いつものフルーツヨーグルトがおしゃれになって、子どもも大よろこび。

画像:野村純子

カットフルーツはなるべくグラスの断面に見えるように配置します。ジュースの甘みがあるので、無糖ヨーグルトでヘルシーに仕上げました。

ポッピングボバは、『コーティングジュース』という名称でも販売されているようです。ドリンクに入れるならカルピスや炭酸水などの“何にでも相性がいい素材”と合わせるのがいいでしょう。

ほかにもかき氷などと一緒に食べるのもおすすめです。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

■2:三色ミルクゼリー

画像:藤波久仁子

春っぽくてかわいらしい見た目の『三色ミルクゼリー』。“クックゼラチン”を使えば、とっても簡単に作れちゃうんです!

材料は牛乳(300cc)、グラニュー糖(30g)、クックゼラチン(1袋)だけ。色付けには食紅やアイシングカラー、かき氷シロップなどを使います。

容器はなんでもOK! 100円均一ショップなどにいろいろな容器が売っているので、お好きなものを用意してくださいね。

画像:藤波久仁子

まずは鍋に牛乳を入れて火にかけ、グラニュー糖を入れて溶かし、火を止め、クックゼラチンを入れて溶かします。その後三等分し、色付け。

あとはミルクの粗熱を取り、容器に流し入れ冷蔵庫で冷やし固めます。これを色ごとに3回繰り返すだけ!

桜の塩漬けや生クリームやフルーツなどで飾り付けるのもおすすめ! いろいろな飾りで楽しんでくださいね。

 

■3:チアシードプリン

画像:野村純子

美意識高め女子の間で一躍有名になったスーパーフード“チアシード”。数年前はオーガニック食品店など、限られたお店でしか入手できませんでしたが、今や100均やスーパーでも安価で販売されています。

栄養素がたっぷりなだけでなく、水を含んでおなかを満たしてくれるので、ダイエットにもおすすめなのだとか。

そんなチアシード大さじ1、お好みのドリンク約60CC、フルーツを用意して放置するだけでできる“チアシードプリン”をご紹介!

画像:野村純子

手順はとっても簡単。ドリンクにチアシードを入れ、冷蔵庫で放置するだけ! 30分ほどでもふやけてきますが、よりプリンっぽくするには一晩くらい放置してもいいでしょう。

チアシードを入れて放置することで、チアシードが水分を吸収し、まるでプリンのような一品に仕上がるのです。コクのあるココナッツミルクや豆乳などを使うともっとプリンらしく。

タネっぽい見た目が苦手な方は、キウイやいちじく、いちごのようなタネのあるフルーツと混ぜれば違和感が薄れますよ!

 

■4:植木鉢スイーツ

画像:大橋千珠

おしゃれなカフェで流行っている“植木鉢スイーツ”。その名の通り、まるで植木そっくりのスイーツのことです。一見スイーツには見えない見た目がSNS映えすると大人気!

実は100均グッズなどの市販品を使えば、お子さんでも簡単に作れちゃうんですよ。植木鉢はきれいに洗ってから使ってくださいね。

底にある穴をふさぐために、お弁当のおかずを入れるカップを植木鉢に入れてから作るのがポイントです。

画像:大橋千珠

材料はチョコレートアイスクリーム、コーヒーゼリー、マスカルポーネチーズ、お好みのクッキー、生クリーム。

チョコレートアイス、コーヒーゼリー、マスカルポーネ、クッキーの順番に植木鉢に入れ、最後に生クリームをトッピングすれば完成です!

より“植木鉢”っぽく見えるよう、ココアパウダーと葉っぱ(ミントなど)をその上からトッピングするのがおすすめですよ。

 

いかがですか?

簡単にSNS映えするスイーツが作れちゃうレシピをご紹介しました!

お子さんでも楽々作れるものばかりなので、ぜひ一緒に作ってみてくださいね。

【画像】
※ 野村純子、藤波久仁子、大橋千珠、CUCURU編集部

※ この記事は、2018年8月〜2019年7月の情報です。