「もう少し小顔だったら……」と、鏡を見て思い悩むことってありますよね。実はチークの入れ方次第で、顔のコンプレックスをカバーすることができるかもしれません。

そこで今回は、美容ライターの継田理恵さんが、顔の形タイプ別にチークの入れ方をレクチャーします。

■全タイプ共通!押さえておきたいチークの入れ方の基本3つ

画像:継田理恵

顔の形別のチークの入れ方をチェックする前に、チークの基本を押さえておきましょう。

(1)チークの考え方

チークは顔に血色感をもたらすだけでなく、顔の余白を埋めてバランスをとる役割もあります。顔の形に合わせてバランスよくチークを入れることで、顔のコンプレックスの悪目立ちを防ぐことが可能です。

(2)パウダーチークの場合

チークを入れるときは、付属の小さなブラシではなく、大きなチークブラシを使うとうまく粉をのせることができます。チークブラシにチークの粉を含ませ、手の甲などでなじませてからつけると、濃くついたりムラになってついたりするのを防ぐことができます。

1番濃くつけたい部分にブラシを置いてスタートし、左右に軽くポンポンするようにスライドさせてつけると、自然なグラデーションになりますよ!

(3)クリームチークの場合

クリームチークはスポンジか指でつけますが、こだわりがなければ指でつけるのがおすすめ。スポンジを洗う手間もなく、自分の指なのでコントロールしやすいです。

指でクリームチークをとり、1番濃くつけたい部分にのせたあと、別の指でのせたチークの周りをぼかすように広げます。筆者は中指でとってのせ、薬指でやさしくぼかすのがおすすめです。

 

■顔の形タイプ別!チークの入れ方

では、顔の形別にチークの入れ方を確認しましょう。丸顔寄りか、面長寄りかで判断してください。

ベース型でエラが気になる方は、ブラシや指に残ったチークをエラ部分になじませると目立たなくなります。

(1)丸顔

画像:継田理恵

丸顔さんは、チークで縦長感とシュッとした印象を作ると、顔がスッキリして見えます。

チークを入れる位置は、目の下のラインと鼻の下のラインを基準にし、目の下のライン寄りにチークを入れるのがポイント。やや斜めに引き上げるようにすると、シャープになり丸顔をカバーできます。

チークを頬骨の上あたりに丸くつけたり、幅広く横長につけたりしてしまうのはNG! かえって丸みを感じさせてしまうので気をつけましょう。

(2)面長

画像:継田理恵

面長さんは、チークの色をのせることで、頬の長さを目立たなくするのがポイントです。目の下のラインと鼻の下のラインを基準にし、ちょうど真ん中に幅広く横長にのせるのがコツ。

頬骨を中心に、引き上げるようにチークをのせるのは厳禁。目の下寄りに幅狭くチークを入れるのも、頬の面積が悪目立ちするのでNGですよ。

 

いかがでしょうか。

チークの入れ方だけで、顔の形のコンプレックスをカバーできます。ぜひメイクの仕方を見直してみてくださいね。

【画像】
※ Pangaea / PIXTA(ピクスタ)、継田理恵

※ 記事の情報は公開日時点のものです。