ボリュームたっぷりのサンドイッチをがっつり食べたいときはありませんか?

そんなときは名古屋・名東区の『beatnik cafe(ビートニックカフェ)』のテイクアウトをお願いしましょう!

ヘルシーな野菜もたっぷりで、自然にエネルギーがチャージされますよ。さっそくご紹介します。

■アメリカンスタイルの街角カフェ

画像:近藤淳子

地下鉄東山線 一社駅から車で6分ほどの、住宅街の中にあります。

グリーンのタイルと窓枠が印象的な入口で、店内はミッドセンチュリーのインテリアが演出する落ち着いた雰囲気に包まれています。

■ヘルシーな具材がたっぷり

画像:beatnik cafe

上の段二箱のサンドイッチは『B.L.T.Eサンド』(税別1,000円)です。ベーコン、レタス、トマト、エッグがしっかり詰まっていますね。すべてのサンドイッチにフライドポテトもついていますよ!

下の段左側が『シュリンプ&アボカド』(税別1,030円)。エビ、アボカド、チーズがぎっしりとサンドされています。

下の段右側が『フレッシュベジタブル』(税別1,000円)。なんと、レタス、トマト、きゅうり、にんじん、パプリカ、アボカド、アルファルファ、レッドキャベツがぎゅっと挟まっています!

画像:beatnik cafe

『グリルチキン&アボカド』(税別1,030円)。ハニーマスタードソースがかかっています。

オーナーのこだわりは野菜! サンドイッチに使われている野菜をはじめ、お店の料理での野菜は、オーナーが毎日仕入れに行っています。

「特別な野菜や高級な野菜ではなく、その日の新鮮な野菜を選んでお客様に提供するのが、いちばんからだに良い」と考えるオーナーは「自然のものをフレッシュな状態で食べることで心が満たされる」という想いで、全ての料理を提供しています。

画像:beatnik cafe

ヘルシーな野菜たっぷりのボリュームサンドイッチは、ほかにもテイクアウトできる種類がいろいろあります。

飲み物やスープもテイクアウトできますので、どのような種類があるのか直接お店に問い合わせて下さいね。

 

■オーダーするには

画像:近藤淳子

お店に電話をして、ご希望のオーダーと時間を伝えてください。当日でも大丈夫です。

ただしオーダーが集中して混雑する場合は、お渡しする時間を調整してお伝えすることもありますのでご了承くださいね。

現在は変わらずお店で食事をしていただけますが、営業時間は変更する場合がありますので直接お店にお問い合わせください。

 

画像:近藤淳子

質が高く身体に良い食事を目指しているというオーナーが作り出す、ヘルシーな具材たっぷりのボリュームサンドイッチ!

お腹が空いたランチタイムには『beatnik cafe(ビートニックカフェ)』のサンドイッチをテイクアウトして、豊かな時間を過ごしてはいかがですか?

 

<店舗情報>
beatnik cafe(ビートニックカフェ)
住所:愛知県名古屋市名東区八前2-1608
電話:052-726-6729
営業時間:ブレックファースト8:00〜11:30、ランチ11:30〜14:30、ティータイム14:00〜17:00
定休日:金曜日
駐車場:7台(店舗裏3台、第2パーキング4台)

【画像】
※beatnik cafe、近藤淳子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。最新の情報は店舗へお問い合わせください。 ※ 新型コロナウイルスによる臨時休業や、営業時間短縮の可能性があります。詳細は店舗へ確認ください。
※ 現在、東海3県では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、不要不急の外出の自粛を呼びかけています。期間中の不要不急の外出はお控えください。